ホーム » 生活 » 血液型による性格・体質診断は無意味?フリーサイズラベリングインプリンティングとは?

血液型による性格・体質診断は無意味?フリーサイズラベリングインプリンティングとは?

読了までの目安時間:約 5分

2017年2月8日放送「ホホンマでっか!?TV」は


血液型で人生は変わる?


というテーマでした。


と血液型がB型の人間が100歳以上行きられる可能性が一番高いとした
中日新聞の記事が紹介されたり、


エリカ・アンギャルさんが血液型ダイエットを説明したり、
A型とB型夫婦の離婚率が高い、と言ったり、


牛窪恵さんがB型の男性が浮気が多いと発言したり、


といった内容で、


雑談やネタとしては面白いですが、


放送の後、
「子どもの血液型検査をしてくれという親が外来に
たくさんきた」というお医者さんのtweetを見てびっくり。


スポンサードリンク


番組の中でも、
心理学者の植木理恵さんが、


血液型占いは
誰にでも当てはまることを言う
フリーサイズラベリングインプリンティングである



と言っていましたが、
それでも「血液型で人生が決まるから調べなきゃ」とか
思うんですかね・・・?


フリーサイズラベリングインプリンティングとは?


フリーサイズ効果、ラベリング効果、インプリンティング効果
という心理学の用語があります。


その3つを合わせてFBI効果、
とも言います。


FBI効果の例として
血液型性格診断(血液型占い)がよく取り上げられています。


【フリーサイズ効果】


誰にでも当てはまることをいうことで、
フリーサイズの洋服のように、その正確性説明が誰にでも
当てはまってしまうことです。


例えば、


◇型の人は几帳面なところもあるけれど興味のないことには無頓着だ、


というと、◇型の人や、◇型の人の家族や友達はそういえばそうだ、
と思ってしまうのではないでしょうか。


でも「こういうところもあるし、別の場面でも違うよね」
ということは血液型関係なくどんな人にでも当てはまるのでは?




【ラベリング効果】

B型はマイペース、と言われると、
B型の人のそういう面ばかりが目についてしまう
というような現象が起きるのがラベリング効果です。


【インプリンティング効果】

例えば、O型の人はおおらか、という情報を知っていると
自分からその情報に合わせた行動をとってしまう、
ということが起こります。


血液型は変わることがある?


今回の「ホンマでっか!?TV」の放映後、


ネットで、「親から言われていた血液型とは違う血液型だった」
という人の声を見ました。


親から言われた、というのですから、
赤ちゃんの時に調べた、


ということなのでしょうが、


乳児の時の血液検査では
反応が弱いことがあり、正確性に欠け、


現在では手術や輸血などの必要がなければ
検査することはないのだそうです。


調べるなら学童期以降なのですが、
(私が子供のころは小学校で集団検査がありました)


今は、必要なときに調べればいい、
という方向性のようですね。


また、病気が原因で
血液型が変わることもあります。


白血病や消化器系のがんが原因でけつえきがたがかわることがあったり、


骨髄移植によって変わるというケースがあります。


それで、血液型が変わったら
今までとは違う性格になるのでしょうか?


そんなことはないですよね?


血液型による性格・体質診断は無意味?フリーサイズラベリングインプリンティングとは? まとめ


個人的には、
リーディングやチャネリングも
FBI効果なんじゃないか、と思うことがあります。


もしかしたら、中には本当に「見える」人がいるのかもしれませんが。


ラベリングや、インプリンティングのことを考えると
子どものうちは特に、血液型なんて知らない方が


本当に得意なこと、特性、好きなことを
生かせるんじゃないかと思いますよ。


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事
Categories