ホーム » しいたけ占い » 2018年上半期しいたけ占いインスタライブ・【ふたご座】

2018年上半期しいたけ占いインスタライブ・【ふたご座】

読了までの目安時間:約 12分

2017年12月18日20時30分~50分の
2018年上半期しいたけ占いインスタライプ
【双子(ふたご)座】の分を
まとめてみました。


一言一句の文字おこしではありません。
ライブなので言い間違いもありますし、話の流れで順序が逆になっている部分は
分かりにくくないように変えています。


ただ、

たとえば、
「知恵者」といった言い回しは、
「頭がいい」と言い換えても意味は同じだけれど、そこは
できるだけライブな感じ、というか、
あえてそういう言葉を使ったニュアンスに意味が
あるのかもしれないので、
覚えている限り生かすようにしています。



スポンサードリンク



ふたご座もお疲れ

2018年ふたご座の
テーマは「静かなクライマックスが訪れる」なのですが、
そのクライマックスを前にして、
質問を見ると疲れている人が多い。


2017年が終わりに近づいてようやく疲れを自覚できるように
なっているのだと思う。


疲れをためてきた人はやっぱり、
自分に「お疲れ様でした」と声をかけてほしいし、
僕からも聞いてくれている人全員に
「お疲れ様でした」とお伝えしたい。


「愛を受け取る」前提条件


【質問】

2017年下半期のふたご座のテーマ『愛を受け取る』が難しくなってしまい、
休職もして、
歩み寄る努力をせずシャッターを下ろしてしまいました。
しいたけさんのアドバイスと真逆のことをしてしまいましたが、
来年取立て直すことができるでしょうか?


【答え】

ぜんぜん立て直すことができるし、僕のアドバイスと真逆ではないと思う。
シャッターを下ろして休職したのは、
自分に愛を与えたということ。


休職するってすごくエネルギーがいることで、
また違う風が吹いてくることになると思う。


マラソンをしていて歩いていいよ、休んでいいよ、と
言うようなことは、


自分を信じていないと
休むことや、弱みをさらけ出すこともできない。


休むことを自分に許可して
「いままで私、頑張ってきてくれてありがとう」
ということだと思う。


僕が2017年下半期占いでふたご座に対して言った
「愛を受け取る」は
他人からプロポーズされるとか好意を伝えられるということを
期待したいというのももちろんあるけれど、


まず、自分自身に対してよく頑張ってきたね、
と言えることが、愛を受け取る前提にある。


12月中は毎日、自分に「よく頑張ってきたね」と
言ってあげてほしい。


ラッキーカラーは水色


2018年のふたご座のラッキーカラーは水色。


ふたご座はめんどくさいことが大嫌い。
(聞いている人の中でこれに異論はないと信じたいですけれど、
と補足)


だから人に調子を合わせて敵を作らないようにする。


感情的に嫌われると反対されたりするので、
ふたご座はそういうことに自分の労力を使いたくないから
他人にうまく調子を合わせる。


学生時代のふたご座の友達が、
「就職の面接で自分の目に星を作れる」といったのが
「すごいなあ」と思って印象的だった。


これはふたご座のすごいテクニックでポテンシャルなんだけれど、
人に合わせていることばかりしていると
どこかで擦り減っていく。


もちろん、権力者とランチをしていたら 
おいしい、と調子を合わせなければならないし、


そういう嘘をつくほど
自分の生活を守ることができるのだけれど、


ふたご座は
小さな子どもが自分の中にいるので、
人に合わせて嘘をつくほどすり減っていく。


でも、2018年はこういう嘘をつくことに限界がくる


ラッキーカラーの水色は
ある種マイペースに周りに染まれない自分を持つ
という意味。


ちょっと感じ悪いと思われるかもしれないけれど
群れない、単独行動の自分。


誰かと一緒にお店に行って
「何に食べようか」の前に
「あ、私これたべる」と言ってしまうような感じが良い。


星空を見る


他の質問で


「仕事のことなのですが、普段はちょっとした不満があっても
自分の中でポジティブに解釈して乗り越えています。
でもどうしても理不尽なことがあると
上司であっても『お話したいことがあるのですが』と呼び出して自分の思いを
伝えてしまいます」



というのがあったけれど、
この人も、普段だったらポジティブに解釈して乗り越えられるけれど、
そういうことがしにくくなってきている、ということだと思う。


恋愛もそうだけれど、
他人同士が一緒にいるときには
合わせるだけでは限界が来るのが早い。


ふたご座はすごく知恵者で、相手が言ってほしいことを
先読みして言うことができるが
それがしにくくなっていく。


本音を取り戻すためにすること
「きれいな星を見に行くこと」
が幸運につながる。




星がきれいな田舎にいく、でもいいけれど、
田舎まで行かなくてもいいから人工物ではないもの
自然を見ることをやってみる。


それを見ることで
自分の本性を取りもどしやすくなる。


本音100がいい、嘘100がいいとかいうことではなく、
「これは合わせるために嘘をついている」と自覚できると
擦り減らなくなる。


仮面と素顔の区別がつかなくなるのが怖い。


ちょっと風に当たってみるような時間を
多くとってほしい。


恋愛対象として見られにくいという悩み


「女性・男性として見られず恋愛に発展しない」という
同じような質問が2つあったそう。


友達=嫌いにならない距離の人たち


しいたけさん自身「ものを食べるときにこぼす」傾向があるけれど、
(最近は気を付けている)
友達なら「バカだな」で済む。


憧れの男性が、そういう食べ方をしてたら醒める、LINEブロックするような感じで
恋に落ちるときには関係がデリケートになる


ふたご座は距離を保ちたい
傷つけあうところに踏み込みたくないと思っている部分がある。


ふたご座が恋愛対象として見てもらうには、
普段の自分とは違う感じの、
映画、舞台、小説などの作品の力を借りて開拓する。


ふたご座は、普段の自分とは違う、
例えば、暗いキャラを演じようとすればできる人たちだけれど、
それだと嘘になっちゃうので、


「演じる」のではなく、
普段の自分とは違うトーンの作品に触れることによって
自分の中の眠っている人格を刺激する。


普段人見知りの人は
ちょっと明るいミュージカルを観るとか。


普段高音の人が低音が出るようになる
低音の人が高音が出るようになる


ように知らない自分の才能を呼び起こすことができる。


ふたご座は「雑誌的」な人達なので、


インターネットと違って、
雑誌を1冊買うと、普段自分が関心がなくて
アクセスしないような記事も載っていて、
プロの編集者にそうした提案してもらえるので、


どんな作品を見たらいいのか分からなかったら、
雑誌を買うのがおすすめ。


質問:ふたご座が不調な時はどうしたらよいですか?


【質問】

時々何もかもうまく行っていないような気持になり誰にも会いたくなくなります。
2018年は空白ということですが、どんな風に向き合ったらよいですか?
充実感がなくなってしまうのではないかと不安です。


【答え】

空白になるというのは、
星を見るとか散歩するとか人間から離れること
人と一緒にいるとどうしても合わせる部分が出てくるから。


1日5分、1週間に3分でもいい


充実感がなくなるのでは?という部分に関しては

(ちょっと考えていいですか?というしいたけさん)

・・・
やはり2018年は「空白」が大きなテーマで
予定を入れないのが大事。
最初はすごく歯がゆいと思う。
だらだら携帯を見てしまうかもしれないけれど、
それでもよい。


今思いついたことだけれど、
ご近所探索をするとよい。


自分の生活圏で、新しい発見をできるような探索をする。

人間って自分の行動や人間関係が
だんだんパターン化してしまうから、
そこから新しい開拓をするといい。


新しい開拓をするためにすごく頑張るのではなく、
小さな冒険からやってみる。


近所にあるけれど入るのに勇気がいるお店に入ってみる、など。
(本当に危ないところには入らないでくださいね)


今までのパターンではなく
新しいパターンが作られていく。


ふたご座は2018年感じが悪くなってもいい


多少、感じが悪くなっても良い。

嫌われるようなことをしろ、という意味ではなく、


今までやってきたような
「いい人」「ムードメーカー」
「クラスのお調子者」の対応ができなくなるから。


お調子者でいると
自分でやりたくないことをどんどん引き受けなければならなくなるから。
「できません」「ちょっと難しいかもしれません」
と少し突っぱねるような儀式を自分でやってみてもよい。


風に当たる、キレイな星を見る、
プラネタリウムでもいいから
自分がぼーっとできる時間をとり入れてみてください。


スポンサードリンク


2018年上半期双子座インスタライブ・感想


自分は月星座がふたご座なので、
とても興味深かったのですが、


やはり、
表だってこう生きていきたいという方向を示す太陽星座と
裏のキャラである月星座では、
自分の中での意味合いが当然違って、


しいたけ占いにおいて、
まんま、「これだー」と思うのは太陽星座である
さそり座のほうなんですよね。


あと、しいたけ占いでは
ふたご座だから明るいとかではなく、


ふたご座の中でも
明るい人、暗めな人、人見知りな人
それぞれいるんだな、
(12区分しかしていないのだから、1つの星座のなかに
いろいろいて当たり前ですよね)


というのが改めて新鮮でした。





スポンサードリンク


 

シェア
人気の記事
関連記事
カテゴリー