動物園

ズーラシアで持ち込みお弁当を食べる場所は?エアコンの効いた休憩所はある?

よこはま動物園ズーラシアは、1日では回りきれないくらい敷地が広大なので、
午前午後通しての滞在がおすすめ。
長時間滞在すると、園内でお昼ごはんを食べることになりますが、
持ち込みしたお弁当をゆっくり食べられる場所はあるのかな、って気になりますよね。
特に暑い日、寒い日は、エアコンが入った室内で食べられるとたすかります。


●●●

ズーラシア内で、お弁当を食べることができる、屋内(エアコンあり)、屋外の休憩所をまとめました。私のお気に入りの穴場もお教えしますね^^




ズーラシアはお弁当持ち込みはできる?



「ズーラシアはお弁当を持ち込みできる?」


と疑問がある人もいるようですね。


ディズニーランドみたいに、お弁当持ち込み自体がダメ、という動物園はあまり聞いたことはありませんが、
確かに、京都市動物園など、持ち込みお弁当を食べられる休憩所は屋外だけで、エアコンが入っていて飲食できる無料休憩所がない、という動物園もあります。



ズーラシアはお弁当の持参・持ち込みOKです。


食べる場所は、屋外にもたくさんありますし、エアコンが入った屋内の無料休憩所も、私が知っている動物園の中では多いほうです。


ごはんを食べたり休憩したりしながら、半日たっぷりすごすのにはぴったりです。


スポンサードリンク


屋内でお弁当が食べられる場所


ズーラシアの園内マップはこちらを見てくださいね。

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/authorba23b/49b961d32673e6df65233b1524dd65dfbc1ff0b3.pdf


ズーラシア内でエアコンありの屋内でお弁当を食べられるのは、


アクアテラス前休憩所(アクアテラス門の外)サーティーワンアイスクリームと無料休憩所

アマゾンセンター(アマゾンの密林)無料休憩所

ころこロッジ(ころころ広場)無料休憩所

サバンナテラス(アフリカのサバンナ)レストランと無料休憩所



の4箇所です。


このうち、座れる席数が一番多いのは、ころこロッジ






アマゾンセンターは中南米の遺跡のようなインパクトある建物です。




穴場かも?おすすめの休憩スペース『ジャングルキャンプ』


私の個人的なおすすめスポットは、オカピの屋内展示場前の、「ジャングルキャンプ」です。
(「ジャングル・カフェ(フレッシュネスバーガー)」と紛らわしい名前ですね 笑)


屋内ではないので、エアコンは入っていないのですが、屋根があり、テーブルと椅子があってお弁当を食べることもできる休憩スペースで、木に囲まれているので、比較的涼しく感じます。
(35℃を超えるような日は、エアコン付きの屋内の方がいいですが)


アフリカのロッジをイメージしたデザインになっており、ここでお弁当をいただくとかなり気分が良いです。




飲食物の販売はありませんが、近くに飲み物の自動販売機があり、トイレも近くにあります。



暑すぎる!お弁当持参が心配な場合は?


今年2018年夏は、関東地方も非常に気温が高い日が続いています。


自宅から持っていたお弁当を、暑い中、持ち歩いてから食べるのは心配・・・


ズーラシア内では、お弁当の販売はありません。


食べものを持参しない場合は、

『サバンナテラス』『オージーヒルグリルレストラン』のどちらかのレストランで食事をするか、
「フレッシュネスバーガー」が運営する、『ジャングルカフェ』を利用することになります。


『オージーヒルグリルレストラン』は、園内で唯一、食べものの持ち込みができないレストランです。
※ベビーフードは持ち込み可能



横浜産の豚肉=はまポークを使ったメニューがあります。





『ジャングルカフェ』は座席はすべて屋外です。
席にはパラソルがついていたり、屋根のある席もありますが、
暑すぎて、ここで食べるのはキツい!という場合は、購入だけして、アマゾンセンターなどの無料休憩所に持って行った方がいいかもしれません。


ちなみに、『ジャングルカフェ』は屋外無料休憩所を兼ねていますので、天気・気候が良ければ、ここでお弁当を食べることもできます。


また、土日祝日には、園内各所にキッチンカーも出ます。
売っているものは、食事というよりもチュロスや揚げパンなどのおやつ系が多い印象です。


天気・気候がよい日に利用したい・レジャーシートが使える広場


雨や暑さ、寒さが気にならない、過ごしやすい日には、
ズーラシア内には、レジャーシートを敷いてお弁当を食べられる広場が3ヵ所あります。


1.みんなのはらっぱ

ズーラシアンブラス(吹奏楽団)の演奏会が行われているときはお弁当には利用できません。
反対に、演奏会などで使っていないときには屋根付きの舞台でお弁当を食べてもだいじょうぶです。



ジャングルジム+滑り台の大きな遊具が1台あります。



2.ころころ広場

ナイトズーラシアなどのイベント期間中、キッチンカーが出るスペースになっています。
その場合は、混雑はしますが、お弁当を持ち込んでも大丈夫です。



イベントあるときの、ころころ広場のキッチンカー出店はこんな感じです。




3.わくわく広場

近くにトイレあり。また、屋根付きのベンチもあります。


オカピの形をした滑り台などの遊具があります。
ただ・・・ここは園内唯一の喫煙所がある場所でもあり、個人的には、ちょっと避けています。


おすすめは、近くに大きな池や自然林があり、眺めもよい、「ころころ広場」です。


「ぱかぱか広場」は、「広場」と名前がついていますが、
引き馬(乗馬)体験やえさやり体験ができる、家畜馬の運動場です。近くにあるベンチでお弁当を食べるのは自由です。



動物のニオイは気になる?


動物園でお弁当を食べる、という場合、動物のニオイが気になる人もいると思います。


嗅覚・ニオイの感じ方には個人差がありますが、


エアコンの効いた屋内休憩所はもちろんのこと、


屋外の休憩スペースでも、私自身はニオイが気になったことはないです。


ジャングルテラスの前は、ガラス張りのオカピの部屋で、ニオイはわかりません。
ジャングルカフェの近くは、マレーバクとスマトラトラがいますが、放飼場が広いためか、私はニオイは感じません。


私がズーラシアで「ニオイ」が強めだな、と思うのは、フンボルトペンギンのプール近くの魚のニオイと、ヒガシクロサイの近くにいったときですね。
クロサイはゾウなどの他の草食動物と比べて排せつ物の発酵臭が強めです。


昔とは違い、今は多くの動物園がとてもきれいになっており、
なかでもズーラシアは敷地が広くて植物が多いので、動物のニオイは少ないと思います。



ズーラシアでお弁当を食べられる場所 まとめ




以上、よこはま動物園ズーラシア内で、
持参したお弁当を食べやすい場所の、代表的なものをご紹介しました。


園内には、屋根付き、屋根なしのベンチもたくさんあり、
気候・天気がよい日なら、座って、動物を眺めながらお弁当やおやつを食べたり
休憩できる場所はいっぱいあります。


ただ、暑い日、思いがけず雨が強くなってしまった時などは、
エアコンが効いている休憩所を知っていると便利です。
参考にしてみてください。