暮らし

カシオ腕時計 スタンダード A158WA-1JFのベルト長さ調整

スポンサーリンク
スポンサーリンク


カシオのA158WA-1JFをAmazonで購入したのですが、
こういう場合、ベルト調整はしてもらえないので、
買ってから自分でやりました。

こちらのページを参考にさせていただきました。

A158WA-1のベルトはスライド式なので、
コマを外したりせず、4㎜以下のマイナスドライバーがあれが
自分で長さを調節できます。

バネ外しが要らないので、
簡単です。

カシオ A158WA-1JF

ところで、カシオのA158WA-1JFは、
「チープカシオ」「チプカシ」と呼ばれている商品群に入ります。

私は今回このタイプの腕時計を初めて買ったのですが、
確かに安いだけあって文字盤やベルトが薄いです。

デザインは、この80年代っぽい雰囲気が好き、
という人も多いようです。

プロパーでは3000円以上しますが、
Amazonで1000円切る値段でした。

スポンサーリンク

スライド式の腕時計ベルトの長さ調整に使う道具

たぶん、こういう小さいドライバーのセットは
どこのご家庭にもあるのでは。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツールメイト 携帯用ミニドライバー6本組 NO.889
価格:395円(税込、送料別) (2017/3/13時点)

また、金具の落下防止と
ベルト長さ決めをするため、セロハンテープ(私はメンデングテープを使いました)
を使います。

スライド式の腕時計ベルトの調整の仕方

まず、スライドさせる金具がある側のベルトのはじっこに
テープを貼ります。

ベルトの幅よりもすこし幅広めに張って、
ロックを外した後、金具が落下してしまうことを予防します。

もう1枚、少し長いテープを縦に貼り、
裏側に折り込んで止めておきます。
これは、手首に巻いて長さを決めるときに使います。

幅4㎜以下のマイナスドライバーを、
スライドする金具の↓の手前のスリットに、
この方向から差し入れ、起こすようにしてロックを外します。

(↑ひっくり返したところ)

腕時計を裏返しにして止めてあったセロハンテープをはずし、
手首に巻き付けて長さを決めます。

ベルトのはじっこよりも少し外側に、
目印を付けて(元のサイトでは親指の先で
抑えておく、とありましたが、
短くきったセロハンテープを用意しておいて貼ってもいいと思います。
私は親指の先でマークしました。)

手首から外し、
その位置まで金具をスライドさせます。

位置を決めたら、再び金具をロックして
動かないようにします。

外したときとは反対方向からマイナスドライバーを入れて
ぐっと抑えるようにするとロックされます。

調整後

この時計はメンズ用です。
私は女性としてわりと手首が細い方で、
ずいぶん、長さが余りました。

が、これを切る、というのは
あまり簡単にはできなそうです。

ただ、男性用としてはわりと小さめな作りらしく
余ってどうしようもない、というほどではないので
しばらくこのまま使います。

コマを外して長さを調整するタイプのベルトは
バネ外しが面倒ですが、
余ってしまうことはないわけですよね。

似たようなモデルで、レディース用の
LA-670WA-1JFと迷ったのですが、
文字盤が小さい、というレビューがあったので、

あえてメンズ用にしました。

1日付けてみた感想は、
軽いといってもベルトがステンレスですし、
無駄に余った分も残っているので、
女性の私にはそれなりの重さは感じ、
Amazonレビューにあるように、「付けているのを忘れる」
というほどではありませんでした。

また、もしかすると、私が買ったものは
金具の止まり方が甘い個体だったようです。

まあいずれNATOベルトのナイロンに替えて軽量化する予定なので、
ここはいいですが、日中、外出先で二回程金具が外れました。

ムーブメントについてははずれの個体もあるみたいですが、
2、3ヵ月使ってみてまた使用感を書きたいと
思います。

<スポンサーリンク>

AD関連コンテンツ
スポンサーリンク


AD関連コンテンツ