蟹座

しいたけ占い蟹(かに)座 誕生月インスタライブまとめ その2

Voguegirljapanのインスタグラムで毎月配信される
しいたけ占いのインスタライブ、6月25日に行われた蟹座の分の、後半です。

前半はこちら


内容のまとめは、一言一句の文字起こしではありません。
話が前後したり、急に飛んだりしている箇所は
私が理解したようにまとめた部分もあります。

スポンサードリンク


恋愛とアルバイトの共通性


【質問】

今年30才になりますが、去年私から振って別れた彼のことがまた気になっています。
別れた理由は、彼からの会いたいアピールと連絡ほしいアピールで
うんざりした結果です。

でも趣味や共通の話題で楽しかったこともあり、
うんざりした彼を許す方に持っていけないかな、と悩んでいます。

でもまだ自分を変えることはできていなくて、
また年齢的なこともあり、焦っています。


【アドバイス】

この質問にはすごく親近感を感じて、


恋愛って、一種、大人になったらできない部分もあると思うんですよ。


例えば、自分のことでも友達のことでも、
お酒の席で彼氏・彼女のグチになると
「なんでそんな人と付き合っているの?」って話って
普通に出るじゃないですか。


恋愛って、ある意味で成長がない場所でもあったりする、
大人になるための大事なステップでもあると
思うんです。


僕はもし、魔法使いが現れて、人生で戻りたい時期があるか、といわれたら
アルバイトしていた時期と答えると思います。


アルバイトって、お金をいただいている仕事なんだけれど、
ちょっと部活の延長みたいなとこもあったりするじゃないですか。


適度な責任を持ちつつ、成長もしないといけないし、
お店に貢献しないといけないんだけれど、


どこか、大人になる前の猶予期間というところもあると思うんです。
真剣にアルバイトをしていた人たちからは怒られちゃうかもしれないけれど。


で、恋愛とアルバイトってちょっと似ているところもあるかもしれないと思うんですよ。


じゃあ、完璧な恋愛っておもしろいかというと、


素敵な人を捕まえて、彼は遅刻もしない、誕生日も記念日も忘れない
自分の趣味もわかってくれる、


で、そういう相手とこれからやっていきたいか、というとちょっと疑問があったりするじゃないですか。


恋愛の不思議なところって、「良い」相手と別れちゃって、


ちょっと弱点があって、こいつバカだなあぶっころす、みたいな相手とうまく行ったりして、


何が言いたいか、というと
この質問をしてくださった方は、


結婚を考えている、というときに、
恋愛から結婚に変わるときって、


この部分は許せるけれど、この部分は許せないということもあって、


相手に変わることは求められなくて、
この方自身が言っているけれど、自分が変わるしかないわけですよね。


先日、amebaブログの企画でりゅーちぇるさんとの対談をしたのですが、
りゅーちぇるさんは天秤座らしいんです。


で、奥さんのペコさんは蟹座で、
りゅーちぇるさんによると外ではすごい控えめで自分を押し殺すようなところがあるのですが、
家に帰ってきたときに、あのやろう!とか怒りの1人劇場が始まって、
りゅーちぇるさんは、それが大好きで、ぜんぜん落ち込んでいなくてよかった、と思うそうで、


ペコさんは、落ち込む前に、それを怒りに替えることができるすごいポジティブならしいんですね。


蟹座って、「許せん!」という感覚が強いんです、
これ約束したじゃんよ、みたいな。


蟹座がいい恋愛をするには、
目の前にいる人、ベコさんの場合は、りゅーちぇるさんに怒りをぶつけるんじゃなくて、


あのやろう!とかあの会社が!とか、
自分の怒りを、外に向けていく知恵、工夫はやっていくといいじゃないかと思います。


怒りを押し殺して、貯めれば貯めるほど爆発しますから、
いい怒りの研究をするといいと思うんです。
かわいい怒りの範囲、というか。


で、怒りのポイントってそれぞれ違うから、
それはもう各自で研究してほしいのですが、


この質問に直接答えると、


もし、結婚というものを考えるのなら、
結婚って、お互いにどこかで大人にならなければならないところもあるから、


なんとなく文章を読んでの僕の感覚では、
彼はたぶんあなたに甘えています。


会いたいアピールとか、
でも趣味の話があう、とかそういうのはあるわけですよね。


やっぱり、相手が尊敬できて、この人はなんか変わる努力をしてくれるから
私ももうちょっとがんばりたい、というように、
それは、他の人の尊敬できるところも探しながらやってもいいんじゃないかな、
と思いました。



周りの人を信用したときに気性の荒さや短気さが出る蟹座


【質問】

私は自分のことを、おだやかなのか、気性が荒いのか、よわかりません。

できるだけ怒らないように嫌なことがあっても笑って流すようにしていますが、
いつもがまんできることもがまんできないことがあり、
いきなりブチ切れてしまうことがあります。

相手も普段は下手に出ておとなしい私がいきなり
えらそうに意見を言い出すので、余計に憎まれてしまいます。


【アドバイス】

はい、蟹座あるあるですね。


これは、もしかしたら半分は反省してもいいのかもしれないけれど、


もう半分はこの方の成長というか、
気性の荒さが出るということは周りの人を信用しはじめた、ということなんです。


絶対に分かり合えない人とはけんかしないじゃないですか。


自分が嫌われるかもしれないけれど、
爆発して、もう一言言っちゃう、というのは、


うわべの付き合いじゃなくて、
もう一歩この人達と分かりあいたい、と歩み寄る姿勢が出てきたからこそ、
気性の荒さを見せる、ということがあるわけです。


もし、気を使って周りを信用していなかったら、
何も言わないのがいいんです。


もしブチ切れてだれかを傷つけたら反省してもいいんですが、
気性の荒い一面を見せられたということについては、
すごい大きな成長ができた、と思っていいと思うんです。


恋愛をして縁が深くなる関係性って、
自分の最悪な面を見せてしまうこともあると思うんですよ。


その最悪な面を見せてしまった、この人には悪いことをしてしまったという罪悪感から、
この人には、恩返しをしたいとか、恩義を返したい、
というのも、
恋愛でお互いに努力をする、ちゃんと立派なスパイスになるんですよ。





この質問を最後に取り上げたのは、
この人は一歩表に出たということだから、


蟹座は、自分の性格の悪さを、半分は受け入れたほうがいいです。


受け入れて、あなたのために言っているとかの恩着せがましいことではなくて、
「私がイヤだからイヤ」
「だって好きな人の前でこういうことはしたくない」
「好きな人だからこそ、あなたの前ではがまんをしたくない」


と正直に伝えてみて、
それで遠ざかる人とは、それで喧嘩しちゃってもいいと思うんですよね。


気性の荒さは出せる人の前では出してください。


補足というか、感想


「恋愛は、成長のない場である」



「恋愛を通して大人になる」


は矛盾しているようですが、


なんか、恋愛って友人関係にもなく、結婚した後の夫婦関係にもない
グダグダ感があるのは、分かるので、
そういうことかな、と思いました。

<Ad関連コンテンツ>