しいたけ占い

しいたけ占い2020年下半期蟹座インスタライブメモ

しいたけ占い2020年上半期インスタライブ蟹座

2019年12月17日の、しいたけ占い2020年上半期蟹(かに)座インスタライブより、私が気になったところをメモした内容です。
(完全な書き起こしではありません)

海外に届く、というのは
実際に外国の人と一緒にとか、外国で活動する、ということでもあるけれど、

2020年の蟹座は、英語などの外国語の、ある種ドライな、
目的などが合致したら一緒にやりましょう、
合わなかったら仕方ないですね、
という感覚になって、
「人の意図を汲むことの優先順位は、ちょっと二の次、三の次、でもいいんじゃない?

ということらしい。



蟹座2020年上半期のキーワード

予想した展開を越えていく。
思いが海外に届く人も出てくる

2019年の蟹座は、以前(しいたけさんが)どこかに書いと思うんですが、
なんだかよくわからない年だったと思います。

蟹座は普段は未来がどうなっていくのか、ということに対して
もう少し慎重でちゃんと考えて行動するみたいな人たちです。

それが、2019年は、2020年もそうなんですけれど、
ある種のビギナーズラックの年なんです。

自分の中で「あ、こっちがいいかも」くらいの感じで、
そこまで考えなかったものがすごい大当たりを引き当てるようなことがあったと思います。

悪用されるとちょっとあれなんですけれど(笑)ギャンブル運的なものが冴えてきます。
だからといって全財産明日ギャンブルにつっこむのはやめていただきたいですが、
日常の中でのちょっとしたギャンブル運というのがすごく増えてきているはず。

2019年は、たぶんこっちだなとかこれがいいなとかというのが不思議と増えていたんですね。

それで2020年はもっとその勘がさえてくるんですけれど、
こっち選んだら面白くなるなとか
自分の中で興味があるもの興味がないものというのが分かれてきます。
この店有名だからとか売れてるからではなくて、どんなに売り場の片隅にある商品でも、
これ絶対面白いと自分で思って、パッと目が合ったものを選んでくると、
そういうものの中に大正解になってくるものがあるんですね。

2020年蟹座にやってほしいのは、
慎重な性格から立派なホラ吹きになること。

だから1月に先生親友達などに今年どんな年にしたいと聞かれたら「あ、私絶対に金持ちになります」とかそういう世の中を舐めた発言を舐めた口調でしてほしいんです。

そうやって舐めた口調でした夢とかが不思議と実現されてくる。

それはなんでかと言うと、
2019年蟹座は本当に死ぬほどいろんなことを考えてきたというのがあります。

また、強くなったというのもあって、
これは海外に届くという話にも繋がるんですけれど

私事で恐縮ですが、僕のマネージャーさんが蟹座なんですよ
それ、あるインドネシアの会社に名刺を注文したらメールアドレスが間違っていたんです。
名刺でメールアドレスが町勝っているって致命的じゃないですか。

それで、翻訳ソフトを使って英語で

メールアドレスが間違えていて私は悲しい、
私たちはどうしたらいいか

みたいなことを送ったんですね

そうすると向こうも英語で

間違えていて私達も悲しい、すべて私たちの責任なので直します。
送料はこちらが持ちます、

みたいメールが返ってきたんですね

それで、英語って、わりと言いたいことが言えるじゃないですか。
蟹座に、そういう英語感覚に縁ができてくる人たちが出てくるんです。

日本的感覚だと相手の意見を汲み取って悲しませないような返答しなきゃいけないというのがありますが
英語感覚って会わなければそれまでみたいなところがありますよね

例えば私はピザが食べたいあなたはおまんじゅうが食べたい、
じゃあ私はピザのお店に行きます、みたいな。

日本語ってすごく奇妙な言葉で、もちろん僕は素晴らしい言語だとも思っているんですけれど、
相手が意見が合わないと悲しいと思うような言葉なんですよ。個人行動がゆるされない。

英語は、合えばそこで手を組めばいいし合わなければまあいいじゃんみたいな
ある種のドライな感覚があります。

だから、英語感覚に縁ができる、というのは、
今までの人間関係の中で決めるんじゃなくて、
この作品を作りたいからこの人と組むのがベストとか
自分にとって今までのお付き合いとか義理人情を清算するのがこの2020年なんです

今まで義理人情とか母性の星座って蟹座は言われているけれども
冷たくなったわけではなくて、自分で調整していきたい分野や楽しみが増えすぎてドライにならざるを得ない という感じになってきているから
自分のフットワークの軽さを信じてほしいです。

蟹座からの質問としいたけさんのアドバイス

2020年蟹座の人間関係について

今年は苦しい一年でした。気分的にはこの状況から抜け出すために突っ走り入りたいのですが協力してくれる人もいないし逆に足を引っ張られるくらいです
人から傷つけられて1回心が折れました。
合わない人とはどんどん切れていくのに、出会いがなくて、自分の居場所がなくなったみたいです。2020年、恋愛も含めて蟹座の人間関係はどうなって行くのでしょうか。

【しいたけさんのアドバイス】

1回心が折れた、ということで、まずは本当にお疲れさまでした。

これは全国の蟹座を敵に回すつもりで言いますが
蟹座って恋愛面、他の人間関係でもそうですが、ろくでなしを好きになるというのがあるんですね。
どういうことかっていうと「翼が折れたスズメ」が好きなんですよ。
何かの事情があって手助けしてあげなきゃダメだなっていう人を世話をしたり面倒を見たりする、
いわゆる長男長女気質があります。

他の星座の場合人の面倒を見るのには、この人好みの顔だからとか、多少の下心があるんですよ。
でも蟹座は目の前に翼が降りたスズメがいると救わなきゃとパッと手が出るところがあります。
だから、ちょっと面倒ごとに巻き込まれやすい性質ではあるんですね。

じゃあ、どうやっていい人との出会いを作るかというと、いろんなやり方はありますが、
2020年の蟹座は、プライベートも仕事面も戦略が必要です。

戦略って普段僕らが日常用語として使う言葉じゃないじゃないですか。
その戦略に慣れ親しむには今思いついたんですけれど、お菓子メーカーの企業理念を見てほしいんです。
多分同じチョコレートでも明治とかネスレとか企業理念が違うはずなんです。
同じチョコレートという製品を作ってはいても届ける目的が違う。
たとえば、笑顔にするためにとか、高価なチョコレートを食べる時間を持ってほしいとか。

企業理念ってきれいごとが書いてあるわけではなくて、
それぞれ目的が違うそのために手段としてもっとおいしいチョコレートを作るとかどうやったらもっと多くの人にチョコレートを手に取ってもらえるとかすごい研究されているわけじゃないですか。

蟹座は2019年、2020年に自分の企業理念をものすごい立て直しているから、
自分のフィロソフィーに合わない人たちを切っていくことができる。
切っていくと絶対寂しいです。
人間関係を切った時って荷物を運び出して引っ越す前の家みたいになるから。
まだ新居が決まってない状態ってすっごい寂しい気持ちになります。
そこはもう通らなきゃいけない道なんですね。

2020年の蟹座は、再び真面目な人に注目してほしいです。
ろくでなしって目立つ人・うまくやる人じゃなくて、なんかこの人いいもの持ってるんだよなぁと思わせる、ちゃんと自分の中でジタバタしている人、そういう人はすごく手助けしたくなるそれは蟹座にとって相手のためにもなるし、
お互いが1+1が2じゃなくて1+1が20になったりだとかそういう力を持ってきます。

やめてほしいのは、まあ、人情としては仕方がないんですが、友達に(彼氏、彼女を)自慢するとか。
付き合ったことをすぐには友達などに言わないで、
ちゃんと自分たちでセンスを磨きあって周りを半年後に驚かせるとかをやってほしいです。

2020年蟹座はファッションとか食べ物とかの雑誌を買って、センスの勉強していただきたいです。
「なんでこんなヘンなおもしろい服を作れるんだ」と思った時に、そのブランドのHPに行って、哲学を見てほしい。
ファッションとかセンスって、勉強すれば誰にも身に付く平等なものだからそれをやって、
かっこよさに魅かれたら、企業でも人でも、素直に近づきたいという欲望を持ってほしいです。

2020年蟹座が海外に縁がある、とは?

海外と縁があるというお話について、もうすごし具体的に伺いたいです。

【しいたけさんのアドバイス】

海外の言葉ってさっき言ったように相手に合わせなくてもいいっていう空気を持っているんですね。
日本って仕事でも飲み会でもコミュニケーションでも、
まず一番大事にされるのが相手の意図を汲み取ることじゃないですか、いわゆる顔色を見るという。
それも大事なんですが、相手の心づくしをちゃんと汲みとらなければいけないって、
それは素晴らしい文化なんだけれどエネルギーと時間のロスに繋がることもあるんですね。

だから海外と縁があるというのは、優先順位として相手の意図を汲み取るというのが2位とか3位ぐらいにして、まず自分の意見を伝えるそれに対して合わなければじゃあもう大丈夫です、みたいな、20%ぐらい冷たさっていうのをもっていただきたいです。
プライベートでも仕事でも恋愛でも、自営業の感覚を持って欲しいんです。
フリーの人ってやっぱり人付き合いでも、自分の中で何を優先するか、
人脈を増やしたいなら人と会う時間を大事にするとか決めています。

2020年蟹座は、自分の中で戦略として何を今年伸ばしていきたいのかとか、真面目なことを考えていい時です。
実際そういうことを考えたくなってきている時だから。
自分が引かれるブランドやお店のHPを見てみて、
その世界観をみてください。

海外というと大きな壁があるようで、フィロソフィーが合えば一緒に仕事ができたり、案外できます。
このフランス人の誰々さんの考え方を知りたいと思ったら勉強してダイレクトメッセージを出してみるとか、ぜひやってみてください。

直感で転職していい?

自分の直感を信じて転職先を決めて行っていいでしょうか?

【しいたけさんのアドバイス】

まじめさがあるかどうかをある程度重視してほしい、
また直感を大事にしてほしい、
直感を強化するために世界観を勉強していただきたいです。

休日たまたま美味しいカフェに行ったとします。

忙しい時はダメですが、お店が一番暇そうになる14時ぐらいの時間に「このお店の一番の推しって何ですか」とメニューを聞くだけでそのお店の哲学って伝わってくるじゃないですか。
コーヒーを売りにしているのかパンケーキを売りにしているのかとか。
物好きな暇人みたいな面は持っていて欲しいんですね。
興味があったら聞いてみちゃうとか。

感想

蟹座がどう、ということとは直接関係がないのですが、

センスは勉強すればだれでも身につく、平等なもの

というのが印象に残りました。

フィロソフィーとはちょっと離れるかもしれませんが、
服の組み合わせや
料理の盛り付けは
ある程度の法則を身につけたら、おしゃれ、センスいい、と見せることはできます。

created by Rinker
¥1,540
(2020/02/26 00:29:33時点 Amazon調べ-詳細)




AD関連コンテンツ


AD関連コンテンツ