しいたけ占い

しいたけ占い2020年下半期蠍(さそり)座インスタライブメモ

しいたけ占い2020年下半期城座

しいたけ占い2020年下半期蠍(さそり)座インスタライブメモ

2020年6月30日の、しいたけ占い2020年下半期蠍(さそり)座インスタライブより、私が気になったところをメモした内容です。
話された言葉をそのまま書き起こした内容ではありません。



2020年下半期蠍座のテーマ

「押しかけ座敷童になる。
私が来たからには大丈夫。
一緒に頑張ろう」

蠍座ってすごく不思議で、矛盾する大きな力を1つの肉体に収めているようなところがあって、

いや、私は自由にやりますよ、やりたいようにしてやるぜ、という暴れる気持ちと、

好きになった人・場所・運動などを見つけると、全財産差し出すまで応援しちゃうところがあって、

才能を愛する人たちで、才能を見つけるとほおっておけなくなってしまいます。

才能って1つの枠には収まれないエネルギーの高さ、というのが才能を持っている人の宿命があるから、
ほおっておいたらつぶされることもあるんですね。
蠍座はその才能の守り人、体現者という部分があります。

会社の創業者って才能や、あるセンスに秀でている人が多いんですけれど、
うまく会社は、社長の片腕がすごい防御力を持っているとか、見えないトラブルを先回りしてつぶしたり、社長に注意を促すとか、
そういう人なんです。。

蠍座は、その、社長と片腕の両方の要素を持っています。

好き勝手にやるぜ、という攻撃面と
いやこれが仕事だからミスは許されない、という防御面
の両方を持っています。

だから蠍座は時期によって言うことが変わることがあります。

好き勝手やらないで何の人生か、とうモードの時と、
仕事なんだから楽しいことだけやるんじゃないよ、という守りを固めるモードの時が時期によって揺らぐことがあって
周りがちょっと混乱するときがあります。

2020年下半期は応援係というか押しかけ座敷童なんですが、
改めて、1人ではなく2人で、がテーマになってくるんですが、正直、今はちょっと迷いもある時期です。

2019年あたりで蠍座はいったん燃え尽きていて
なんのためにがんばればいいんだろう、といったん立ち止まったところがあるんですね。
大人にならなきゃ、いやまだ暴走するぜ、とう葛藤もあって。

2020年は、「もう1回勉強させてください」、という再スタートになっています。

自分で考えて自分で答えを出していくというよりも、
人間関係も、お互いに、何か教えてくれる人、刺激になる人、師匠になる人、友達でもリスペクトできる人とペアでやっていく蠍座が多くなってきます。

今の蠍座への注意点は、

「未来をあせらなくていい」

ということです。

ありがとうとごめんさいが言える、という基本が大事になっています。

蠍座は心のどこかで、どうせ自分ははみだしもの、というのがあると2020年下半期では、悪い方にそれが出て本来その人が持っている魅力が出せなくなるから、
今からでも勉強させてもらうとか、初心者にやっと戻れたか、という気持ちを持っていてほしいです。

蠍座には、今、本当にお疲れさまと言いたいんですけれど、
大好きな人の顔を見て自分の糧にしていくことができる人なんですね。
親友みたいな人とかといっしょに自分も一緒に上げていくことができるし、観察力の人です、やっぱり。

ここにテキストを入力
この箇所なんですが、

蠍座に対してお疲れさまと伝えたい→蠍座は大好きな人の顔を見て自分の糧にしていくことができる

というのが、なんどか録音を聴いても
何がお疲れさまなのか、はっきり言われていまぜん。

もしかすると、
蠍座は大好きな人・親友(あるいはグループ、活動など)を見ることで自分も何かを得て一緒に進んでいくタイプなのに、新型コロナの影響で、上半期「見る」「会う」ことができなかったことに対しての「お疲れさま」なのかな、と思いました。
今回のインスタライブでは、12星座通してしいたけさんは一度も「今新型コロナで大変で」とか「今後もまだ先が見えない」とか、コロナがらみのことは一切直接言及しなかったので、あえて、そこはぼかしたのかな、と推測しています(違うかもしれませんが)。

2020年下半期蠍座の恋愛面

2020年下半期蠍座のテーマの一つが「率直な意見」というのがあって、
そもそも蠍座がどういう人に魅かれていくかというと、相手の中に熱量を感じた時なんです。

蠍座が「あんたもうバカじゃないの」と言ってしまう人、
バカじゃないの、という言葉が出てきたらもう惚れています。

蠍座は、「私だけはあなたの夢を後押しするし、見届けるよ」、という見届け役になってくれるありがたい人なんですね。
10年ぶりに会った時にも「あの時がんばっていたことどうなったの?」と言ってくれる人たちなんです。

蠍座がそこまで熱さ、祭りを大事にするのは、
人生を祭りで終えたいと思っていて、人生の中で100℃を何回体験できるか、100℃があるから乗り越えられる、ということが蠍座を支えているから。

蠍座は、この瞬間があるから、日常をなんとかがんばれる、100℃の瞬間、奇跡の瞬間を体験するために生きている、激熱の人たち。

2020年下半期に100℃をふたたび見届けるために0℃からまた再出発というか、作っていく、というその熱さをもっていてほしいです。

僕(しいたけさん)は、才能やその人の輝きは「むいていないよ」と言われてからがスタート、という点があると思います。

誰かから強く否定されたら凹みますが、
半分は真摯に受け止めて、
半分は「バッキャローてめえ」というのを持って、自分なりのやり方を考えていくんです。

自分だけじゃなく、1対1だけじゃなく、自分たちの100℃をみんなで作り上げていくことができるから、ぜひ蠍座の活躍をお待ちしています。

(途中で恋愛の話からちょっとはずれたような・・・?)

2020年下半期蠍座からの質問としいたけさんのアドバイス

2020年下半期蠍座が主役になるのは難しい?

今がんばっていることがある蠍座です。
自分以外の何かを応援するのではなく自分自信が輝きたいのですが、
2020年下半期は引き立て役ではなく、自分が主役になるのは難しいのでしょうか。

【しいたけさんのアドバイス】

主役になるのが難しいということではないです。
主役になるには、誰に指名されて応援されているのかを意識する必要がすごくあります。

10人中10人から評価を得るというのは難しくて、
このマニアックな課長1人には認めさせてやる、みたいに意地になることで得るものがすごく多いいです。

今の蠍座は「温度を分け与えていく」ことがすごく大事で、
主役になれる人は、まわりに自信を上げている人、人にプレゼントを渡している人なんです。

たとえば、あるお店で、そのお店の自信作を受け取った時に
これすっごいうまいっすね、ということが言うことができる人。

蠍座は、2020年下半期、自分のファンを得ていきます。
この人を応援してきてよかったという人たちに期待をちゃんとされて、それに応えていくことができるようになっていきます。

自分に自信をつけたい人、自分が主役になりたい人は、周りのために自信を上げていく。

ありがとうというお礼をちゃんと言える人は、それだけで、人の労力や自分のために使ってくれた時間ををちゃんと見ている、それだけで
周りの人体からこの人を応援してきてよかったと思われるから。

温度って一人で上げていくことはすごく難しくて
主役になるために、みんなと音楽を分け合っていくことをやってみてください。

最近「仲間」がキーワードになっている気がします

下半期、自分の音楽をガンガンやっていこうと思っていましたが、最近、「仲間」がキーワードのような気がしていて
下半期占でも押しかけ座敷童というキーワードが出ていました。
そのような活動をしていくと、自分にどのような影響があるのかを教えてください。

【しいたけさんのアドバイス】

2020年下半期の蠍座は、

一緒に上がっていこうぜ作戦

なんです。

2020年の蠍座は揺らいでいる時期でもあるんです。
他人につくすのも疲れるし、迷ってしまうことがあると思います。

改めて勉強になる刺激になる他人を見つけ出していっしょにやっていこうぜ、という作戦になっています。

自分にとって気になる人が、なんのためにがんばっているのかを探ってみてほしいです。
例えば、この人はおいしいごはんを食べるためにがんばっているとか、それをまねしていいです。

これはぜひ言いたいんですけれど、自分にとって刺激になる人って
実は、相手にとってみても自分がその相手にとって刺激になっていることって、思っているよりも結構あるんです。

今期は、自分が刺激を受ける人にターゲットを絞っていいと思うんです。

自分もその人の刺激になれたらいいな、という願いを持って、お互いを高めあってください。

蠍座がダークサイドに行くのって、
誰かから否定されたりして、こいつめちゃめちゃ気にくわない、という人、蠍座はけっこういると思うですけれど、
そういうどうしても合わない人を気にしすぎると、穴にはまって動けなくなったりしますから。
それよりもこの人と未来においても刺激を受け合いたい、という人を作ってください。

小言を言われたり否定されたりすることも、チャンスだと思ってほしいです。
下半期は率直な意見を言い合うこともテーマなので、勉強だと思ってください。

恋愛に前向きになるには?

身近な人に冷たくされたり八つ当たりされたりすると気に病んでしまい、
上司の言葉に踊らされてこの人はこういう意味で行っているのではないか気にしすぎる性格のためか、ストレス性胃腸炎になって2年になります。
こんなに自分のことに精一杯で、絶対に重荷になると思って、いつも彼氏とか恋愛興味がない、と言ってしまいます。
今後恋愛に前向きになるアドバイスをお願いします。

【しいたけさんのアドバイス】

バカを見つけてください。
一銭の得にもならないけれどこういうことに夢中になっているとか、
勝負で何回も負けても「あと1回」と食い下がってくるとか、
そういうバカって、人を元気にします。損得を超えている人だから。

バカでいいんだ、と思えると楽になる部分が出てきます。

ストレス性胃腸炎、とのことですが、本当にお疲れ様です。

こういう方にやってほしいのは、人じゃなくて、自分にとって、裏切られることができる場所を見つけることです。

一番の期待に応えるのがこわい人は、二番手の店を用意してほしいんです。
予約がいっぱいなら、この店をキープできる、という店って、
一番手を超える安心感を得ることができるんです。

一番手が予約でいっぱいの高級フレンチなら、二番手は3000円で満腹になる場所。
そういう店を見つけて通うと、
へんな話、行かなくてもいいやという安心して裏切られる場所を持つと蠍座は結構のびのびできるから。




AD関連コンテンツ