ホーム » レシピ » ジップロックでごはんを炊くのは危険!やっちゃだめ。

ジップロックでごはんを炊くのは危険!やっちゃだめ。

読了までの目安時間:約 5分

テレビ番組「この差ってなんですか?」で
食品用密閉袋でご飯を炊く方法が
紹介されましたが、


食品用密閉袋の代表的なブランド、
ジップロックではご飯は炊けません!

(ほとんどの食品用密閉袋ではご飯を炊けません)


その理由は・・・?


スポンサードリンク


密閉袋を使ったご飯の炊き方とは?


まず、紹介されたご飯の炊き方を確認しましょう。

【準備するもの】

食品保存用密閉袋 1枚
お米     1合
水      200cc

鍋、水、火元


※2合よりも多く炊く場合は、
1合ずつ別の袋にします。


【作り方】

米を洗って水を切り、
食品保存用密閉袋に洗った米と
分量の水を入れ、


すこしだけ空気を残して口を閉じ、
沸騰しているお湯の中で20分間湯せんします。


このやり方、
テレビで見た人は、
家でやろうと思ったかどうかは分かりませんが、


キャンプなどの時、
災害の時に便利だな、


と思ったでしょう。
(紹介したのがNPO法人東京都キャンプ協会 副理事長の方でしたし)


ですが、


ジップロックって、樹脂製の袋ですよね?


耐熱温度は大丈夫なのでしょうか?


ジップロック社の製品の裏書きを見ると


電子レンジ、オーブン、グリル、
オーブントースター、直火、
鍋などでの煮沸や湯せんには使用しないでください。


と書かれています。

zipplock

そして、製品情報を見ると、
耐冷温度は-70℃とありますが、
耐熱温度は記載されていません。

zipplock-1

そこで、旭化成の公式サイトで
ジップロックの商品情報を見たところ


  • 耐熱温度は、お手軽パックを除いて約100℃

  • 直火に掛けた鍋に入れての湯せんはできない(鍋に触れた部分が100℃を超える可能性があるため)


とありました。


製造会社が、「こういう使い方をしないでください」
と言っている使い方で、口に入れるものを料理するのは
やめたほうがよいでしょう。


普通にご飯を炊くのなら、運が良ければ
100℃を超えず、袋が溶けることはないかもしれませんが、


炊き込みご飯で、鶏肉や油揚げなど、
油分のあるものを入れて加熱すると
中身の温度が100℃を超える可能性があり、


さらにリスクが高くなります。


でも番組では、
炊き込みご飯や
カレーも密閉袋で
紹介していましたね。


ご飯を炊ける・料理ができるポリ袋はあるの?


湯せんでの料理に使えるのは、
高密度ポリエチレン(HDPE)の袋です。


見た目の特徴は半透明で薄手で
シャカシャカしています。


この「アイラップ」などは、
商品パッケージに


「湯せんボイル」と書いてあります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイラップ100 エンボス加工 100枚入
価格:149円(税込、送料別) (2016/10/17時点)




電子レンジで使うときには
破裂を防ぐために密閉はダメですが、


湯せんなら口を閉じて良いそうです。


実は耐熱温度が高い密閉袋があるのでは・・・?


番組では、「ジップロック」と言ったわけではなく、
食品保存用の密閉袋、といっただけなので、


ジップロックではなく、
耐熱温度が高い食品用密閉袋が
もしかしたらあるのかも?


と思ったのですが、


今のところ、高密度ポリエチレンの袋は
密閉できるものは見つかっていません。



スポンサードリンク


ジップロックでごはんを炊くのは危険!やっちゃだめ。 まとめ


同じ湯せん料理でも、


低温調理法の鯖の味噌煮は
65℃以上に温度を上げないので
まだマシ(でも直火で温度を上げるので、
うっかり沸騰、ということもあります)
ですし、


ローストビーフのように、直火に掛けない方法であれば、
ジップロックでもいいんですが、


ご飯を炊く場合は、
ずっと沸騰したお湯につけておきますので、
ジップロックではやらない方がいいです。


気を付けてください!


スポンサードリンク


 

関連記事
Categories