レシピ・料理

ロブションのじゃがいものピュレレシピ本当においしく作るには?NHK「あさイチ」



2016年10月25日火曜日の、NHKの朝の情報番組「あさイチ」でフレンチの巨匠、ジョエル・ロブション氏が出演し、

実演したじゃがいものピュレを司会の井ノ原快彦(イノっち)が絶賛したとして話題になっています。


まなみ
まなみ
私の友達はちょうど自動車を運転中に音声だけで聴いた、ということですが、それでもとってもおいしそうでぜひ作りたい!と思ったそうです。


これ、ネットのキューレーターサイトなどでもレシピをまとめていますが、


じゃがいもを茹でてつぶして、牛乳とバターで伸ばすだけでは


イノッチが「口からなくなるのが残念」と言ったほどの感動の味には、なりません。


そこでそうしたコツなどもいれてまとめてみました。


ジョエル・ロブション氏とは?


1945年4月7日生まれ、フランスの料理人。

2013年時点で、現在世界11カ国に店舗を持ち、
日本でも恵比寿ガーデンプレイスに店を構える
フレンチのオーナー・シェフ。


また、ジョエル・ロブションブランドのパンの店、
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブションを展開しており
こちらは気軽に利用することができます。


スポンサーリンク


ジョエル・ロブションのじゃがいものピュレレシピ


材料


作りやすい分量

じゃがいも 500g
無塩バター 125g
牛乳 250㏄
塩 適量



【作り方】

1.塩水でじゃがいもを茹でます。

水1000ccに対して10gのあら塩(どちらも分量外)を入れて、皮ごとじゃがいもを入れて40分程度茹でます。

フォークを差してすっと通ればOKです。


2.皮をむきます。細かいくぼみまで残さないようにむいてください。


3.じゃがいもをつぶします。
ここでのポイントは、じゃがいもの粘りを出さずに、なめらかにすることです。


ですから、フードプロセッサーやバーミックスではだめ。


ジョエル・ロブション氏は手回し式のフードミル(ムーラン)を使うそうです。




ただ、フードミルでもじゃがいもを擦りつけるので粘りが出ることになるため、


裏ごし器と木べらを使った方が良い、という人も。


4.鍋に入れて弱火にかけ水分を飛ばします。(ここ、あさイチの公式サイトにはありませんが、やったほうが仕上がりが水っぽくなりません。


5.なべ底に薄い膜ができたら、1センチのさいの目に切ったバターを、少しずつ鍋に入れて練らないように木べらで混ぜます。


ジョエル・ロブション氏おすすめのバターはブルターニュ産のボルディエバターです。



このじゃがいものピュレ1回分で1400円…


6.温めた牛乳を加えて、固さを調節します。塩を少しずつ加え、味をつけます。


7.最後にいきおいよくまぜるとなめらかさが増します。


8.火からおろして、裏ごし器にかけます。


マッシュポテトにするじゃがいもの品種は?


粘りが出にくいものが良いので、
ほくほく感がある、男爵、とうや、きたあかりなどが
向いています。


スポンサーリンク


ロブションのじゃがいものピュレレシピ本当においしく作るには?NHK「あさイチ」 まとめ


正直、1回分に使うバターの量と、裏ごしにかかる手間(それ以外は、ポテトサラダとそう変わりません)を考えると気が遠くなりそうですが、


これを添えれば、グリルしただけのチキンでもごちそうになりますね。


毎日のごはんようではなく、とっておきのマッシュポテトとして覚えておくといいかも。