美容コスメ

日傘の正しい選び方・差し方とは?間違えると光老化は防げない

スポンサーリンク
スポンサーリンク


最近では、男性も日傘で日焼けを防ぐことが広まってきていますよね。
ただ、せっかく日傘を使っていても、差し方で紫外線カット効果が無くなってしまう場合があります。

日傘の選び方や差し方を見直してみましょう。

正しい日傘の選び方とは?

1.UVカット率

日本洋傘新高校議会(JUPA)が定める基準によると、
遮光率が99.00%以上の傘を遮光傘と呼び、
遮光率99.99%以上の傘は1級遮光傘と呼びます。

ですから、まず、1級遮光傘を選べば、UVカット率については問題ないでしょう。

中には、100%遮光を謳っている製品もありますね。

2.遮熱性

日傘をさすのは、紫外線を防ぐほかに
熱中症を予防する、という意味もありますよね。

そのためには、遮熱性の高い傘を選ぶ必要があります。

赤外線と可視光線を遮断することで
熱を遮ることができますので

熱を吸収しにくい白っぽい色であることや、
生地の目が詰んでいる、三層構造などの生地である

傘を選びましょう。

3.傘の内側が黒い

地面や建物などから反射する紫外線が傘の内側に入ったとき、
白やシルバーなどの色だと光を集めてしまいます。

傘の外側は白っぽい色の方が遮熱性が高いのですが、
傘の内側は黒いものを選びましょう。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スポンサーリンク

UVカット効果似は寿命がある

UVカット効果がある日傘でも
年数がたつとUV効果は薄れてきます。

物にもよりますが、
2年から3年程度がUVカット効果の寿命です。

雨傘のように差してはダメ!

日傘を差す時、
ほとんどの人は普通に雨傘を差すように
差していると思います。

ですが、日傘が肌から離れるほど、
紫外線をカットできなくなります

UVカット機能がある日傘で、
傘の面と顔との距離が30㎝であれは、
紫外線は90%カットできます。

しかし、60センチ離れていると、
しかし、70%までしかカットできません。

また紫外線は地面で反射するので、
日傘が顔から離れていると、反射した紫外線を防ぐことができません。

ですから、傘をできるだけ短く持って
顔の近くで差すことが必要です。

日傘だけでは光老化が防げない?

肌に直接紫外線が当たらなくても、
目から入った紫外線によって、目の細胞がダメージを受けると、

脳は「日差しが強い」と判断し、
紫外線を防ぐためにメラニン色素を作る指令を出します。

日傘で紫外線を防ぐのであれば
できるだけ顔が陰になるようにしますが、

それだけでは目に入る紫外線を防ぐのは
難しいので、UVカット効果がある
眼鏡やサングラスを併用するのがおすすめです。

日傘の正しい選び方・差し方とは?間違えると光老化は防げない まとめ

日傘は値段も様々で、
UVカット率、遮熱性などの違いがあります。

高額なものを買っても、
紫外線を防ぐ効果は3年程度で薄れてしまい
買い替える必要があるので、

機能と値段のバランスを見て選び、

日傘だけで紫外線カット仕様とせず、
日焼け止めやサングラスなども使いましょう。

<スポンサーリンク>

AD関連コンテンツ
スポンサーリンク


AD関連コンテンツ