しいたけ占い

しいたけ占い2020年下半期蠍座インスタライブメモ

しいたけ占い2020年上半期インスタライブ蠍座

2019年12月18日の、しいたけ占い2020年上半期蠍(さそり)座インスタライブより、私が気になったところをメモした内容です。
(完全な書き起こしではありません)



蠍座2020年上半期のキーワード

2020年上半期の蠍座のテーマは

バック一つだけを持ち、新たな旅立ちへ。新しい景色が私を待っている。

僕(しいたけさん)、自分の占いでは、めったに1位、2位、3位とか順位をつけないっていうのは、自分の哲学としてやらせていただいているんですけれど、

そういう、星座占いの「今週の順位」みたいなことじゃなく、
2020年の蠍座は物凄い絶好調です。

じゃあ、他の星座はどうなっているの?みたいな話になるから、あんまりこういうこと言いたくはないですけれど、
蠍座がすごい報われていく、というのがあって、
そこってどうなっているのか、を今日はお話ししたいと思います。

2020年上半期、スタートのハードルはあげすぎない

ぶっちゃけて一言でいうと、蠍座は生まれ変わっているみたいなところがあるんですね。

まず、蠍座の運命的なことから話すと、
蠍座って、やっぱり人生の中で急に荒れ地の整備を頼まれる、みたいな人たちなんですよ。

自分で意識していないんだけれど、

例えば、就職した先が、すごい人間関係がギスギスしていて、
なんとか、自分が次のリーダーになる時までに、
長い時間をかけてその店を立て直すだとか、
そういうことについては、天才的なところがあるんですね。

蠍座は蟹座とちょっと似ているところがあるんですけれど、
ある種の修理屋さん、みたいなところがあるんですよ。

自分がある人間関係なり組織なりの内部に入って、
これだけ素晴らしい宝物があるけど、ぜんせんそういう良いところを発揮できていない、となったら、
カナヅチと釘をもって、一つ一つ注意をしてくる感じで、憎まれ役を引き受けて
「あなたはもう、ここから去って下さい」ということも言ったりします。

その修理をする機関は、2018年までに終わっているんです。
もちろん、2019年まで引きずった人もいるんですが、

この2018年、2019年は、次の2020年からの旅立ちのために
恩返し期間みたいになっている蠍座の人たちが多かったんです。

だから、今までだったら蠍座は運命的に、誰かが残したものとか、誰かから渡されやものを低迷に磨いてお返しする
といったことをやり続ける人が多かったんですが、
2020年の蠍座は、自分でほしいものを手にいれて、自分の好きなようにリフォームしていく、改造していくという、
非常に楽しい道が始まっていくんですね。

なので、2020年の、ひとつ大きなアドバイスとしては
スタートのハードルは上げすぎないほうがいいです。、
とりあえずはじめてしまうというのをやってみてほしいです。

やっていく中で自分で形を改築していくとか、改造していく、とのがすごくあります。
今、やりたいなって思ったらとりあえずやってみていい気がする。

たとえば、旅行だったら、
どうせ行くなら海外くらい行きたいよね、ってあるじゃないですか。
でもそういうのって、結局いつまでたっても実行されないっていうのがあるから、
もう、近場でいいから行っちゃう。

それで、じゃあ次回はここを重点的に回っていこうとか。
最初は、現地を視察するみたいな感じでやっやったらいいかなと思います。

それで、もうひとつまた説明したいんですけれど、
変なアドバイスになるんですけれども、

2020年はあんまり人の役に立たないことをやっていただきたいんです。

僕、これは蠍座固有の性質だと思うんですけれど

耐えて耐えてがんばって尽くして、
どんなに苦労しても、最後に「ありがとう」と言われたら報われちゃう、という
なんか江戸時代みたいな、人情みたいなところがあるじゃないですが。

蠍座って、2時間の映画だったら、1時間59分つらくても、最後の1分間でありがとうって言われたらそれで報われてしまう、
みたいなところを、ちょっと持ってる人たちなんですね。

そこはもう、娯楽映画にしていただきたい。
一番はじめから自分が歌って踊ってるみたいな映画にしていただきたくて、

ある種の、苦労のにおいを感じたら逃げる、ぐらいのつもりでいい気がします。
すでにそういうことをやっている蠍座もいると思うんですけれど。

ちょっとそこだけ注意していただいて、役に立たたいことをする。

人の役に立つことは、すごい美しいことだし立派なことなんだけど、
それによって自分が潰されてしまう可能性ってあったりするんですね。

だから役に立たない時間を持つのは、これ以上引き受けたら潰れるぞ、という
自分の堤防になってくれるところがあるから結構大事です。

蠍座からの質問としいたけさんのアドバイス

恋愛に発展させるのが苦手、蠍座おすすめのアプローチ法は?

2020年新卒の蠍座です。まわりの人に恵まれていることを日々感じながらも
ずっと恋人ができないことが最近悩みだと思うようになりました。
出会いから恋愛に発展させることが苦手で、このままずっとひとりなのかなと不安になってしまいます。
他のことならすぐ行動に移せるのですが、恋愛面でどうしていけばいいのかわかりません。助けてください

【しいたけさんのアドバイス】

嫌なことに聞こえたら申し訳ないんだけど、
蠍座が最後に「ありがとう」って言われたい、というのは
裏を返せば、やっぱりめちゃくちゃな負けず嫌いっていうところがあります。

蠍座って、人間関係の中で自分の記憶から消す人物が出てくるんですよ。
こいつ絶対嫌なやつだから私の記憶から消す。だれだっけ?お前、みたいなのがあります。

それってどういうことかというと
自分が嫌だと感じる人に対して、何か自分が負けたと思わせるシーンがあったら
自分が相当深くえぐられる傷を受けてしまう、ともう予感してるんですね。

だからそ、負けないため、そういう変なことで傷つかないために
自分で記憶を消すって言うか、あんた誰でしたって?というものを持っているところがあります。

今何が言いたいかというと、
恋愛をしていくために、買って楽しい服を買っていただきたいですね。

ファッションって色んなやり方があると思うんですけど、
例えば人前に出られる格好とか、出て恥ずかしくない格好とか、
ちょっとしたおしゃれなお店で食事ができる格好とか、

「おかしくないファッション」

っていう方向が大きいじゃないですか。日本のファッション文化って。

いや、ファッションについて
あんまりこう大きな口叩きたくないですけど、

一着でいいから、買って楽しくなる服は持っててほしいですね。

僕のイメージだと、
あの、アンチャッチャブルの山崎さんってすごい大好きなんですけど

自分の、たんすの中に、
一着、ザキヤマさんを入れるイメージです。

にぎやかしというかエンターテイナーというか、
その一着を見るだけで、なんかにやっとしてしまうとか、楽しい気持ちになってしまうみたいな、
そういうザキヤマさん勢力を、2、3着潜り込ませていただきたいです、洋服ダンスの中に。

ジャケットとか靴でもいいし、ハンカチとかでもいいです。

ハンカチとか靴下とか、外から余り見られるものじゃないから、
おすすめです。

そうすると自分が着て楽しい服から、
楽しい、っていう感覚が出てきます。

蠍は、どこか恋愛面においても
この人に「ありがとう」と言われなければという
なんかねもう田舎の母ちゃんみたいなことをやっちゃうところがあるんですよね。

なんかその彼が風邪を引いた、って聞いたらお米を届けるとか。

ソレはもう母ちゃんがやればいいから
あなたはちょっとザキヤマさんバッグを、自分にちょっと受け入れていただきたいです。

これをやっていただくと、なんかあなたといると楽しい、というすごい健全な、
自分自身でこの人と一緒にいると楽しいっていう方向が見えてきます。

だから2020年の恋愛は、ちょっと相手がバカでもいいと思います。
バカっていうのは褒め言葉として使いたいんですけれど、

何か楽しいこと至上主義みたいになってくるから
深刻に色んなことを捉えるのではなくて、責任から離れて楽しさってのを重視していただきたいなと思いました。

蠍座の勝ち抜けグセから抜けるには?

蠍座です。2020年上半期の蠍座を読みました。
その中で、蠍座は勝ち抜けの欲からも自由になってほしいというアドバイスがありましたが、
これについて、私はまさに今、これは私が本当にやりたいことなのか疑問に思いながらもしちえる仕事があります。

多分それがパフォーマンスにも出ていて、でも相手からもうこれで終わりにしましょうとい言われるのが怖くて、
またせっかく手に入れて仕事でもあり、未練と執着もあります。
まさに勝ち抜けたい。この欲から自由になるには具体的にどうしたらよいでしょうか?

【しいたけさんのアドバイス】

これはすごく面白くて、蠍座の勝ち抜けグセってあって、
実例なんですけど、僕は昔、蠍座から転職についての相談を受けたことがあるんですが
転職する前に一体この店のナンバーになってから辞めたいっていう、
それで5年ぐらい続けてる人とか知っているんですよ。

じゃあ、なんで蠍座にそういう勝ち抜けグセが出るかというと
蠍座ががんばる動機として、潜在的にムカつく人間がいるんですよ。

もう絶対こいつには負けたくねえみたいな、
で、こいつに勝って、もう参りました、と言われてから次の新天地に行きたい欲望がある星座なんです。

ごめんなさい酷いこと言ってますよね。

蠍座は、自分が一番情けなかった時のイメージを覚えてる人なんですね。

たとえば仕事を始めてぜんぜんお客さんが来てくれなかった時の自分であったりだとか、
ぜんぜん勉強について行けなかった時の自分とか
家の家庭問題とかでも一番ひどかった時とか、
苦痛に満ちた風景がすぐ隣にあるんです。
だから夢でも油断すると悪夢を見やすい人たちなんですね。

だからやっぱり負けちゃいけない、
自分が一回でも負けたりナンバーワンになれなかったら、
もう一回一番出来なかった時の自分に戻るんじゃないか、
という異常な恐怖心を抱えて生きてる方たちなんです

それに関しては、もうテクニカルに、自分で自分をさわりながら

「大丈夫」

って言い続けてください。

自分で自分を慰めて、もう乗り越えてきたじゃん、って言って、
自分にとって一番話し合いができる頼りになる先輩を自分で引き受けてやってほしいです。
かあちゃんでもいいです。

大丈夫だからあなた、って。

それやっていただくと、なんかね自分のこうもそこまで苦労しないタイミングで
次の自分の新天地に行くことができたりするので、ぜひおすすめしたいです。

蠍座の落とし穴恐怖症

蠍座の二十代前半です。
中学生の頃から目指してる職業があるのですが、
最近になって、その職業に関することで波が来ていると勝手に思っています

でもそれに伴って周りの変化に怖じ気ついてしまい、いつかひどい落とし穴にはまるじゃないかと怖いです・

2020年、落とし穴にはまらないように気を付けた方がいいことってありますか?

【しいたけさんのアドバイス】

これもまさにさっき言ったことと関連していて、

やっぱりね、落とし穴恐怖症は、蠍座にはありますね。

落とし穴って、
覆すようなことを言っちゃいますが、そんな怖くないですよ。

ただ唯一怖い落とし穴があって、それは自分が100点を取ってしまったときに入る落とし穴、
これはすごく怖いです。

蠍座に対して、この点でアドバイスをしたいんですけれど、
僕はこれが蠍座の人から学んだことなんですけれども、

自身がイジワルまでになる必要はないけど
イジワルなものの見方は覚えておいた方がいいかもしれないですね。

どういうことかいうと、自分にとって、例えば人間関係の理想を100点満点にするんじゃなくて、
現実的な75点くらいにしておくんです。

これは僕の中の悪魔がささやいているんですけれど、
例えば付き合ってすぐに彼氏なり彼女の自慢をSNSでうわあっと書いちゃう人って、
やっぱりこう、それなりの時間生きてきた側の人間としては「あぶないな」と思うじゃないですか。
それは、理想像にあてはめすぎてしまっているから。

100点からの転落ってすごく速いんですよ。
でも75店にしておけば、ここはいまいちだけれどここが好きってなっておけば、
結構そこからのリカバリーが速いから。

ぜひ、75点っていうのをやっておくと、しぶとく理想に繋げることができるから
ちょっと頑張ってみてください

蠍座からの感想

私自身が蠍座なんですが、

記憶から消している人がいるとか、
がんばる動機に潜在的に大嫌いな人がいるとか、
落とし穴恐怖症がすごいわかりますね(爆笑)。

私は、あまり深くない関係の相手との待ち合わせは
時間の大分前につくことが多いんですが、
遅刻して謝る、という弱みを作りたくないから、という理由がかなり大きいです。
そういうところはすごく負けず嫌い。

ものすごくリラックスして付き合える相手であれば
まあ、電車が遅れたりしなければ間に合うくらいに行きます。

毎回、しいたけ占いインスタライブは、
あてはまりすぎて笑っちゃいますね。

スタートのハードルは上げすぎない

は意識してやっていこうと思います。




AD関連コンテンツ


AD関連コンテンツ