暮らし

0泊旅におすすめ❗JR東海ツアーズ「日帰り1Day」東京→名古屋でどれくらいお得?

JR東海ツアーズの日帰り旅行プラン「日帰り1Day」
自分は観劇遠征などでよく利用するのですが、意外と知らない人もいるみたいなので、お得度や、より安く利用する方法についてまとめました。

※東京駅利用の場合について書きました。
品川・新横浜・小田原は料金が異なります(もっと安くなります)。



JR東海ツアーズの「日帰り1Day」とは?

JR東海ツアーズで扱う、新幹線利用の日帰り・0泊旅行です。

利用できる列車が決まっていて、

往路:始発から7時台までののぞみまたはひかり
復路:18時ごろから終発までののぞみまたはひかり

という限定で、

乗り遅れたら次の列車の自由席にも乗車ができない
(つまり、全く新しく乗車券と特急券を買うことになります)

という制約がありますが、

名古屋行きツアーの場合で
最大14時間以上滞在でき、
同じJR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」で
往復するよりも安く、買い物クーポンも付く、という
お得なツアーです。

「日帰り1Day」東京→名古屋の料金

JR東海ツアーズの「日帰り1Day」は半年ごとにプランが変わり
設定がある曜日や値段が変わります。

2017年4月1日~9月30日に設定されたプランでは、
東京→名古屋の場合で、
最安値 15,300円(東京駅利用普通指定席の場合)、
JR名古屋駅の売店で利用できる3,000円のクーポン券が付きます。

ただし、
特定日(4/1、ゴールデンウィーク中、7、8、9月の連休)は24,400円になります。

また、月曜日の朝の、6:00東京駅発ののぞみ1号は4300円が加算されてしまうので
注意してください。

JR東海ツアーズには「ぷらっとこだま」というこだま号に限定したプランがあるのですが、こちらは通常期で片道8,300円、往復16,600円です。

「日帰り1Day」の方が、ぷらっとこだまで往復するよりも安いんです。

さらに、クーポン券でおみやげや帰りの駅弁なども買えるので

連休に関係ない日で、月曜日の6:00東京駅発ののぞみ1号を使わなければ、とてもお得です。

長距離バスと比べると?

長距離バスの場合は、夜行便でも、安いものでは2,000台からあるので、値段で言えば、バスの方がやはり安いです。

ただ、女性の場合、夜行バスは、寝ている間のメイクをどうするかとか、外出着のまま寝るのかとか、などの問題もあって、

メイク道具と着替えを持っていったら日帰り旅行でも荷物は1泊分になってしまいます。

といって、昼行便で行くと真昼間、移動だけに6時間も使うことになってしまいもったいない。
タブレットで仕事をしたり本を読んだりする、という人もいますが、私はすごく乗り物に弱くて、寝ているしかないので。

「日帰り1Day」ではのぞみに乗れるので
東京名古屋間が1時間40分程度。
朝出て夕方帰ってくるので、荷物も少なくて済みます。

切符は前日でも取れる?

今までの経験では金曜日の予約でも、前日にJR東海ツアーズの窓口に行って、列車が満席で取れなかったことはないです。

ただし、3日前まではネット予約ができますが、そのから先は、JR東海ツアーズの窓口で直接購入する必要があります。

JR東海エクスプレスカードでさらに割引

金券ショップで新幹線の回数券を買ったりJR東海のエクスプレス予約をするよりも安く往復できて、買い物クーポンまでついてくる、超!お得な「日帰り1Day」をさらに安くする方法があります。

JR東海ツアーズの店頭で買う場合、JR東海エクスプレスカードで支払いをするとツアー代金から3%引きになります。

ただし、複数人分を申し込むときにはカード所有者1人分のみの割引です。

エクスプレスカードは年会費1080円ですが、エクスプレス予約には必須のカードなので、東海道新幹線を年に何度も利用する人は持っていてよいカードだと思います。

「プラスEX」「スマートEX」ができたため、エクスプレス予約に似ている割引・モバイル予約サービスを他のクレジットカードでも利用できるようになりました。
ただし、運賃は、JR東海エクスプレスカードを使った「エクスプレス予約」の方が安くなります。

「日帰り1Day」はどこで申し込む?

JR東海ツアーズ公式サイト:出発の3日前まで申し込みができます。

※ただし、チケットを郵送してもらえるのは出発6日前の14時までで、その後はネットで申し込みはできますが、出発日前日までに支店に受け取りに行く必要があります。

JR東海ツアーズの店頭:出発前日まで申し込みができます。

JR東海ツアーズの公式サイトでの申し込みは、Yahoo!トラベルを通すこともできます。
Yahoo!カードを持っていて、エクスプレスカードを持っていないなら、Yahoo!トラベルを経由して、Tポイントをためるとよいですね。

買い物クーポンはどこで使えるの?

「日帰り1Day」についてくる
3000円の買い物クーポンは、JR名古屋駅構内の、(たぶん、JR系列の)お店で使えます。

2017年8月現在の使用可能店舗です。

1.ベルマート桜通口
2.キヨスク桜通口改札内
3.グランドキヨスク名古屋
4.ギフトキヨスク名古屋桜通口
5.ベルマート広小路口
6.ベルマート広小路口2号
7.ギフトキヨスク名古屋広小路口
8.ギフトステーション名古屋
9.ギフトキヨスク名古屋北待合
10.ギフトキヨスク名古屋幹北
11.ギフトキヨスク名古屋エスカ
12.ギフトキヨスク名古屋幹南
13.ギフトキヨスク名古屋南待合
14.ベルマート太閤南口

これらのお店で売っているのは、

基本的には、お土産用のお菓子や食品、駅弁、飲み物、ご当地キーホルダーなどおみやげものですが、

コンビニエンスストアの「ベルマート」ではモバイルバッテリーなどもおいています。

クーポンはおつりがでないので、1回の精算ですべて使い切らなければなりません。

3000円をオーバーした分は、お金で払ってください。
(たぶん、クレカや交通ICカードでも大丈夫だと思います)

私が今回グランキヨスクで購入したものです。

小倉トーストラングドシャ 2点 720円×2=1440円
牛すじ煮 864円
リラックマのご当地キーホルダー 594円
いろはす 102円

なんと、3000円ちょうどでした。

まとめ

私は京都、大阪でも「日帰り1Day」を利用することもありますが、
関西の場合は2週間前くらいまでに予定が立てば、飛行機利用のツアーがけっこう安かったりするんです。

東京⇔名古屋では新幹線を使うしかなくて、
新幹線+ホテルのプランってそこそこ高いし、使う列車によって結構な差額料金を取られたりするんですよね。

なので、日帰りでなんとかなる場合は「日帰り1Day」にしてしまいます。

クーポン券で買ったご当地キーホルダーなどはメルカリで売ることもあります。

長距離バスよりは高くつきますが、長時間乗り物にのっているのは苦手、という人には、のぞみを使ってこの値段、というのはぴったりだと思いますよ。




AD関連コンテンツ


AD関連コンテンツ