栄養

朝一番の食事が大事!セカンドミールダイエットとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


あるものを朝食に取り入れると
楽にダイエットできる、
セカンドミール効果とは?

セカンドミールダイエットとは?

セカンドミールダイエットとは、

セカンドミール効果のある食べ物を
その日の最初の食事に食べて痩せる、
というダイエット方法です。

セカンドミール効果とは?

セカンドミール効果とは、
カナダトロント大学のジェンキンス博士が定義し、
提唱したもので、

1回目の食事(ファーストミール=朝食)で
水溶性食物繊維が豊富で
低GI値の食品を食べることで、

2回目の食事(セカンドミール=昼食)の後まで
血糖値が上がりにくくなる、

ことを言います。

セカンドミールダイエット

今、効果がある、と言われている
ダイエット法では、

食べる順番ダイエット
糖質オフ(低糖質、ケトン体)ダイエットなど、

血糖値を急激に上昇させない

ことが、ダイエット効果が出る理由、
となっていますが、

セカンドミールダイエットでは、
1回の食事だけではなく、

次の食事まで
血糖値を上げにくくする、
ということがポイントです。

セカンドミール効果がある食べ物とは?

セカンドミール効果がある成分は
β-グルカン、アルギン酸、ペクチン
などの水溶性食物繊維です。

また、大豆に含まれる大豆オリゴ糖、
ネバネバ食品に含まれるムチンにも
セカンドミール効果があります。

β-グルカンを多く含む食べ物は、

穀物では、もち麦、大麦、玄米、
きのこ類、
納豆などの大豆製品、

など。

アルギン酸を多く含む食べ物は
こんぶやわかめなど海藻類。

ペクチンを多く含む食べ物は、
アボカド、大根、りんごなど。

こうした食べ物を朝食に取り入れると
1日の血糖値をコントロールしやすくなります。

ランチにパスタやパンなどの
炭水化物中心のものを
選びがちな人、

間食に甘いものを食べることが多い人も

その影響が出にくくなります。

もちろん、

昼食にも、水溶性食物繊維がたっぷりのものを
取り入れられればベストですね。

朝一番の食事が大事!セカンドミールダイエットとは? まとめ

食物繊維が多く、GI値の低い食べものは
ゆるやかに糖が吸収されるため、
腹持ちも良く満腹感が持続します。

そのため、おなかが空きにくくもなって
間食も減らす、という効果もあるので、

さらにダイエットの効果も高まります。

また、セカンドミール効果が高い食べ物は、
腸内環境美化や美肌効果も期待できるので、
ぜひ取り入れたいですよね。

<スポンサーリンク>

AD関連コンテンツ
スポンサーリンク


AD関連コンテンツ