ホーム » 生活 » giraffeがキリンになった理由とは?「林先生が驚く初耳学」

giraffeがキリンになった理由とは?「林先生が驚く初耳学」

読了までの目安時間:約 6分

2016年7月3日放送「林先生が驚く初耳学」で

俳優の向井理さんが林先生に

「キリン」という呼び名にまつわる驚きのエピソード

というお題で挑戦します。
果たして林先生は「初耳」なのでしょうか?


スポンサードリンク


日本に初めてやってきたキリンとは?


日本に初めてキリンがやってきたのは
明治40年のこと。


ゾウ(アジアゾウ)が初めて日本に来たのが
戦国時代であることと比べると
かなり最近のことなのですが、


アジアゾウは
古くから日本とも交流がある
東南アジアにも住んでいますが、


キリンの生息地であるアフリカと
日本が直接交流をする機会はずっとなかったので
当然ですね。


1882年=明治16年、
恩賜上野動物園(おんしうえのどうぶつえん)が開園しました。


当時動物園とは、ヨーロッパ列強が
国力を示すために、アジアやアフリカから珍しい
動物を集めて展示するという意味合いが強く、


そうしたヨーロッパの動物園を見た日本でも
同じように動物を集めていました。


明治39年、上野動物園の監督(園長)であった石川千代松に
ドイツの動物商人カール・ハーゲンベックから、
ジラフ(giraffe)を日本に贈ることが可能である、
という情報がありました。


このとき、ハーゲンベックが提示した
キリン1頭の価格は、1万7000マルクでした。


これは、ハーゲンベック資料館のクラウス氏によると
「当時の相場からするとかなり高い値段」だということで


要するに、足元を見られたんですよね。


しかし、上野動物園はこの金額を払って、
ジラフを購入することにします。


キリン、という呼び名が付いた理由



宮内省の予算を通すため、


giraffeとは
中国の霊獣「麒麟」のことである、



とかなり無理やりな理由をつけました。



ジラフがキリンと呼ばれるようになったのは


高額な購入価格を承認させるため、


だったんですね。


初めて日本に来たキリンはどうなった?


中国の霊獣、キリンの来日は
新聞によって報じられました。


明治40年3月、船で運ばれてきたキリンが横浜港に到着し、
汽車で東京まで運ばれることになっていましたが、
首が長すぎたため、巨大な大八車で運ばれることになりました。


上野動物園に到着後も、ラクダ小屋の天井を外して
柱を継ぎ足してキリン小屋にする、
ということが起こりました。

キリン 呼び名の由来

ちなみに、現在では、海外からは飛行機、
国内ではトラックで運びますが、
トンネルをとおることができないので、
基本的に、国内の動物園同士のキリンの移動は
3才より下の子どものころに行われます。


もちろん、今は野生個体を捕まえてくるようなことはなく、
海外から、というのは海外の動物園で
生まれた子ども、という意味です。


そして、明治40年4月、
上野動物園にてキリンが公開されると
大きな人気を呼び、


来園者は100万人を突破して
公開1年で購入資金を回収することができたそうです。


しかし、


当のキリンは、1年を過ぎたころに死んでしまいました・・・


そりゃあ、どれくらい大きな動物かを知らなかった
くらいですから、
生態や餌、寒さに弱いことなど
知らないことだらけで


適切な飼育はできなかったのだと思います。


現在、動物園にいるキリンの寿命は
おおよそ20年くらい、とされています。


ただ、大型草食動物全般に言えるのですが、
足を痛めたりして
立てなくなると、体重によって虚血性障害を起こすため、
若くて死亡する例もそこそこあります。



スポンサードリンク


giraffeがキリンになった理由とは?「林先生が驚く初耳学」 まとめ


この話、2016年5月13日放送「歴史秘話ヒストリア」(NHKEテレ)で
放送されたばかりなんです。


林先生は知っているんではないかと思いますが・・・


そこは番組放送後に追記しますね。


あと、この記事では、
「とにかく珍しい動物を集める」という理由で
連れてこられたキリンが、来日後1年で死んでしまった、


という残念なエピソードをご紹介していますが
これは100年前の話です。


現在、キリンは9つの亜種のうち2種が
絶滅危惧種に指定されています。


現在の動物園は、こうした希少動物の種の保全の役割を
もっていますし、
各園、担当者の方たちが飼育環境や技術の向上に
努力されています。


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事

まだデータがありません。

Categories