生活

2018年9月22日横浜元町チャーミングセール初日「ミハマ」で買い物

今年で4年目、
2018年9月23日(土)に、横浜・元町チャーミングセールの初日に行きました。

今年もノンさんのポスター。



今年も私のお目当ては「ミハマ」の靴です。


スポンサードリンク


元町チャーミングセール「ミハマ」で靴を買う!


「ミハマ」チャーミングセールの内容


ミハマのチャーミングセールは主に、


店頭のラックに出ている、5000円などの均一価格のセール

店内の商品すべて20%オフ


という内容になります。


私は、いつも店内商品20%オフで購入しています。


「ミハマ」チャーミングセールでのおすすめの購入方法


この4年間のブログ記事を見直すと、だんだん、人出が多くなってきているように思えますので、


もし、2019年2月や、2019年9月に行こうと感が手いる人がこの記事を読まれているとしたら、
次のように動くのをお勧めします。

ポイント


店内20%オフの靴を買う場合、本当に、その時店頭にあるすべてがセールなので、膨大な数があり、はっきり言って、その場で、自分で、デザインが気に入って、足型が合う靴を自力で選ぶのは


ムリ


です。サイズと、できれば、ミハマの木型で合うもの(普段はいているミハマの靴があればそれを見せる)、カラーとデザインの希望を伝え、店員さんがいくつか、候補をピックアップしてくれますので、それを試着し、足に合って、デザインが気に入ったものを購入、


という流れが一番スムーズです。



これまでにミハマの靴を履いている人は、当日履いていくか、ちょっと荷物ですが持参します。
また、ミハマのオンラインショップや、近くのデパートのミハマの売り場などを見て、希望の色、デザインのあたりをつけておくとよいです。


チャーミングセール当日は、店の前に9時40分くらいまでに到着するようにします。


10時開店ですが、たいていは、9時45分か50分には中に入れるからです。


入店したら、すぐに店員さんを一人捕まえて、欲しい靴の希望を伝えます。


ミハマユーザーの場合は、今履いているミハマの靴を見せて、「これと同じか似ている木型」、
そして、カラーやデザイン(黒のバックストラップとか、茶系のヌバックとか)の希望、


そしてサイズを伝えます。


ミハマユーザーではない場合も、
今はいている靴を見せて「これが合っているのでこんな感じの形」で、というようなことと、


色・デザインの希望、サイズ


を伝えます。


もちろん、今はいている靴がイマイチと思っている場合は「これを履いているけれどちょっと当たるところがある」などと言えばいいですし、


ベテランの店員さんだと、足を見て、もっと薄い木型の方がいい、などとアドバイスをしてくれることもあります。

注意点


2015年に初めて行ったときには、10時過ぎでも店内はそれほど混んでいなかったのですが、昨年くらいからすごいです。
もし、彼氏やだんなさんと一緒に言った場合は、外のベンチで待っていてもらうか、ミハマ店内なら、2階が空いているのでそちらにいてもらうとよいと思います。



今年購入したのはこの靴です。20,500円の2割引き、税込みで17,712円でした。
これ、撥水加工された靴なので、小雨なら履けるうえに、「クリームなどのお手入れが要らない」んですよ。




入店が遅れてしまったら


到着が遅れて、10時ちょうど位になると、空いている店員さんを見つけるのがなかなかこんなになりますが、手の空いた店員さんにすぐに声をかけられるように様子を見ていてください。


昨年は、到着が遅れたのですが、どうにか店員さんを見つけて選んでもらいました。




買い物が終わって店を出たのが10時30分くらい、ミハマ店頭の均一セールがすごい混んでいました。



チャーミングセールは土日・祝は夕方がねらいめ


チャーミングセール初日や、土日祝は
夕方の方がむしろ空いているので、
10時前に店に行かれないなら、思い切って、夕方行く、というのも手だと思います。




逆に、平日の夕方は混むそう。



チャーミングセール当日にミハマで頼めるサービス


ちょっとだけゆるいので、中敷きを入れたい、というようなアジャストは、その場で対応してから購入できます


また、当日中であれば、お取り置きもできるそうです。


元町チャーミングセールで買った「ミハマ」の靴のメンテナンスは?


もちろん、ミスターミニットなどの、街のリペアショップに出すことできますが、


ミハマの靴は、できれば、ミハマのショップでメンテナンスすることをお勧めします。
購入した店でなくても、行かれる範囲のデパート内の店でOKですし、セールで購入した靴でもプロパーで買ったものと同様にリペアしてもらえます。


<リペア修理内容と料金>

修理内容 税込価格
カカトゴム取替
1,296円
1,620円
2,376円
ヒール巻き替え 3,564円
ヒール取り換え 2,700~4,644円
中敷き取り換え 合成皮革 1,296円
1,620円
オーナメント取り換え 2,700円
本底取り換え ゴム 5,400円~7,020円
9,720円


※2018年9月現在


私は、2015年に買った靴の「ヒールの巻替え」と「かかとゴム交換」を、
松屋銀座内のミハマで同時に頼んだことがあるのですが、「ヒールの巻替え」の料金で、両方対応してくれました。


「ミハマ」が「ミハマ」の靴を直すのですから、仕上がりは当然きれいです。
ただ、修理期間が1ヵ月程度かかりますので、使いたい予定などに注意してください。


元町チャーミングセール・ミハマでの買い物 まとめ






ご紹介した、

「店員さんにおまかせする」方法は、


「時間がかかっても自分で見て、いろいろなデザインから選びたい」という人には向きませんが、


「こういうデザインは絶対にイヤ」という点だけ抑えれば細かいことはこだわらない、という人には、一番、スムーズに変える方法だと思います。


美容院と同じで、店員さんは、服装や髪形なども見て、「合いそうな靴」をピックアップされていると思いますので、冠婚葬祭など、特殊な場合に履く靴以外は、
「その靴を履く時に着たい服」をある程度意識していくといいですよ^^


私は今年もいい買い物ができましたー


ランチは、中華街の「萬珍樓點心舗」で。別記事にまとめたのでよかったら読んでみてくださいね。



<Ad関連コンテンツ>