健康・美容

果物アレルギーの症状と治療法は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タレントの東MAXさんが桃アレルギーでアナフィキラシーショックを起こした体験を
テレビやアレルギー関係のイベントで語っており、
その辺りから「果物アレルギー」が注目されるようになった、と感じます。

どんな症状が出ると果物アレルギーなのか、どんな種類の果物でもアレルギーになるのか、
対処法、治療法は?



果物アレルギーとは?

桃アレルギーは、
桃による口腔アレルギー症候群です。

桃の中に含まれるたんぱく質が
アレルゲンとなって症状が起こります。

果物による口腔アレルギーは桃だけではなく

リンゴ、モモ、さくらんぼ、すもも、アンズ
洋ナシ、キウイ、マンゴー
メロン、スイカ、トマト、オレンジ、バナナ

などさまさまな種類の果物によって起こる可能性があります。

ナス、ジャガイモ、トマト、セロリ、人参、キュウリなど
野菜が原因になることもあります。

果物アレルギー
スポンサーリンク

果物アレルギーと花粉症の関係

桃をはじめとする果物アレルギーは
花粉症やラテックス(ゴム)アレルギーと関係していることが多くあります。

果物を食べて口腔アレルギー症候群の症状を起こす人は
多くの場合、花粉症でもあります。

これは、花粉症、ラテックスアレルギーの原因となっているタンパク質と同じタンパク質を含む果物があり、

その果物を食べてアレルギー症状が引き起こされるためです。

果物アレルギーの症状は?

果物による口腔アレルギー症候群の場合、
原因となる果物を食べた直後に、
唇や舌、口の中が腫れる、かゆくなる、イガイガする感じする

などの症状があります。

しかし、果物アレルギーがすべて
口腔アレルギーの症状であるわけではなく、

東MAX(東貴博)さんはノドがイガイガする感じの後、
突然、顔がパンパンに腫れあがり、
息苦しくなる、という全身症状が起き、
病院に運ばれました。

東MAXさんは、もともと桃が大好きで、
ビールのつまみにするほどだったそうですが、

アレルギー症状を起こす前に
ジムでのトレーニングを始めており、

負荷の高い運動をしたことで、ヒスタミンがたくさん分泌され、
血管が拡張されたことがアナフィラキシーショックを起こしたことと関係しているのでは

という指摘がありました。

大人になってから起こる果物アレルギー

アレルギーは子どものころから起こるイメージがありますが、
東MAXさんのように、それまで普通に(というか、かなりたくさん)
食べていたものでアレルギーを起こす事も多いのです。

大人になってから起こるアレルギーの場合、

生活習慣や環境の変化
ストレス

が影響していることも多くあります。

また、「好きで毎日のようにかなりの量を食べているもの」
がアレルギーの原因になりやすい、という指摘もあります。

好きでよく食べていると
その食べ物に含まれる抗原物質にしょっちゅうさらされていることになるので、
あるとき何かがきっかけで、
アレルギー反応を起こすようになってしまうのだそうです。

果物ではありませんが、
「卵」は今卵アレルギーがない人も
毎日は食べない方が良い、とする意見もありますね。

果物を加熱してもNGな場合とは?

花粉症と関係した果物アレルギーの場合、
原因となっているタンパク質は
加熱によって分解されやすいのですが、

ラテックス(天然ゴム)アレルギーと関係した
果物アレルギーの場合、

原因となっているたんぱく質は
加熱と消化で分解されにくく、

調理・加工した果物でも
症状が出ることがあり、
アナフィキラシーショックなどの
重篤な症状を起こすこともあります。

ラテックスアレルギーと関係した
果物アレルギーは、
ラテックス・フルーツアレルギーと呼ばれ、

アレルギーを起こしやすい果物は、

アボカド、キウイ、マンゴ、バナナ、クリ

などです。

ゴム製品に触れるとかぶれる、という人が、
これらの果物・野菜を食べて口の中がイガイガするなどの症状があったら、
病院で相談した方がよいかも。

スポンサーリンク

果物アレルギーの治療法

果物アレルギーの治療法は、基本的には、

原因となる食べ物を食べないこと。

となります。

本来果物や野菜は、
食べても害がないものですから
アレルギー症状が起こるのは、免疫系の異常反応です。

アレルギーの原因になる食べ物が特定されている場合、
経口減感作療法といって、

その食べ物を少しずつ、加工品から初めて
食べて、腸管の免疫反応を正常にしていく
という治療法もあります。

ですが、アナフィキラシーショックを起こす可能性もあり
危険が伴います
ので、

自分で勝手に食べるのではなく、
かならず、医師の指導の下に行う必要があります。

<スポンサーリンク>

AD関連コンテンツ
スポンサーリンク


AD関連コンテンツ