しいたけ占い

しいたけ占い2019年下半期魚座インスタライブメモ



しいたけ占い下半期魚座

2019年7月9日の、しいたけ占い2019年下半期魚(うお)座インスタライブより、私が気になったところをメモした内容です。
(完全な書き起こしではありません)

最後の「魚座からの質問」にたいするしいたけさんの答えは、
12星座全員に読んでいただきたいです。
(目次から飛べます)



魚座2019年下半期のキーワード

「今までにない冒険。自分で決めた自分の限界を打ち破っていく」

いっつも魚座は最後になってしまってすみません、とあやまるしいたけさん。

まなみ
まなみ
でも、12星座ごとに、「待たされた」ときの反応が違い、一概に、逆からにしたり、シャッフルしたりすればいいわけではない、と別のところで言っていました。

大反抗期

今の魚座は、反抗期大突入。

反抗期といっても、別にひたすら逆らいたい、とか学校に行きたくないとかではないです。

人間は、次の景色を見ていきたくなる、
今の自分の現状で満足できなくなるようなことってあります。

みんなから見たら70点、80点は十分高得点なんだけれど、
なんか、80点の自分がゆるせん、みたいな。

生きていくうちに、
肩の力を抜きなよ、というアドバイスが受け入れられない時って必要だと思うんです。

そういうときは、ひたすらチャレンジしたくて、優しい言葉を聞きたくない。

今の魚座は、70点では満足できない時で、
他人から「よくやっているよ、あなた」と言われても満足できない。

食べログのようなお店の採点って、もちろん、全部あてにしすぎてもいけないけれど、
ああいう評価サイトって、☆が3.5だったらものすごい店じゃないですか。

☆が4点だともうかなりおかしいレベル。
ある産地のお魚がはいらかなかったら、今日はもうそのメニュー出さない、というような、
お店もお客さんも選ぶ、ある種の変態的な世界、コスト度外視、という部分がある世界だと思います。

今の魚座は、量産型よりは、その☆4点の店のように、
自分がすごい感覚を研ぎ澄ませて、0点か100点かの世界に身を投げ出したい、という荒ぶる気持ちが出てきます。

動かされるタイミング

占いをしていると、
人間には、動くタイミングというのが出てくることがあります。

ただ、動くタイミングというのは、半分以上は動かされてるタイミングです。

チャンス、というのは、
はじめは「できないからできないからやってみます」
で始まります。

今の自分ではできない、急ピッチで自分を成長させて、ようやく、そのチャンスにふさわしい自分に同時進行で成長していく。

だからこそ、今の魚座に対する常識的なアドバイスとしては、
休むときに休んでください。

今年は、かなり急ピッチだから、
これが不満足で終わったら、すぐに次に取り掛かりたい、というきもちがあるかもしれませんが、
あえて1日は休む、あえて1週間休むなどの空白が大事になります。

すぐに失敗を取り戻さなきゃ、
すぐに次のチェレンジをしなきゃ、とやるのではなく、

あえてここまでやったから、いったん3日間の空白を淹れよう、ということが大事になってきます。

なぜそのチョコレートが好きなのか?を説明してみる

今は、他人から評価される時期でもあるし、自分がやっていきたい仕事、自己表現をやっていく時ですが、
そのときには、ホットな気持ちだけではなく、自分を客観的に見る力が必要になります。

たとえば、
どこかの会社に自分を売り込むときって、いかに自分のことを客観的に説明するか、ってことじゃないですか。

僕は就活は全部落ちているので何のアドバイスもできませんが、としいたけさん。

自分を客観的に説明する時、一番、腑に落ちた話なんですが、

ある経営コンサルタントの方が「自分を客観的に説明する」というテーマでしていた話の中に、こんな質問がありました。

  • あなたはどのチョコレートのメーカーが好きですか?
  • そのチョコレートが100円から150円に値上がりしたら、そのチョコレートを買いますか?
  • 買うとしたらなぜですか?買わないとしたらなぜですか?

自分が、そのチョコレートが好きな理由を説明できる人ってあまりいないと思うんです。

昔から食べ続けてきたからとか、親がよく食べていたからとか。

自分を客観的に説明するにあたって、
「コンビニに行って何を買うか」みたいなことは、すごく深く自分に根付いています。

なぜか分からないけれど、歯磨きのパッケージはこれを選びたい、白と緑色なので、私は”清潔感”がすごく好きなんだな、とか。

今の魚座はそういう自分の理由付けを
屁理屈でいいから、説明していった方がいいです。

これは、僕(しいたけさん)が友達がいない時期からやっている、
”ひとりドキュメンタリー番組”をやってほしいです。

あなたが好きなチョコレートは何ですか?
とインタビューアーに質問されて、

「私が好きなのって、あのチョコレートかな」

みたいに答えていくと、すごく深い境地に行きます。

あ、だから私こういう人が好きなんだ、みたいな真理を発見できたりします。

実在の他人に話すよりも
空想インタビューごっこのほうが、自分を深掘りできます。

今の魚座は、次の自分の世界を広げるためにふろしきを広げる時期です。
いわゆる、玉石混交というと失礼だけれど、
ほんものの人とも、普段だったら関わらないような人とも合うペースを上げていった方がいい時期です。

あとから整理整頓の時間が来たりますが。

いろんな人と会う時に、人の判断って難しいところがあって、
誰かと会った後で、
電車の中でとか、家に帰ってからでもいいのですが、
やっぱりインタビューをしてみてください。

「あの人と会ってどうだった?」

「今日、こういうことを言われていたけれど、正直どうだった?」

とか、それに対する答えを覚えておくといいです。

今の魚座はいろいろなチャレンジをする時期なので、すこし興奮気味高揚感があり、そのために、なんでも愛してしまう可能性もあります。

だから、どこかでしたたかさとか、今の場面はあわせているだけ、という感覚も必要になります。

2019年下半期魚座の恋愛面

魚座は大変革キャンペーン中だから、
いろいろな人に会っていくことは大事にしてほしいのですが、

”距離感”も、大事にすることが恋愛につながりやすくなります。

自分の時間、相手の時間も大事、。

自分を深掘りして、
自分にとってはこういう時間が大切で、と言った価値観の話がすごく重要になってきます。

ぜひ、ひとりインタビューをお勧めします。

まなみ
まなみ
別にやり方とか、特別なものはないそうです。

魚座からの質問

「魚座の下半期占いを拝見しました。
全体的に、猛々しい荒っぽさを感じました。
自分が求めている日常はゆったり、やわらかにおおらかに、というものだったので、
少し戸惑っています。」

もちろん、僕(しいたけさん)が書いた、荒々しさ、猛々しさには、ちゃんと意味があるんですが、
人の意見は、別に全部を拾わなくてはいけないわけではないんです。

これは今の魚座が大事にしてほしい感覚だから言っておきます。

言い訳みたいになりますが、

「せっかくこの人がここまで言ってくれているんだから」

というのは僕は一つのだと思います。

その意見は賛成です、でもこちらの意見には賛成しかねます、
というのが正常なコミュニケーションです。

占い師というのは特殊なポジションだから、できれは100%当てたいですが、
でも100%、というとそれは暴論になってしまうから、

この部分はきついとか、今回の占いはぱっとしなかった、という意見もうれしいです。




AD関連コンテンツ


AD関連コンテンツ