ホーム » 健康 » マラセチア毛包炎にイミダゾール系市販薬は効く?【体験談】

マラセチア毛包炎にイミダゾール系市販薬は効く?【体験談】

読了までの目安時間:約 7分

胸元になどに赤いポツポツが
できるマラセチア毛包炎(もうほうえん)。

この記事では、マラセチア毛包炎に市販薬を用いた体験を
ご紹介します。


スポンサードリンク


※注意
マラセチア毛包炎とニキビは間違えやすく、
マラセチア毛包炎にニキビの治療をしても、
ニキビにマラセチア毛包炎の治療をしても、
直りませんし、
間違ったケアをしている間に症状が悪化することがあります。



→ ニキビと間違えやすい肌カビ・マラセチア毛包炎の原因・治し方は?



また、今回私が使った市販薬は、主に水虫の治療薬であって
薬の説明には、適応症にマラセチア毛包炎とは書いてありません。
あくまでも、自己責任で、試してみた、ということです。



ニキビ?マラセチア毛包炎?と思うような症状があったら、
自己判断せずに、いちどは皮膚科を受診することをおすすめします。



どうして自分はマラセチア毛包炎だと思ったのか?


上に皮膚科を受診するように、
といったことを書いておいて、


なぜ、自分はマラセチア毛包炎だと判断して、
市販薬を試してみようと思ったのかというと、
以前にもマラセチア毛包炎に罹ったことがあるためです。


その時は近所の皮膚科に行って
塗り薬と内服薬(抗生物質)が処方されました。


ただ、私の場合、抗生物質を飲むと
お腹の調子がものすごく悪くなる=便秘になる
なんです。


で、その時のお医者さんがあまりいろいろ相談できる感じじゃ
なかったんですよね・・・


便秘していて肌トラブルが治る気もしないし。


それで、抗生物質の内服はやめて
通院もやめて、塗り薬があるかぎりは塗っていて、
2カ月くらいたったらなんとなく直ってきました。


私の場合、マラセチア毛包炎は

  • 小さい赤い固い丘疹が集まってできる

  • 丘疹に芯はない

  • かゆみがある


という症状です。


芯がない、というのはマラセチア毛包炎とニキビを区別する一つの
特徴だと思いますが、中には、マラセチア毛包炎の丘疹でも
化膿して中央に白く溜まることもあるそうです。


・・・ということでやはり、本当は皮膚科に行って
診察、薬の処方をしてもらうのがいいです。


でもとにかく、今回は、前よりも症状が軽かったし、
範囲も狭かったので、数日、市販薬を試してみて、
まるで効かなかったらやめようと思っていました。


薬を使い始める前、
6月8日時点でこんな感じです。


マラセチア毛包炎

使用した市販薬


マラセチア毛包炎を起こすマラセチア菌は、真菌で
みずむし、カンジダ、たむしなどを起こす菌と同じように、
カビの仲間です。


ですからマラセチア菌による症状を、肌カビ、ということもあります。


皮膚科の治療には、
イミダゾール系の抗真菌薬が使われることが多いそうです。


真菌の細胞には、エルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜があり
(セルロースみたいな、固いヤツ)
イミダゾール系の抗真菌薬は、
そのエルゴステロールの生合成を阻害し、
真菌の発育を抑制または阻止することができます。


イミダゾール系にもいくつか種類があるのですが、


今回は、
イミダゾール系のクロトリマゾール(商品名:エンペシド)
が配合されている、


【第2類医薬品】ピロエースW クリーム


を使うことにしました。

マラセチア毛包炎 市販薬

ピロエースにはピロールニトリン
という成分も含まれています。

マラセチア毛包炎 市販薬
ピロールニトリンは、商品説明では抗生物質と書かれていて、
でも、検索すると抗真菌薬と出てきたりして


どっちなの?


状態ですが、Wikiでは「抗生物質・抗真菌薬の一種」と
ありますね。


白癬菌やマラセチア菌などの呼吸や代謝を抑制し、
菌の発育や増殖を防ぐ効果がある成分で、
クロトリマゾールとの合剤で用いられることが多い、


とのこと。


水虫薬にはクリーム、ジェル、ローション・スプレーなどの
形状がありますが、液剤(ローション・スプレー)の方が
浸透性が高く、その分刺激も強くなります。


でも、胸元や背中の皮膚は足の皮膚よりも
角質が薄いので、クリームがもっとも無難だと思います。


スポンサードリンク


市販薬使用後の経過


6月9日から使い始めて、
5日経ちましたが、

マラセチア毛包炎

こんな感じです。
かさぶたっぽい感じになっていますよね。


使い初めて翌日には赤味とかゆみが
ひきはじめたので、
「大丈夫かも」と思いました。


ただ、菌の治療は時間がかかり、
表面的な症状が消えても
1~2ヵ月は薬を使い続ける必要があるそうです。



角質が厚い足の裏の水虫だと
半年~1年かかることもあるそう。


なので、ひと月経過したらまたご報告します。


完全に炎症が無くなった後、
もし跡が残っていたら、ヘパリン類似物質クリームで
手入れかなあと考えています。


8月31日の状態


マラセチア毛包炎

1か月後に経過を、と言っていたのですが、
2カ月以上たってしまいました(汗)。


6月に写真を載せた個所はだんだんよくなっていたのですが、


別のところにも湿疹が出てしまい
そちらの治療もしていたためです。


薬は途中で




ハピコム(アズケン製薬)エルモーネ水虫クリームMCに変えました。

主要な有効成分はミコナゾール硝酸塩で、
イミダゾール系の抗真菌剤です。


これは、マラセチアによる頭皮の脂漏性皮膚炎に対応した
シャンプーにも配合されています。

コラージュフルフル液体石鹸(リキッドソープ) 250ml [医薬部外品]




ミコナゾール硝酸塩の他に
かゆみどめ成分も入っているのですが
私が使った感じではピロエースよりも
かゆみどめの効果あったようです。


マラセチア毛包炎にイミダゾール系市販薬は効く?【体験談】 まとめ


個人の感想ですが、
マラセチア毛包炎に、イミダゾール系市販薬は
効果があったと思います。


ただ、皮膚科を受診した場合、
状態によっては内服薬も処方されるので、
より早く治る可能性は高いです。


あくまでも、個人的な実験、として読んでくださいね。


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事
Categories