水島流低温調理

水島弘史さんの低温調理で作るチャーハンレシピ「サタデープラス」

スポンサーリンク


スポンサーリンク

2017年2月4日放送
「サタデープラス」マネープラスのコーナーで、
元宝塚男役トップの紫吹淳さんが、低温調理法の水島弘史さんから、教えてもらった、

「卵とレタスの炒飯」の作り方をメモ書きしておきます。





水島流低温調理でつくる卵とレタスの炒飯のレシピ

【材料】
1人分

  • 炊いたご飯 100g
  • サラダオイル 10g(小さじ2)
  • 長ネギ 15g(大さじ1)
  • レタス 20g
  • 卵 1個
  • 塩 1.4g
  • コショウ ペッパーミル2回し
  • ごま油 2g(小さじ2/5)
  • ハム(又は焼き豚) 30g

【作り方】

1.長ネギはみじん切り、レタスを一口大、ハムは短冊切りにします。
卵は溶いておきます。

2.ご飯をザルに入れて、上から大さじ3~4杯の水(分量外)を
かけて箸でよくほぐします。

次にサラダオイル(分量外)をまわしかけて、
箸でほぐしながら混ぜます。

ざるの上で行うことで、
余分な油は下に落ちます。

3.ノンスティック加工のフライパンに油(分量のもの)をひいて、
全体に伸ばし、溶き卵を入れてから弱火にかけます。

弱火で2分間、ゴムベラで、半熟程度になるまでゆっくり混ぜて
半熟まで火を通します。

4.卵が半熟になったら、ご飯を入れて、弱火で3分間、
ほぐす、上下を返す、切り混ぜる、を行いながら炒めます。

5.フライパン中央を開けてスペースを作り、
そこに長ネギを入れます。弱火で2分間、全体を混ぜながら炒めます。

6.塩、レタス、ハムを加えて弱火で3分間炒めます。

7.強火で30秒煽るように炒めます。

8.胡椒を振り、ごま油を入れてさっと絡めて火を止めます。
盛りつけます。

低温調理法の炒飯・作り方のポイント

炒め始める前に
ご飯の粘りを水で洗い流し、

その後、サラダオイルでコーティングします。

できあがりの一歩手前までずっと弱火で
フライパンは振らずに、ゴムベラで切るように混ぜて
炒めます。

具の投入するときには、
フライパンの中で、一番火元に近くて
熱くなった真ん中を開けます。

ネギは熱くなったところで炒めることで
香りが出ます。

最後は、強火にして
フライパンの底の部分にごま油を入れて香りを出します。

https://verafan.com/?p=1279

スポンサーリンク


Ad関連コンテンツ
スポンサーリンク


Ad関連コンテンツ