ホーム » スイーツ » イマノフルーツファクトリーと虎ノ門3206のフルーツサンド(新宿伊勢丹「ISEPAN!」)

イマノフルーツファクトリーと虎ノ門3206のフルーツサンド(新宿伊勢丹「ISEPAN!」)

読了までの目安時間:約 6分

ふわふわの食パンに
クリームとフルーツを挟んだフルーツサンドって


スイーツというには、
食パンなのでそこそこお腹にたまるし、


かといって食事にするには、塩気がない、
という中途半端な存在であるにもかかわらず、
ときどき無性に食べたくなるんですよね。



新宿伊勢丹のパンの催事「ISEPAN!(イセパン)」で、
イマノフルーツファクトリーと、
虎ノ門3206、2か所のフルーツサンドを買って食べてみました。


2018年5月23日~28日の「ISEPAN!」では、
他にも、フクモリの食パンなどを買ったので、そちらはまた別途記事にします。


スポンサードリンク



イマノフルーツファクトリーのフルーツサンド


1回目は、25日(金)の、3時半ごろ行きました。
このときは、時間が中途半場だったせいか、
会場もかなり空いていて、いろんな店を余裕をもって見られました。


イマノフルーツファクトリーは
茅場町にあるフルーツ専門店です。



ブースは会場では奥の方にあり、正直、このエリアはかなり空いていました。


まあ、パンの催事なので、パン好きの人は、
やっぱり、有名なパン職人さんの店に集中します。


フルーツサンドと、あまおういちごだけのサンドがあったのですが、
いろいろなフルーツが入っている方にしました。
三角型のサンドイッチが2切れ、10枚切りの食パン2枚分が1パックで、480円でした。



この日は、札幌のブーランジェリー・ポームのフランス食パンも購入。


帰宅して、
サンドイッチを紅茶と一緒にいただきました。


「あれ・・・?」


想定していたのと違う。


クリームが生クリームじゃないんです。


あらためて材料表示を見ると、
バタークリームとありますが、
材料はマーガリンと水あめなどでした。


昭和30年代からのフルーツ専門店なので、
当時はバタークリーム、それも
植物油脂のマーガリンがふつうだったのかも。


それに、時間をおいて食べるサンドイッチだとすると、
マーガリンの方が水分が出にくいというメリットもあります。


ですが、


フルーツに酸味が強い柑橘類も入っているので、
甘みをほとんど付けていないマーガリンクリームだと、
私のイメージするフルーツサンドの味ではないんですよー。


あと、これは夕方購入したせいかもしれませんが、
パンがちょっと固かったです。


でも、フルーツは、さすがに
専門店だけあって、
ゴロゴロ大きなカットでみっちりと入っていました。
そして、どのフルーツもしっかりした味でおいしかったです。


虎ノ門3206のフルーツサンド


上に書いたように、
残念ながら、


個人的には、「フルーツサンド」を食べた満足感がなかったので、


生クリームのフルーツサンドが食べたい・・・


それだけなら、手軽に「メルヘン」のサンドイッチを買えばいいのですが、


せっかく、催事期間中なので、
28日(月)最終日、再度「イセパン」に行き、


もう一店舗、フルーツサンドを売っている店、
虎ノ門3206のフルーツサンドを買ってみました。


ほぼ、開店と同時に入ったのですが、
最終日だからなのか、
混んでいました。


25日には余裕で買えそうだった「跳び箱パン」の店も
列最後尾のプラカードが出るほど混んでいましたが、
午前中はまだ、歩くのが大変というほどではなかったし、
イートインはほとんど人は入っていませんでした。


こちらは、縦に半分に切った10枚切りくらいの厚さのパン1枚分で
同じく480円。


正直、ちょっと高いです。


シフォンケーキの記事に
練乳クリームといちごをはさんだ、シフォンサンドにも惹かれましたが、
それはケーキであってサンドイッチじゃないよな、と


今回は初志貫徹で、フルーツサンドを買いました。
商品の値札に「生クリームとフルーツ」と書いてあったので、
今度は間違いないでしょう。


こちらのサンドイッチは、
パンの耳がついているのが特徴。


よく、紹介記事などに「ボリュームのあるサンドイッチ」を書かれているのは、
具がたっぷり、ということの他、耳がついているせいもあると思います。


いただいてみると、


今度はしっかり、生クリームでした。
やや甘さ控えめでも、
生クリームだと、フルーツの甘さが引き立つように感じます。


パンもふんわりとしていておいしかったです。



スポンサードリンク


ただし、こちらはフルーツの量は少なめ。
断面の1列だけで、
背中側にはフルーツは全く入っていませんでした。


照り焼きチキンや卵サンドなど、
食事系のサンドイッチは確かにボリュームがありますが(以前食べたことがあります)
フルーツサンドに関しては、それほどでもないので、
1カット480円はやっぱり高いかなあと感じます。


札幌の「さえら」のフルーツサンドみたいな、
お手頃価格で、パンの耳は切ってあるけれど(笑)ボリュームがあって、
フルーツの生クリームもしっかり入っている
フルーツサンドイッチが食べたいですねえ。





スポンサードリンク


 

シェア
人気の記事
関連記事
カテゴリー