生活

【2018】東京駅エリアの穴場パウダールーム・VIPラウンジ東京でメイク直し

2018年4月6日


東京駅と日本橋駅の間に位置する、
「東京VIPラウンジ」のパウダールームを利用してみました。


今回は、約20分、という非常に短い時間での利用となってしまい、
細かいところのチェックはできなかったのですが、逆に


20~30分のメイク直しのために
お金を出して利用するのってどうなの?



という点からまとめています。


結論からいうと、なかなかいいですよ!

スポンサードリンク


東京駅・日本橋近辺のパウダールームはどこ?


無料または廉価で、メイク直しや着替えに利用できるパウダールームは女性の強い味方。


仕事の後のデートや合コンのためのお化粧直し、着替えに利用する人が
多い印象がありますが、


イベント用のコスプレのため、という方もいらっしゃるみたいです。


今回は、


午前中の予定が日本橋、午後の予定は新橋、というスケジュールで時間があまりない

携帯用のヘアアイロンを使うので、コンセントが必要



という条件がありました。


東京駅に一番近いパウダールームは、駅直結の大丸東京店。
3Fの女性用トイレに椅子席(5席)のパウダーコーナーがあります←少ないですね・・・


銀座まで出る時間があれば、
有楽町丸井や、マロニエゲート銀座に、コンセントありの無料パウダールームがあるのですが、
その時間はない。



日本橋三越や日本橋高島屋はどうなの?と調べてみても、情報が出てこない。
(探し方が悪いのか、それとも古い店舗なのでそういう設備はないことも考えられます)



そこで見つけたのが、


東京VIP ROUNGE(以下、東京VIPラウンジ、と書きます)


です。


VIPラウンジって?


VIPラウンジは
高速バスのVIPライナーの、利用者用のラウンジです。



つまり、高速バスの出発時間を待つお客さんや、
早朝に到着して、身支度を整えたい方が利用するラウンジなんですが、


バスの利用者以外も、お金を払えば利用可能です。


一般客の利用料金は

9時から20時が1時間300円、
それ以外の早朝、夜間が1時間600円です。


(当日VIPライナーを利用する人でも必ず無料、というわけではなく
時間帯によっては一般客と同じ料金のことも。)


また、1時間利用とラウンジの当日営業時間内荷物預かりで800円で利用できる
シンデレラプラン」は、
イベント、花火見物などのためにここで着替えて、荷物を預かってもらう、
という利用の仕方ができます。
荷物を引き取りに戻ったときには、15分で退出しなければならないそうなので、
がっつりメイクをするコスプレの場合は、
メイク落としが間に合わず、厳しいかもしれませんが、


普段着⇔浴衣


という感じなら、十分利用できそうです。


東京VIPラウンジは予約はできる?


検索しているときに、


東京VIPラウンジ 予約


というレコメンドキーワードが出てきましたが、
VIPラウンジは、予約はできません。
シンデレラプランも、予約利用はできません。


そのため、長距離バスの発着が多くなる時間帯や、
夏休みなどの繁忙期には、行ってみたらいっぱいで利用できない、というリスクがあるのが
VIPラウンジ利用の難点です。


東京VIPラウンジの場所


東京VIPラウンジの住所は

東京都中央区八重洲1-5-9 八重洲アメレックスビル 2階・3階

となります。





東京メトロ日本橋駅から行く場合は、


B3出口を出て(丸善の横の出口)、
丸善と、郵便局の間の道を左折します。


しばらく東京駅方向に進むと、セブンイレブンがあるので、左折します。


道の反対側の、ファミリーマートがあるビルの2・3階が
東京VIPラウンジです。



行き方が分からない場合は、音声案内ダイヤルもあります。

049-253-7758
※東京VIPラウンジは「3」です。



パウダールームがあるのは3階なので、
エレベーターで3階に上がりましょう。
また、9時から12時半は、2階を利用する場合も3階で受付するようになっています。


ラウンジの利用方法


3階の受付で、
利用時間を決めて料金を支払います。
特に、身分証明書の提示やサインは求められません。


スタッフさんが、利用開始時間をプリントしたストラップ付のカードをくれます。
カードにプリントされた利用開始時間から1時間以内の利用、となります。


パウダールームを使ってみました


東京VIPラウンジには、女性専用のパウダールームがあります。
ドレッサーは28席あります。
パウダールームの利用は、基本料金に含まれています。



有料で、シャワーの利用、タオルを借りることもできます。



ドライヤーが美顔器などの美容家電の貸し出し、
メイクアップコスメの貸し出し(スポンジやチップは衛生面の問題で、受付で販売しています)
無料です。


コテ(ヘアアイロン)もある、と他の方のブログや、取材記事で読んだので
借りたかったのですが、
美容家電の展示コーナーにはそれらしいものは見当たりませんでした。

後日、VIPラウンジ名古屋を利用した時には、
カウンターに「カールアイロンを貸してください」と言うと、
引き出しから出してくれたので、東京もそれでいいみたいですよ。


受付で聞けばよかったのですが、時間がなかったので、
持参したアイビルのコンパクトアイロンで済ませました。




小さいので、全体を巻くのは無理ですが、
前髪、後れ毛はこれで十分です。
ストレートアイロンの仕様ですが、巻くこともできます。


コスメは、
公式サイトにあるように、資生堂、シャネル、ディオールなどもありましたが、
セフォラ(日本からはかなり前に撤退しましたね)のオリジナルブランドなど、
見たことがない商品も多かったと思います。
こちらも、じっくり選んでいるヒマがなかったので、今回は利用を断念。


お昼頃は高速バスがたくさん到着する時間でもないですし、
共用ラウンジには、何人か男性がいましたが、


女性用パウダールームは、私を含めて2人だけでした。


パウダールームは最近リニューアルした、とのことで
数年前の取材記事に載っていた写真に比べてかなり明るくなっていました。


パウダールーム、というと髪の毛や、
使用済みコットン、などのゴミが気になりますが、


女性スタッフさんがまめにお掃除をしているようです。


その他サービス


本当に、メイク直しに使うギリギリしか時間がなかったので、
和室コーナーとか、フットマッサージャーとか
ぜんぜん見られていないのですが、


フリードリンクは、コーヒーを利用しました。


これはまあ・・・
あまりおいしくはなかったです。
りんごジュースの方が良かったかも。


インスタントのおみそ汁もありましたよ。


また、東京VIPラウンジには、ネイルサロンが併設されています。
ラウンジの利用をしなくてもネイルサロンだけの予約・利用(有料)ができます。


VIPラウンジ東京のパウダールームの感想





東京メトロ東西線の日本橋駅からはとても近いです。
ビルの2、3階なので、初めて行くときにはちょっと分かりにくいかもしれません。


JR東京駅からだと、徒歩でわりと距離があると思います。


古い雑居ビルですし、
ラウンジの男女共用スペースには、男性(おじさん)が多いので
デパートやルミネ・丸井のようなパウダールームとはイメージが違いますが、だからこそ、女性専用パウダールームとしては穴場。


有楽町丸井5階のパウダールームは、1人分ずつ仕切りがついていて、1人分のスペースがやや狭く感じますが、


東京VIPルームは1人分のスペースは広くはないものの、
仕切りがないので、平日昼間などの空いている時間はかなりゆったり使えます。


美容家電やコスメは使えたらラッキー、くらいの感じで、
コテやホットカーラーなどは、どうしても使いたい場合は携帯用のものを
持って行った方が無難だと思います。


今回は30分も滞在できませんでしたが、
デパートのパウダールームやメイクコーナーではコンセントが利用できない場所も
ありますし、


スタバのコーヒー1杯よりも安い値段で利用できるので、
(フリードリンクのコーヒーはあまりおいしくはありませんが・・・)


東京駅・日本橋近辺にいるときに
休憩、メイク直しに使える場所として覚えておいて損はないです!


東京VIPラウンジ公式サイト
https://vipliner.biz/lounge/tokyo.php


マロニエゲート銀座2ドレッサールームのレポをまとめました。



スポンサードリンク


<Ad関連コンテンツ>

CATEGORIES & TAGS

生活,

まなみ

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です