美容コスメ

日焼け止めを塗る正しいタイミングとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


外出前に必ず日焼け止めを塗っていても
塗るタイミングによって
効果が薄くなってしまうことが…?

日焼け止めを塗るタイミングっていつなの?

SPF値の高い日焼け止めを塗っただけでは
それだけでは効果を十分に発揮できないことがあります。

日焼け止めを「効かせる」には
正しい塗り方をすることが大切です。

2015年4月15日に放送された、
「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?」で

日焼け止めを外出直前に塗るのはNG

という説明がありました。

日焼け止めが紫外線カットの効果を十分に発揮するのは、
塗って20~30分経過して
肌になじんでからです。

ですから、直射日光に当たる30分前には
日焼け止めを塗っておく必要があります。

ムラにならない塗り方

日焼け止めの塗り方によっても
ムラが出てしまうことがあります。

おすすめは指3本塗りです。

日焼け止めを手のひらにとって手のひらでつける人が
多いのではないかと思いますが、

この塗り方は日焼け止めの約半量が手に残っていて
火や目止めを塗りたい箇所にはついていません。

指2~3本になじませて塗ると、
日焼け止めの8割以上がは顔の肌についているそうです。

また、指3本を使った塗り方の方が、
塗りムラもできにくくなります。

まず、額、鼻、両ほほ、あご、の5点において、
指3本で大きく円を描くように伸ばします。

最後に手のひらでハンドプレスして
肌になじませます。

頬骨の上や鼻の頭のように高くなっている部分は、
日焼けしやすいので、重ねつけするのが
よいでしょう。

日焼け止めの適切な量は?

顔の場合、液体に近いサラサラしたタイプなら1円玉2枚分
クリームタイプはパール2粒分が適切な
日焼け止めの量です。

思ったよりも多かったのではないでしょうか?

日焼け止め タイミング

日焼け止めの塗り直しはどうする?

どんなにSPF値が高い日焼け止めで
汗、水につよい、というものでも

落ちることが防げないのは、
無意識に顔に触れていたりすることがあるので、

朝塗った日焼け止めの効果が夕方まで
100%続くことはありません。

時間が経つうちにはだんだん落ちてきます。

日焼け止めは2、3時間ごとに塗りなおすのがベスト。

朝出かける前につけたのであれば、
少なくとも、
お昼ごろには一度塗りなおしたいですね。

「日焼け止めを塗りなおすには一度ファンデーションを落とさないとダメ?」

日焼け止めの効果、という点では
別にファンデを落とさずに
その上に日焼け止めを塗っても

問題ありません。

日焼け止めが落ちている、ということは
その上に塗ったファンデーションも
落ちているはずですから。

ただ、メイク直しの効果として
見た目がどうか、

というのはまた話が別です。

できれば、一度メイク落としシートで
さっとふき取って、
スプレー式の化粧水で肌を整え、

日焼け止め、下地、ファンデーション、お粉
と重ねたほうが
メイクの仕上がりはきれいでしょう。

また、日焼け止め効果のある化粧直し用パウダーも
よいですね。

日焼け止めを塗る正しいタイミングとは? まとめ

日焼け止めは塗ってからなじむまでの
少し時間が必要です。

また、手のひらに伸ばしてしまうと
ムダになる分が多いので、
指3本がよい、というのも

ちょっとした盲点ですよね。

参考にしてください。

<スポンサーリンク>

AD関連コンテンツ
スポンサーリンク


AD関連コンテンツ