ホーム » 美容コスメ » シミの原因は紫外線だけじゃなかった・AGEを増やさない方法とは?

シミの原因は紫外線だけじゃなかった・AGEを増やさない方法とは?

読了までの目安時間:約 6分

紫外線対策をしていても
食べものなどによって体内に増えるAGE
が原因でシミができてしまうことがあります。


シミだけではなく、肌のくすみやシワやたるみ、
体全体の老化にも関係するAGEを増やさない方法とは?


スポンサードリンク


AGEとは?


糖質とたんぱく質が結びつくことを糖化、といい、
糖化による最終生成物を終末糖化産物(AGE)を呼びます。


日常的な例では


焼いた肉や魚などの焦げ目
揚げもの
トースト


など、高温で焼いたり揚げたりした食べ物には
AGEが多く含まれています。

AGE シミ

また人間の体内でも糖化は起こっています。


食べたものが消化吸収されて
血液中の糖の量が増えると、
インスリンの働きによって糖は細胞に取り込まれます。


しかし糖の量が多いと、取り込まれ切らずに
血液中に糖が多い状態が長時間続きます。


すると体内のたんぱく質と糖が結びついて
AGEになるのです。


肌の真皮層には、コラーゲン・エラスチンという、
肌のハリ、弾力を支える繊維がありますが、
これらはたんぱく質なので


糖化するともろくなり、
肌のハリ・弾力が低下します。
また、肌の黄くすみの原因にもなります。


AGEとシミの関係は?


ロート製薬の研究では、


肌の表皮細胞にAGEが多いと、
メラニンを生成するサイトカイン(情報伝達を担うたんぱく質)が
増えて、結果、メラニン色素が増える、


ということが分かったそうです。
参照元 http://www.rohto.co.jp/news/release/2015/0204_01/


ですから表皮細胞にAGEが多いと、
わずかな紫外線でも日焼けしたりシミができたり
しやすくなります。


また、紫外線を浴びると、
角質層にあるケラチン繊維が糖化することも
分かっています。


AGEを増やさない・減らす方法とは?


体内のAGEをできるだけ増やさない方法は
大きく分けると、


1.AGEが含まれる食べ物をできるだけ避ける

2.体内でAGEが作られないようにする



の2つです。


◆AGEが多い食品・少ない食品とは?

AGEは、


肉・魚などのたんぱく質メインの食材や
パン・もちなどの糖質を
焼く・揚げる、といった高温で調理した食べ物


に多く含まれています。


野菜や海藻、きのこ類にはAGEは少なく、
特にきのこに多く含まれるキチンキトサンには
AGEの吸収を妨げる効果があります。


肉や魚は焼く・揚げるよりも
茹でる、蒸す、煮る、といった調理法の方が
AGEが増えません。

体内でAGEが増えないようにするには


血糖値が高い状態を続けないこと


がポイントです。


  • 糖質が多い食べ物を摂りすぎない

  • 空腹時に高糖質のものを食べない

  • ストレスをためない(ストレス時に増えるホルモンに血糖値を揚げる働きがあるため)


を意識しましょう。


特に、甘い飲み物は下で感じる甘さよりも多くの糖分が含まれていたり
液体なのでダイレクトに体に吸収されるので要注意です。


AGEの多い食べ物、糖質の多い食べ物を食べるには?


美容や健康のためには避けたほうがいい、
とはいっても


焦げ目(メイラード反応)はおいしさのもとでもあり、


揚げものも、やっぱり食べたい、
ということもありますよね。


糖質が多い食べ物もまったくNGというのは
かえってストレスになると思います。


こうした食べ物を食べるときには
次のようなことを工夫しましょう


1.酢で下ごしらえする、レモンを添える

酸にはAGEの吸収を妨げる働きがあります。


2.血糖値を急激に上げない食べ方をする

汁物→野菜・海藻・きのこ→肉・魚などのたんぱく質のおかず→ご飯・パン・パスタ


の順に食べることで血糖値が急激に上がることを防ぎます。


3.水溶性食物繊維が多いものを食べる

もち麦、オクラ・長芋などのネバネバしたもの、アボカド
大根おろしなど水溶性食物繊維が多い食べ物は、
糖やAGEの吸収を抑えます。


.ストレスをためない

これが一番難しいかもしれませんが・・・
自分の好きなことをする時間を持つ、
お風呂にゆっくり入る、など
ストレスをためない工夫をしてみましょう。



スポンサードリンク


シミの原因は紫外線だけじゃなかった・AGEを増やさない方法とは? まとめ


AGEによってメラニンができやすくなると
弱い紫外線に短時間あっただけでも
反応しやすくなります。


また、紫外線によって、表皮のケラチン質が糖化してAGEが増えるので、


食べものや生活に気を付けてAGEを増やさないようにすることと


紫外線対策、


どちらも年間通して必要ですね。


スポンサードリンク


 

関連記事
Categories