動物園

多摩動物公園のふれあいが平日も整理券制に



多摩動物公園の、モルモットとのふれあいコーナーは
休日や夜間開園では、
そうそうに、整理券がなくなるほどの人気コーナーです。




整理券がなくなると、多摩動物公園の公式Twitterからお知らせがあります。



今まで、平日の午後は13:00~14:30のふれあい開催時間中、特に時間制限がなかったのですが、


2017年9月19日(火)以降は、平日も、


整理券制で、15分の入れ替え制になります。


※2017年10月17日追記
平日雨の日など、参加者が非常に少ない日は整理券の時間に関係なく参加でき、制限時間もないそうです。





15分が長いか短いか、というと
ズーラシアでは10分ですが、
それでもしっかり抱っこして、


途中で動物を一度替えてもらって楽しかったです。


15分もあれば十分だと思いますよ^^


場所


いままでと同じ、ヤギ(トカラヤギ)の横の
どんぐり広場です。



スポンサーリンク


ふれあえる動物


どんぐり広場の看板にはウサギのイラストがあり
実際、イエウサギも飼育していますが、
ふれあえるのはモルモットだけです。


ふれあいの仕方


中に入ると、
ペット用のシーツ(モルモットがトイレを
してしまったときの汚れ防止)をくれますので、


ベンチに座って
膝上にシーツを置きます。


動物園ボランティアさんが、
モルモットを連れてきてくれますので


顔を自分の側に向けて膝の上に置き、
お尻を支えます。


背中などをそっとなでてあげてください。


途中で、他の子に交換することもできます。


多摩動物公園のふれあいは夏はお休み


9月15日までは
ふれあいはおやすみです。



ふれあい時間以外のモルモットたちの様子


普段は、こうした「平場」ですごしています。



隠れる場所もあってよいですね。


生まれたばかりの赤ちゃんとお母さん、オスのモルモットは、どんぐり広場の横の、ガラス張りのところにいます。


スポンサーリンク


まとめ


今回、平日も
整理券制、入れ替え制になった理由は
特に書かれていないので、
推測の範囲ですが、



考えられる理由は、

平日でも突発的に混雑することがあるのかもしれませんし、
平日と休日のオペレーションを同じにして、
運用しやすいように、ということもあるのかもしれません。


また15分、と時間を切ることで
ふれあいに参加するモルモットの状態のチェックや
入れ替えをしやすくして動物福祉(アニマルウェルフェア)により配慮した方法にしたのかな、とも思います。


再開後、実際に参加して見たらまた写真などを追加しますね。


参加体験を別記事にしました。


【参加しました】多摩動物公園のふれあいコーナーの利用方法2017年9月19日(火)よりリニューアル、再開した多摩動物公園の ふれあいコーナーに参加しました。 利用方法や感想などをまとめ...