コメダ謹製やわらかシロコッペ秋葉原店のメニュー、コッペの日持ちは?

2018年10月19日にオープンした、コメダ珈琲のコッペパン専門店「やわらかシロコッペ」の秋葉原店に行ってきました。


秋葉原店は株式会社セガ エンタテインメントとのコラボ店舗になっており、
お店の外壁には、セガのキャラクター、ソニック・ザ・ヘッジホッグがデザインされています。



コメダ謹製やわらかシロコッペ


コメダ謹製やわらかシロコッペは、喫茶店の「コメダ珈琲」のコッペパン専門店。


といっても、喫茶店のメニューからのスピンアウトではなく、新しい商品を作ったんですね。


以前、書いたサンマルクグループの「瀬戸内製パン」など、最近フード業界でコッペパン専門店が増えてきていますよね。


ところで、なぜ「セガ」がコラボするのかというと、
アミューズメント施設の中で、ワンハンドで食べられるコッペパンが相性が良いから、なのだそうです。


シロコッペのこだわり


シロコッペの特徴は、、「ハイジの白パン」のように、パンの表面に焼き色をつけずに、白く焼き上げて、ほわほわ柔らかい生地が特徴。




コッペパン、というと、今までは昭和の給食や学校の近くのパン屋さんで、ピーナッツクリームやジャムを挟んでもらって、といった、『三丁目の夕日』的な、レトロ感がイメージされましたが、そろそろ、給食のコッペパン、町のパン屋さんのコッペパン、という記憶がないお客の方が増えているのかも。

まなみ
まなみ
ちなみに、私は半年だけ通った関西の小学校の給食ではじめてコッペパンを食べました。東京の小学校では出てこなかったので、最初は「コッペパンってなんだろう?」と思いました。

スポンサードリンク


コメダ謹製やわらかシロコッペ秋葉原店の場所と行き方


店舗名 コメダ謹製やわらかシロコッペ秋葉原店
住所 東京都千代田区外神田1-15-9B
電話 03-3254-8406
最寄り駅 秋葉原駅
営業時間 8:00~20:00
定休日 無休(年末年始は変更有)
地図


JR秋葉原駅の、電気街口を出て、左に進み、駅を出てすぐです。セガの建物の1Fなので分かりやすいと思います。


コメダ謹製やわらかシロコッペ秋葉原店の混雑


オープン1か月後の、平日午後3時ごろ行ったのですが、私の前に一人女性客がいましたが、特に混んではいませんでした。


土日祝日など、秋葉原自体の人出が多い日だともっと混むのかな?


名古屋で最初の店ができたときには1時間くらい並んだそうですが、今は並ばないで買えるようです。


コメダ謹製やわらかシロコッペ秋葉原店のメニュー


秋葉原店は、セガとのコラボ店舗なのですが、
2018年11月20日時点では、特に、店舗限定メニューやコラボ商品はありませんでした。


やわらかシロコッペのメニューは大きく4種類で、定番の和コッペ、洋コッぺ、おかずコッペの3種類に加え、季節限定の「限定商品」があります。
2018年11月の限定商品は「小枝」「加賀棒ほうじ茶クリーム」「加賀棒ほうじ茶 クリーム&ホイップ」の3種類でした。


値段は、
一番安いリッチカスタードが220円、
一番高い宮崎県産 霧島黒豚焼肉たまごが460円なので、


瀬戸内製パンよりも少し高い価格設定です。
肉が入ったおかず系はドトールのミラノサンドと同じような価格になっています。


「やわらかシロコッペ」の人気メニューは?


公式サイトによると、小倉マーガリンが人気だそう。
マーガリンやバターを塗ったパンに小倉(粒あん)というのは、名古屋の喫茶店の定番ですものね。

(本当に「小倉マーガリン」の売り上げがいちばんよいのか、イメージなのか、または「売りたい」商品なのかはわかりませんが・・・)


リッチカスタードホイップを買いました


小倉マーガリンも気になりますが、今回は、「リッチカスタードホイップ(280円)」にしました。
・・・クリームパンが好きなんです。



お店の中で、パンに具を挟んでいるそうですが、
「瀬戸内製パン」と違い、その場で中身を挟むのではなく、すでにできていて包んであるものを出すだけなので、待たずにすぐに変えます。


支払いは、クレジットカード・交通IC系も利用可能です。現金じゃなくていいのは助かります。


やわらかシロコッペ「リッチカスタードホイップ」実食


帰宅して、すぐにいただきました。



長さは20㎝ほど。ぽってりした、「コッペパン」らしい形です。
普通は山崎パンの「ナイススティック」のような焼き色がついていますが、焼き色はなく、白いです。


半分にカット。

・・・


袋を開けて、切っている時からずっと、微妙に刺激感のある「におい」がするのが気になっていたのですが、食べてもおかしなことはないし・・・なんなのだろう?


カスタードクリームの香料が強いのか?
パン生地のイースト臭なのか?
袋の紙なのか?



結局正体は分かりませんでした。


パン生地はほわほわ。
低温で焼いて焼き色がないのですごく柔らかい反面、メイラード反応によるうまみがないのでここは好みが分かれそう。
やっぱり、表面はさらっと焼きあがっているほうがいい、という人もいると思います。


先ほど、においが気になる、と書きましたが、食べているとカスタードクリームの人工香料っぽい味が気になる、といったことはありません。
クリームパン系としておいしい方に入ると思います。


やわらかシロコッペ「リッチカスタードホイップ」のカロリー



1食当たり 314kcal


です。ケーキ1つ食べるのと同じくらいです。
むろん、低カロリーではないけれど、スタバのスコーンやドーナツ1つが400kcalくらいするのと比べたら、特別に高くはありませんね。


<公式サイトの全てのメニューのカロリー>
http://www.komeda-shirocoppe.jp/images/menu/clry.pdf


やわらかシロコッペの日持ち


消費期限は販売当日中です。



今回は半分に切って、半分食べてもう半分を冷蔵庫に入れて、翌朝食べましたが(自己責任です)。
冷蔵庫の中で乾燥しないように、アイラップ(ポリ袋)に入れました。


冷蔵庫に入れたので気持ち、かたくなったかな、というのはありますが、ぱさぱさした感じもなく、おいしくいただきました。


まとめ




シロコッペ、実はお店は、東京・神奈川・埼玉、といった首都圏の方が数が多い(愛知県内には2店舗しかない)んですね。


イートインがある店舗は1つもなく、すべて販売のみのお店なんですが、使い勝手がよさそうなのは、
八重洲地下店や、名鉄百貨店の店で買って新幹線の中で食べるとか、
岐阜の養老サービスエリア店で買って車や長距離バスの中で食べる、


というシチュエーション。


秋葉原店に関しては、せっかくなのでやはり「セガ」とのコラボ企画に期待したいですね。


「におい」に関しては、冷蔵庫に入れて翌朝食べたら、ほとんど気にならなかったので、やっぱりイースト臭なのかな?
また他の種類なども試してみたいと思います。