栄養

オクラは糖の吸収を抑える・効果を引き出す調理法とは?「ガッテン」

スポンサーリンク
スポンサーリンク


オクラ NHKガッテン

2016年7月27日放送NHK[ガッテン!」で

そうめんの薬味に、ある方法で調理した
オクラを使ったところ、血糖値の上昇が3割抑えられた

という内容が放送されました。



オクラの糖吸収抑制効果とは?

オクラにはムチン、ペクチン、というネバネバ成分が含まれてています。

ムチンは、ムコ多糖類と呼ばれるもので、
胃壁を覆って胃液の酸から胃を守る働きをする粘膜と同じ成分です。

一方、ペクチンは植物の細胞壁や中葉に含まれている複合多糖類で、植物細胞をつなぎ合わせる働きがあります。

この2つは、水溶性食物繊維で、
胃や腸の中で、糖質の吸収をゆるやかにする働きがある、とされています。

この「ガッテン」のオクラの回は、2016年放送です。
その後解析方法が進歩して、動物の消化器粘膜に含まれるムチンと、植物の多糖類とは違うもの、となったようですね。

参考リンク(理研)

スポンサーリンク

ガーナのオクラスープの技とは?

番組では、アフリカ・ガーナのオクラスープの調理法をヒントに、

オクラの糖吸収抑制効果を最大限に引き出す方法を紹介する、とあります。

オクラはアフリカ原産の植物で、ガーナではオクラのことを「オクロ」というそうです。

日本語で読めるオクロ・スープのレシピをいろいろ見たのですが、

「加熱する」

ということのほか、特別なことはないように見えました。

番組で取材した現地のオクロ・スープの作り方は、

干してカチカチになった乾燥オクラを
粉にしてスープに入れていました。

オクラのネバネバを引き出すために必要なのは、

刻んで細胞壁を壊すことと水につけてペクチンを水分で膨らませること

です。

【簡単に細かく刻む方法】

オクラに縦に切れ目を入れてから輪切りにすると簡単にみじん切りの状態になります。

ただ浸すだけなら1時間~一晩漬けるといいのですが、
箸で納豆混ぜるように混ぜると粘りが良く出るので水分(そうめんつゆなどでもよい)をプラスして箸で混ぜればすぐに食べられます。

加熱したほうが粘りが出る、というサイトなどの情報もあったのですが、

番組では加熱すると粘り成分が壊れるので
生のままがよい、と言っていました。

オクラをスイーツに!

また番組ではオクラをスイーツに使う方法も
紹介されました。

刻んだオクラ、レモン汁、蜂蜜をアイスクリームに
よーく混ぜるだけ。

分量はオクラ50gに、レモン汁、蜂蜜各大さじ1です。

ベジタリアンで採食料理研究家のカノウユミコさんのレシピ本にも
オクラのアイスクリームとか、オクラとメロンのツメタイスープなどの
レシピが載っています。

玄米甘酒や豆乳のアイスクリームに、オクラを入れてミキサーにかけるとオクラの粘りで、
コクのある、アイスクリームらしい触感になります。

ムースのようなお菓子に入れることも可能だと思います。

スポンサーリンク

オクラは糖の吸収を抑える・効果を引き出す調理法とは?「ガッテン」 まとめ

そうめんはあっさりしているの低カロリーでダイエット向き、
と思われがちですが、

実は、糖質が多く、しかも小麦粉になっているので
粒の状態で食べるお米よりも血糖値が上がりやすい食べ物です。

オクラの糖質吸収抑制効果を活用すると
そうめんもアイスクリームも、
血糖値を気にせず
おいしくいただけますね。

<スポンサーリンク>

AD関連コンテンツ
スポンサーリンク


AD関連コンテンツ