ホーム » レシピ » トースターとアルミホイルで作るローストビーフ「あのニュースで得する人損する人」

トースターとアルミホイルで作るローストビーフ「あのニュースで得する人損する人」

読了までの目安時間:約 5分

2016年8月18日に「あのニュースで得する人損する人」
で放送された


オーブントースターとアルミホイルで作る
失敗なしのローストビーフ


の作り方です。


スポンサードリンク


オーブントースターとアルミホイルで作るローストビーフ


【材料】
  • 牛もも肉 300~400g 厚さ3、4㎝のブロック

  • 玉葱 1/4個(薄切りにする)
    おろしニンニク 小さじ1
    塩・胡椒 適量


○ソース
    酒 大さじ1
    醤油 大さじ1




【作り方】

1.ブロック肉を冷蔵庫から出して
30分程度置き、中まで常温に戻します。


2.塩、胡椒、おろしニンニクを
ブロック肉の表面に塗りこみます。


3.35cmのアルミホイルに
薄切りにした玉葱1/2量を敷き、
その上に2の肉、残りの玉ねぎをのせて


アルミホイルでピッチリと包みます。


4.オーブントースターの天板に3を乗せ、
1000wで15分間焼きます。


5.トースターのスイッチが切れたら、
そのまま10分間放置します。


※番組ではこの後、すぐにアルミホイルを
はがしてスライスする、とありましたが、
肉汁をおちつかせるためには


トースターから取り出して
アルミホイルを外したら
乾燥しないようにふわっとラップをかけて


30分程度落ち着かせたほうが
切ったときの肉汁の流出が
少ないと思います。


6.ソースを作ります。
アルミホイルの肉汁に分量の酒、醤油を加え当て
オーブントースターで1000Wで3分加熱します。


※焼く時には必ずトースターのトレーを
使ってください。
肉汁がトースター下部の加熱器に触れると
発火することがあります。

ローストビーフ 得する人損する人

どこが得ワザ?


家庭でローストビーフを作るレシピは


オーブンを使う

炊飯器を使う

ジッパーつきポリ袋で真空調理する

フライパンで作る


といった方法があります。


それらの方法と比べて


得する人損する人の
オーブントースターとアルミホイルで
作る方法は


どこが簡単なのでしょうか?


ローストビーフは、
中まで低温でじっくり加熱して
中心部が55~60℃程度になる程度に仕上げるのですが、


アルミホイルでピッチリと包むことで、
トースターの熱が一度アルミホイルで吸収されて


その後、アルミホイルを通して
じんわりとブロック肉全体に伝わります。


普通は600g程度で作らないと
中まで火が通りすぎてしまうので
少量作ることは難しいローストビーフが、


1回で食べきることができる少量で作れるのも
少人数家庭にはいいですよね。


鍋やフライパンを使わず、
肉を最初からアルミホイルで包んでしまうので、
洗い物が少ない点も手軽です。


この作り方のデメリットって?


普通ローストビーフは、
オーブン、炊飯器、真空調理、フライパンで
じっくり加熱をする前に、


表面を焼き付ける


という工程がありますが、


得する人損する人のレシピでは
それを省いています。


その分手間が省ける、とも
言えますが、


こんがり焼けた部分の
メイラード反応による
香ばしさがないので、


人によっては物足りなく
感じるかもしれません。



スポンサードリンク


トースターとアルミホイルで作るローストビーフ「あのニュースで得する人損する人」 まとめ


この作り方は、


少量の肉で、
洗い物をあまり出さずに、
失敗なく作れる、


というメリットがあります。


ローストビーフは豪華なイメージがありますが、
サシが入った和牛の高価な部位でなく
比較的手ごろな値段のモモ肉や


オージービーフでもおいしく作ることが
できるので、


コスパいいんですよね。


これだけ手軽に作れるなら
試してみたくなります。


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事
Categories