暮らし

【実録】AEONカードの磁気データをAEON銀行ATMで復旧

AEON(イオン)カードの磁気データが弱くなってしまった場合、カードを再発行しなくても、AEON銀行のATM機で復旧させることができます。

再発行してもらって1ヵ月のAEONカードゴールドの磁気データが、またセルフレジなどで読み取れなくなってしまったので、AEON銀行ATMで、復旧の操作をやってみました。



AEONカードの磁気弱すぎの件・・・

私はAEONカードの磁気が弱くなって交換したことがこの2年で2回あるのですが、
2回目は、なんと1ヵ月でまたダメになりました・・・

磁気が弱くなってもクレジットカードとしては使えているのですが、

AEONお客様感謝デーの割引などで、セルフレジや、セルフ支払いでエラーになったり、
AEONラウンジの入館受付でエラーになったりしてしまいます。

ラウンジでは係の人がカードナンバーを手打ちすることで入室できますし、レジ係の人に支払いするレジなら問題ないのですが、

セルフレジ(バーコード読み取りから支払いまでセルフ)とセルフ支払いレジ(支払いだけがセルフ)
はどうしてもエラーになってしまい

いちいち人を呼んで処理してもらうのは煩わしいですし、忙しいのにお店の人にも申し訳ない。

今までは、磁気データに不具合がでると、再発行手続きをして新しいカードを発行してもらっていたのですが、
最近、AEON銀行のATM機から磁気データの復活ができるようになっていたんです。

昨日、近所のAEONのセルフ支払い機でエラーを出して、レジの人に来てもらった時に、
「ATMでご自分で復旧できますよー」と教えてもらいました。

その時は、夕方でATM機も混んでいたので、今日、復旧の操作しに行ってきました。

では、次から、どんな操作をしたのか、写真入りで説明しますね。
とってもかんたんで、すぐに終わります。

AEON銀行ATMでの磁気データ復旧

なかなか街中では見かけない、AEON銀行ATMですが、
AEONの店舗内であれば、必ずあるはず。

私が普段使っている店舗では、イオン銀行のカウンターの近くと、エスカレーターの近くの2カ所にATMがあります。

メインメニューから、「イオンカード」を選択します。

「カードの磁気データの復旧」を選択します。

あとは、画面の案内に従って、
カードを入れて、画面のボタンを押していくだけで、
数十秒で程度で復旧できます。

この日はAEONお客様サービスデータ(5%オフ)でしたが、
復旧後、セルフレジで会計して、
エラーなく5%オフになりました。

まとめ

そりゃあ、私のクレジットカードの取り扱い方が超ていねいなのか、他のカードとぜったいに一緒にしていないか、というとそんなことはないんですが、
それにしても、交換してからひと月でエラーが出るなんて、AEONカード、弱すぎるだろ、と思っていました。

他のクレカも似たような扱いをしていますが、
エラーが頻発するようになったカードなんて他にないんですよ。

AEONカードは、毎日の食材や日用品の購入に使っているため、確かに使用頻度は他のクレカよりも高いですけれど。

自分で復旧できるようになった、ということは
やはり、「磁気データが弱くなってエラーが出る」、という理由でのカード再発行件数が多かったのではないかと思われます。

再発行には3週間くらいかかってしまいますが、ATMでの操作で即・直せるならまあ、いいか、とう感じではあるんですが、

それにしても、なんでそんなに弱いんですかねー。

(この記事を書いたひと月半後に、また直しに行きました)




AD関連コンテンツ


AD関連コンテンツ