動物園

ズーラシアで小動物とふれあいするには?場所・予約・料金は?



よこはま動物園ズーラシアでの小動物とのふれあいコーナーを体験しました。

まなみ
まなみ
お子さんのいる家族客が多いですが、大人ひとりでも参加できますよ。


ズーラシアのふれあいコーナーの場所や予約、時間、料金などをまとめました。


ズーラシアで小動物と触れ合える場所は?


ズーラシアでは、モルモット(テンジクネズミ)のような触れ合えるコーナーがあります。


場所は、「ぱかぱか広場」にある「モルモットとねずみのおうち」です。



ズーラシアの敷地は、正門から北門まで細長い形をしていて、ぱかぱか広場はちょうど真ん中位にあります。



スポンサーリンク


どんな動物と触れ合えるの?


「モルモットとねずみのおうち」にいるのは


モルモット(テンジクネズミ)とパンダマウスという白黒模様のハツカネズミの2種類です。


イエウサギや、ひよこ、カメ、ヤギなどはいません。


ズーラシアのふれあいコーナーの料金は?


「モルモットとねずみのおうち」の利用は無料です。
(引き馬体験などの別のふれあいでは料金がかかるものもあります)



ふれあいの参加方法や予約について




2017年9月現在の、ズーラシアのイベントガイドからお借りしました。
時期によって変わる可能性があるので、ズーラシアに着いたら、まず「イベントガイド」をもらって確認してください。



ふれあいは、


平日は12回、休日は21回


各10分、20名定員で行われています。



インターネットや電話などでの事前予約の仕組みはありません。


ただし、利用には整理券が必要です。



「モルモットとねずみのおうち」の前に、整理券の棚があります。
希望の時間の札を、


室内に入る人数分(大人も子どもも)


取ってください。


参加時間まではすぐ近くの、家畜場のコーナーで馬を眺めていてもいいですし、(ベンチがあります)


少し正門方向に戻ってコロコロッジで休憩したり、お弁当を食べたり、


かなり時間が空くようなら、「わくわく広場」で少し遊んだり、オカピを見に行ってもよいでしょう。


休日は混むことが多いので、どうしてもふれあいに参加したい場合は、来園したら、まず、整理券をもらっておくとよいですよ。



ふれあいコーナーの中で


時間になったら、「モルモットとねずみのおうち」に行きます。
飼育員さんに整理券を渡して、中に入ります。
ベビーカーは外に置いておきます。



中に入ったら、壁に沿って設置されている、
木のベンチに座り、手荷物はベンチの下の箱に入れます。


「おうち」の中では飲食禁止です。


また、写真撮影はOKですが、フラッシュ(AF補正光も)は使用しないでください。


ふれあいコーナーは、動物園によっていろいろな形式がありますが、


ズーラシアでは


参加者はベンチに座ったままで、飼育員さんが、ふれあう動物を連れてきてくれます。
途中で、ふれあう子の交換はできますが、その時も
飼育員さんに声をかけて交換をしてもらいます。


モルモットは白いプラ製のバスケットに入っています。




動物園によっては、直接抱っこしたり、膝に乗せたりするところもあるのですが、
ズーラシアでは、モルモットは直抱っこはできないので、バスケットの中に入れたままで背中や頭をそっとなでてあげます。



パンダマウスは白いボウルに入っています。



パンダマウスは、両手ですくうようにして手のひらに乗せることができます。


やりかたが分からないときには、飼育員さんに声をかけるとサポートしてくれますよ。


パンダマウスはとても小さい動物なので、強く触らないように注意してあげてくださいね。


ふれあい10分間って短い?


動物園によっては、1時間程度のふれあいコーナーのオープン時間中、
混みあっていなければ特に利用時間の制限がない所もあるのですが(江戸川自然動物園とか、狭山市智光山公園こども動物園など)、


ズーラシアでは10分間の入れ替え制です。


でも10分でも、


最初にモルモットかパンダマウスを渡してもらい、
途中で交換してもらって、
けっこう、楽しんだな、という感想です。


特に、就学前の幼児は、様子を見ていると
そんなに集中力が続かなくて、すぐに「ばいばーい」としている子も多いので、10分で短すぎるということはないと思います。


まなみ
まなみ
天気の悪い平日など、お客さんがすごく少ない日では、自分の時間が終わっても「そのままいてもいいですよ」と言ってもらえることがあります。


「モルモットとねずみのおうち」での注意事項


「モルモットとねずみのおうち」の中に入ったら、飼育員さんの指示に従ってください。


それから、小さなお子さんが動物を触った手をなめたり、目を掻いたりしないように注意してあげてください。


飼育員さんからも案内がありますが、「モルモットとねずみのおうち」の向かい側に手を洗うための水道がありますので、ふれあいが終わったら、備え付けの石鹸と消毒剤で手を洗ってください。




また、こういう除菌タイプのウエットティッシュも持っておき、お弁当を食べるときには改めて手をキレイにするとよいですね。



スポンサーリンク


モルモット・ねずみ以外のふれあいコーナーは?


ズーラシアでは「モルモットとねずみのおうち」以外にも動物とふれあえるコーナーがあります。


馬のえさやり(100円)


ひき馬(300円)


ラクダライド(500円)


ピグミーゴートとのふれあい(無料)






(ピグミーゴートのふれあいは実施時間が短いので注意)




また、季節のイベントとして、


うさぎや爬虫類犬、猫といtった、


動物園内で飼育していない動物とのふれあいイベントを行うこともあります。


これらのイベントについては、ズーラシア公式HPのお知らせをご覧ください。http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/