暮らし

食べ比べたよ!551蓬莱と蓬莱本館、豚まんの違いは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


551蓬莱と蓬莱本館の違い

大阪名物551蓬莱の豚まんは、東京ではデパートの催事などでしか買えないんですよね。

一方で、蓬莱本店の「蓬莱のぶたまん」は、
東京の有楽町交通会館「大阪百貨店」や、成城石井で売っています。

まなみ
まなみ
同じ「蓬莱」だけど、551蓬莱と蓬莱本店は何が違うの?


もともとは同じ店だった551蓬莱と蓬莱本店

551蓬莱と蓬莱本店の前身は、1945年に3人の台湾人が設立した中華料理店「蓬莱食堂」。
中華ではありますが、人気メニューはカレーライスだったとか。

1964年、蓬莱食堂は、株式会社蓬莱、株式会社蓬莱本館、株式会社蓬莱別館の3社に分社しました。

3社のうち、豚まんをつくっているのは株式会社蓬莱と、株式会社蓬莱本館の2社で、

株式会社蓬莱の「551蓬莱(ゴーゴーイチホウライ)」は、大阪土産の代表的なブランドとして定着しました。

大阪で、「蓬莱」とだけいったら、551蓬莱のことを指します。
551蓬莱の飲食店やイートインはすべて直営店です。
551とは、「ここが一番」という意味なのだとか。
枝分かれした他社には負けない、という意地を感じさせます。

一方「蓬莱本館」は高級スーパーやCO-OPで販売している蓬莱ブランド製品の卸をメインで行っています。伊丹空港の売店「BLUE SKY」でも扱いがあります。

間違えないようにしてくださいね!

【551ではない、蓬莱本館の豚まん 有楽町交通会館で購入】

蓬莱本館

【551ではない、蓬莱本館の豚まん 成城石井で販売されていたもの】

スポンサーリンク

551蓬莱と蓬莱本館の豚まんの作り方の違い

551蓬莱の豚まんのこだわりは、
工場で作った蒸す前の状態の豚まんを、
150分以内に届けられる範囲にしか売店を持たないことだそうです。

150分を過ぎると、生地の発酵が進みすぎて独特も
モチモチでふっくらとしたおいしさが保てないから

というのがその理由です。

しかも、工場から店の距離によって、生地の種類を

オサエ、スグ、フツウの3種類に分け、

近くの店には発酵時間が短いスグ、遠くの店には発酵に時間がかかるオサエを出荷しているそうです。
(発酵時間は生地をこねる水の温度でコントロール)

また具材は、食べごたえを重視して、
豚肉はサイコロ状にカットしたウデ、モモ、バラの3種類をブレンドし、
タマネギも淡路島産を中心に大きめにカットしているそうです。

こうして1日15万個製造してされる551の豚まんはすべて手作り。
かなりのこだわりですね。

551蓬莱の公式サイトに、

「実演販売している一部だけ手作りで、あとは工場生産」
「あそこは大量生産だから」というようなことを言われますが、すべて手作りです

といった意味のことがかかれており、口調は丁寧ですが、激おこマークが見えました。。。

一方、蓬莱本館の豚まんも、手作りで作られているそうです。

551蓬莱と蓬莱本館の豚まんの原材料の違い

551蓬莱の豚まん原材料

小麦粉、豚肉、玉ねぎ、砂糖、でん粉、しょうゆ、食塩、イースト、香辛料、調味料(アミノ酸)、膨張剤(原材料の一部に大豆を含む)

蓬莱本館の豚まん原材料

蓬莱本館

皮(小麦粉、砂糖、ラード、イースト、植物油脂、食塩)、具(たまねぎ、豚肉、豚脂、しょうゆ(大豆、小麦含む)、砂糖、しいたけ、食塩、ごま油、こしょう)、増粘剤(加工でん粉・増粘多糖類)、ベーキングパウダー、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシン、乳化剤

どちらかというと、515蓬莱の方が材料がシンプルですね。
中華まんじゅうの皮にはラードが入っているものが多いのですが、入っていないようです。
また蓬莱本館は具に椎茸が入っています。

食べたらどう違うの?実食感想

見た目の違い

551蓬莱

551蓬莱豚まん

蓬莱本館

見た目からして、551蓬莱と蓬莱本館は、ぜんぜん違いました。

味の一番の違いは、豚まんの皮の生地で、

551蓬莱はもっちりしたかんじで、蓬莱本館は食パンみたいにふわふわしていることでした。

イーストの配合などがちがうのかな、と思いました。

「我が家では」ということですが、551蓬莱の方が好き、ということになりました。

551蓬莱、蓬莱本館の豚まんは、通販で買えるの?

551蓬莱は公式オンラインショップのみで、
蓬莱本館は公式オンラインショップと楽天市場で通販購入が可能です。

551蓬莱公式オンラインショップ

蓬莱本館公式オンラインショップ

 

スポンサーリンク

551蓬莱と蓬莱本館、豚まんの違いは? まとめ

551蓬莱と蓬莱本館はもともとは同じ会社でしたが、今は別会社です。

スーパーや楽天市場で売っている蓬莱の豚まんが、
551蓬莱ではない、ということは関西の人でも知らないことがあるそうです。

実演販売をしている551の方が、手作り感がありますが、実際にはどちらも手作りですし、
味ははっきりと違いますが、好みかなあ、と思います。

ただ、特に関東では、蓬莱と言えば551、と思っている人が多いので、お土産にリクエストがされたら、間違いなく「551蓬莱」を買って渡したいですよね。

私は蓬莱本館のお店に行ったことが無いので、お店の雰囲気が分からないのですが、551蓬莱は、販売店どこも行列ですごく忙しいのに、お店の人は笑顔でテキパキしていて、

きっとみんな551蓬莱の豚まんが好きななんだろうなあ、ととても好印象です。

京都でも買える!551蓬莱の豚まん(JR京都駅店)大阪土産の定番、551蓬莱の豚まんはですが、京都市内でも買えます。 京都市内には4店舗あるのですが、そのうち京都駅にある2店舗...
大阪土産はやっぱりこれ!伊丹空港(大阪国際空港)551蓬莱で豚まん・焼き餃子・お弁当を購入伊丹空港(大阪高裁空港)の551蓬莱には、チルドの豚まん、温かい焼き餃子・しゅうまいなどの他、その場で作って詰めてくれるお弁当があります...
<スポンサーリンク>

AD関連コンテンツ
スポンサーリンク


AD関連コンテンツ