いろいろ料理

むしりとる!山本百ゆりさんの『ベーコンエッグマフィン』を作ってみました



スポンサーリンク

スポンサーリンク


9月19日、twitterのトレンドで見たのが山本ゆりさんのこのツイート、Pasco(パスコ)の超熟イングリッシュマフィンに、
マヨネーズ、ベーコン、生卵を入れてトースターで焼く、『ベーコンエッグマフィン』。

すごくおいしそうなので、作ってみました。

作り方は、このツイートの他

アメブロや、

https://ameblo.jp/syunkon/entry-12145579509.html

今までテレビでも紹介したことがあるそう。

「むしりとる」

という表現が、なかなか大胆です(笑)。

Pasco超熟イングリッシュマフィンで『ベーコンエッグマフィン』を作る!

材料

(1人分)

Pasco「超熟・イングリッシュマフィン」  1個

ベーコン 普通の1枚分

卵 1個

マヨネーズ 適量

塩、黒こしょう

手順

1.卵は室温に戻しておきます。

2.イングリッシュマフィンの表面に、ふちにそって包丁でぐるっと切れ目を入れて中身を「むしりとり」ます。

3.マフィンの穴に、マヨネーズを絞り出して、ベーコンを敷き、生卵を入れます。塩、黒こしょうを振ります。

4.オーブントースター(200℃~220℃に入れて、アルミホイルを載せて5分、アルミホイルを外してさらに5、6分焼きます。

準備

卵を室温に戻しておきます。私は冷蔵庫からだして30分おきました。

卵が冷たいと、なかなか火が通らなくて、その前にパンが焦げてしまいます。

トースターはすぐに温度が上がるので、余熱はしなくていいみたいです。

マフィンの中身をくりぬいて、具を入れる

マフィンの縁に沿って切れ目を入れるのは普通の包丁か、ペティナイフがあれば、そちらが使いやすいと思います。
テーブルナイフでは、かなりやりにくいです。

底に穴を開けないように注意して、ぐるっと切れ目が入れば、わりと簡単に中身が抜けます。

がっ。

超熟のイングリッシュマフィンって、もともと、間に具が挟めるように切れ目が入っているんですね。

これで生卵入れて大丈夫なのか・・・?

山本さんも、ここには触れていなかったし、どうなんだろ。

とりあえず、底にマヨネーズを絞りだして(好みの量で。カロリー計算した時に計ってみたら私は7gくらいでした。)、

ベーコンで切れ目を覆うようにして、

アルミホイルを敷いた天板に、マフィンを載せて、割った卵を入れます。塩こしょうを振りますが、ベーコンとマヨネーズに塩気があるので、塩はなくてもいいかも。私は塩は省いています。

重要!

生卵を入れてから、手で持って、天板に置くのは大変です。生卵がこぼれてしまうかもしれませんので、天板に置いてから卵、です。

ホイルを敷くのは、万が一中身が流れ出てしまった時の予防です。

上からアルミホイルをかぶせます。

トースターで焼く

トースターに入れて、200~220℃くらいで、まず5分焼きます。

その後、上のアルミホイルを外してさらに5、6分焼きます。

竹串などで刺してみて、黄身の火の通り具合は、好みでとろとろでもいいし、
お子さんが食べる場合は、垂れないくらいにしっかり火を通すと食べやすいですね。

くり抜いた中身は?

twitterでは、

くり抜いた中身は、後半の5分で一緒に焼くとあったのですが、
その辺りの焼き加減は好みですが、私は3分くらいであまりカリカリにしないでいただきました。

Pasco超熟イングリッシュマフィン「ベーコンエッグマフィン」完成!

気になっていた、もともと入っている切れ目から卵が流れ出ることもなく、ちゃんとできました。

食べると、ご本人が、「本でもテレビでも紹介したけれどみんなに知ってほしい!」とツイートしたのが分かるー!

これ、すごいおいしいです。
マヨネーズ、ベーコン、卵、って市販の総菜パンでも鉄板の組み合わせなのですが、すごく完成度高い味になります。

これくらい火が通っていればお弁当に持って行っても大丈夫だし、

焼きたてを食べるならもっとトロトロでもいいかも。

アレンジとしては、

溶けるチーズをのせたり、
底にポテトサラダを敷いたり。

残って煮詰めたカレーを入れてその上に卵、というのもおいしそうです。

山本ゆりさんレシピの『ベーコンエッグマフィン』のカロリーは?

材料からして、低カロリーではないだろうなと予想はできますが、計算してみました。

超熟イングリッシュマフィン1個 152kcal

卵1個(60g) 91kcal

ベーコン 16g 65kcal

マヨネーズ7g 50kcal

合計 358kcal

※超熟イングリッシュマフィンは「くり抜いた中身も食べる」前提で、1個分で計算しています。

軽食1食分くらいのカロリーはあります。実際、小ぶりに見えるけれど食べるとかなり満足感ありますし。
糖質、たんぱく質、脂質はしっかり含まれていますが、繊維質やビタミン類は不足しますので、組み合わせる飲み物やサラダなどでカロリーの収支や、栄養のバランスを取ったらいいですよね。

山本ゆりさんの本はこちら。

本は、おもにムック形式でいっぱい出ているのですが、
「めんどくさくない献立」というタイトルに惹かれてこちらをご紹介しました。

スポンサーリンク


山本ゆりさんレシピの『ベーコンエッグマフィン』まとめ

作り方は

Pasco超熟イングリッシュマフィンを丸くくりぬいて、
マヨネーズを底に塗り、
元々横に入っている切れ目をおおうようにベーコンをしいて
卵を入れてトースターで、2段階で焼く、

という簡単なもの。

卵の火どおりは、お弁当に持っていくとか小さなお子さんが食べるとき以外は、お好みで黄身が流れ出るくらいでもいいでしょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Ad関連コンテンツ