生活

ダブルリングキーホルダーの付け方を動画で解説します!



ナスカンなどの簡単に開けられる金具ではなく、ダブルリングキーホルダーは、手で開くことはできないほど固いものが多いです。


専用の工具(スプリットリングプライヤーなど)を使わないで、家庭用のマイナスドライバーを使って付ける方法の記事「特別な工具不要・ダブルリング(二重カン)キーホルダーの鍵の付け方」はプロセス写真入りで書いたのですが、


こちらの記事では動画で解説します!


ダブルリンキーホルダーに鍵をつけるときに用意するもの


  • 家庭用のミニドライバーセットの中の、マイナスドライバー

  • 付けたい鍵

  • 滑り止め用のハンドタオルなど


ミニドライバーセットにはたいてい、プラス3本、マイナス3本くらいが入っています。




もし、持っていなくてもスーパーマーケットなどで300円弱くらいで買えます。


キーホルダーをつけるには、二番目の太さのマイナスドライバーが、ちょうどいいです。


ただ、ダブルリングがすごく固くて、中くらいのドライバーでは差し込めないことがあります。
その場合は、一番小さな(薄い)マイナスドライバーをまずさしこんで、できたすき間に中くらいのドライバーを差し込んですき間を広げます(後で写真で説明します)



スポンサーリンク


マイナスドライバーでダブルリングに鍵をつける動画





付けたのが、マンション玄関のオートロック用の、ノンタッチキーで、厚みがけっこうあるので、すき間をしっかり開かなければならなかったのですが、普通の家庭の玄関用の金属キーならもう少し簡単だと思います。


プロセス写真でみたい方はこちらへ。


特別な工具不要・ダブルリング(二重カン)キーホルダーの鍵の付け方ワンタッチタイプではない、ダブルリング(二重カン・ニコイル)のキーホルダーに、厚みがある、樹脂製のノンタッチキーを取りつける手順をまとめ...


中くらいのマイナスドライバーが入らないとき


最初にも書きましたが、


ダブルリングが固い


マイナスドライバーが古くて先端がつぶれている



などの理由で、うまく、ダブルリングに差し込めないことがあります。

無理に差し込もうとすると滑ってケガをするかもしれないので、いったんやめて、ドライバーを変えましょう!



「ダメだな」と思ったら、細いマイナスドライバーをまず差し込んで細いすき間を作り、


そこに太めのドライバーを差し込んで、鍵が入るくらいのすき間を作ってください。


これくらい開けば、鍵が付けられます。


スポンサーリンク


まとめ


以前、プロセス写真入りの記事で書いたように、


もし、キーホルダーをいろいろ付け替えることが多い、他にもハンドメイドなどでダブルリングを扱うのであれば、スプリットリングプライヤーを買ったほうが効率がいいと思います。



1回だけ付ければいい、とうのであれば、
ドラくぃばーを使う方法を試してみてください。


くれぐれも、ケガには注意してください!