ホーム » しいたけ占い » 2018年上半期しいたけ占いインスタライブ・【牡牛座】

2018年上半期しいたけ占いインスタライブ・【牡牛座】

読了までの目安時間:約 9分

2017年12月18日20時00分~20分の
2018年上半期しいたけ占いインスタライプ
【おうし座」の分を
まとめてみました。


一言一句の文字おこしではありません。
ダーッと書いたので、あとで文言は修正するかもです。

2018年4月25日の牡牛座誕生月インスタライブその1



スポンサードリンク



2018年上期おうし座の全体的な傾向


2017年はものすごく疲れている人が多い。


2017年は全員にとって暴走の年で、
良いことがあれば予想を超えて良すぎるし、
悪いことも予測を超えて行き過ぎていた。


2017年の裏のメッセージは
「うんざり」というのがあると思う。


ニュースを見ていても「そのニュースもうよくない?」と
言いたくなるような感じ。
(←ここはしりあすにとらえないで笑って聞いてくださいね、
と、しいたけさん)


2018年は、
おうし座にとっては、
フランス料理の、前菜とメインの間の、
「これから食べるぞ!」となるような感じになると思う。


2018年のおうし座の
キーワードは「完全オーダーメイドの巣作り」。


質問に「私は立派なブルドーザーになれるでしょうか?」
というものがあったけれど
(よく考えたらシュール・・・)


しいたけさんが、2018年上半期占いで、おうし座について
「孤高のブルドーザーモード」と書いたのは、


自分の行く方向性を決めてガーッといく、という意味ではなく、
更地にする、というような意味なのでそこまで暴走するような
ことを考えなくてもいい。


切り替えが苦手なおうし座


質問には「やる気が燃え尽きている」というものが多かったが、
戦闘モードになったら24時間そのままになっているのがおうし座。
切り替えが苦手なために、燃え尽きてしまうことがあるのだと思う。


以前のお客さんで芸能事務所のマネージャーの人は
自宅でもスーツのママ寝ていると話していたが
(その人自身はおうし座ではなかったかも)


おうし座には、戦闘モードを解除できないくて、


ノートパソコンのメインの電源を切りたくない、
立ち上がるまで時間がかかるから、みたいなところがある。


2018年はおうし座も、おひつじ座と同じように
オフをとることを考えたほうがいい。
(ここで舌打ちしている人がいるかもしれないけれど)


オフになるには、学校・職場と家の他に、
喫茶店などの、
良いことがあっても悪いことがあっても立ち寄れる自分の居場所を作る。



切り替えが苦手なおうし座は、
職場でも家でも「これをやらなきゃ」と
という意識が強くて、
たまにぶっ壊れる。


突然金髪にしたり、
パーティー用みたいなバッグを仕事で持ったり、
どこかで自分から壊れないと休めない。


居場所を持つことによって休む時間を持つことができる。


おうし座は子どものまま


おうし座は、童顔で子どものまま大きくなったような人が多い。


同窓会などで久しぶりに会うと、
子どものころの面影のままの人と
すごく大人っぽくなっている人とがいるけれど


しいたけさんが自分なりにデータを集めたところでは
童顔の人は(見たまま)子どものまま大人になっている。


そして子どものままの人の口癖は


「うるさい」
「うっせえ」
「はい、聞きませーん」


が多くて、

こうした方がいいよ、と言われても
「あ、大丈夫です」みたいな、
突っぱねる、反抗するという部分がある。


おうし座にもそういう傾向が合って、
突っ張り続けることは
休めない、弱音を吐かないこととの取引になる。


おすすめは、個人のおじさん、おばさんがやっている喫茶店。
しゃべらなくてもよくて、
何かあったときに察して、コーヒーの置き方がやさしい、みたいなところ。


おうし座は2018年に向かって、リリース前の緊張のようなものを抱えている
人が多いけれど、そこまで緊張しなくてもいいから、
戦闘モードを解除して
クソつまらない自分になれる時間を持つ。


恋愛についての質問


「いつも、相手から好意が伝わらないと踏み出せません。
余裕があり遊んでいる人と思われ、進展しないか、遊んでいる人しか近づいてきません。」


おうし座の外からのイメージは
クールさとエキセントリックさ。


好かれるのは「頼れる姉貴、兄貴」として見られるときだけれど
付き合ってみたらすごく子どもっぽい部分や
センチメンタルな部分があり、
心を開いた人に対しては
ダムが決壊するように重たい部分をぶつけることがある。


それができない人は、
すごく重い人を引き寄せたりする。
家庭環境がびっくりするほど重いとか。


恋愛は戦いではないので、
自分のすべてをぶつける必要もないし、
相手のすべてを引き受ける必要はなくて、
恋愛でも自分の居場所を作るようにしてほしい。


以前、ある編集者の人が話していたことで、

クリエーターは
シンガー・小説家タイプ
芸人タイプ
に分かれる。


その区分で言うと、
おうし座は芸人タイプで、自分の悲しみをネタにする人が多い。


(シンガーや小説家は、
失恋の記憶を歌や小説にして悲しみを悲しみとして出して
人々の共感を呼ぶ)


悲しいことをそのまま悲しみとして出さないで、
笑いにしてしまうことが多いので、


おうし座が素直に自分や相手と向き合うには
やはり武装解除できる場所が必要。



質問「どこにいても息苦しい」


【質問】
「どこにいても息苦しくて、
精神的にも体力的にも限界だと思います。
こんな状態で私は立派なブルドーザーになれるのでしょうか?
こういう状況は私が引き寄せてしまっているのでしょうか?」


【答え】
まず、ブルドーザーのイメージは
さっき説明したように
ガーッといくことではなくて
更地にする、整理する、ということなので、


今自分が頑張れないという状況に対して
無理に詰め込まないで。


2018年に向けてあえて準備とかはしなくていい。


息苦しい、という状況については、
バッグにヘンなぬいぐるみを入れて、
「友達と一緒に職場・学校に行く」と思うといい。


特大のぬいぐるみだとファンタスティックすぎるから
バッグに入る程度の大きさで。


ぬいぐるみと一緒に寝るのも〇。
(みずがめ座にもおすすめ)


男性もぬいぐるみを持って行ってもいいけれど、
いつまでも中学生みたいな、くだらないことを言って
「この部分については変に大人になってつまらなくなりたくない」
という部分を持っているようにする。


人と人は、分かろうとすればするほど分からなくなるものだから、
ぬいぐるみ、過去の親友、お世話になった先生など、
何も言わなくても自分を絶対に分かってくれる存在を、
空想でいいかから大事にしてほしい。


今、現実に付き合っている人とは、
そこまでわかりあわなくてもいいや、だって私には大切なこの人(空想の人)
がいるから、と思うくらいでいい。



スポンサードリンク


ラッキーカラー


おうし座のラッキーカラーは青。


残念ながら大人にならなければならないことも2割くらいはあるので、
クールダウンするために青。


怒りや悲しみが出てくると、
とことんいきたくなってしまうので、


結論を出す前にクールダウンすることを心がける。


利害関係がないカフェや喫茶店などを
居場所にするのもクールダウンのため。




スポンサードリンク


 

シェア
人気の記事
関連記事
カテゴリー