ホーム » 美容コスメ » ヒルドイドの効果と副作用って?市販薬で代わりになる商品は?

ヒルドイドの効果と副作用って?市販薬で代わりになる商品は?

読了までの目安時間:約 7分

究極のアンチエイジングクリーム、と言われて
皮膚科の女医さんや看護師さんにも愛用者が多い、
ヒルドイドですが、


効果、副作用についてまとめました。


また、処方箋薬なので、皮膚科に行かないと
入手できないのですが、
市販薬の中で、自分で使っているものを
ご紹介します。


スポンサードリンク



ヒルドイドとは?


ヒルドイドは
乾燥肌の改善、しもやけなどの処方される外用薬です。


アトピー性皮膚炎の治療に用いられることもあります。


保湿作用の他に、血行を促進する作用、
血液が固まるのを防ぐ作用、うっ血を改善して傷の治りをよくする作用もあり、
ケロイド、うち身・捻挫、痔核、血栓性静脈炎の治療にも用いられます。


ヒルドイドには
ローション、ソフト軟膏、クリーム、ゲル
といった形状の違うものがありますが、


有効成分は同じです。


ヒルドイドのジェネリック医薬品が
「ビーソフテンクリーム0.3%
(ヘパリン類似物質クリーム0.3%に名称移行中)
で、


効果は使用目的はヒルドイドと同じです。


ヒルドイドの有効成分は?


ヒルドイドに含まれる有効成分は
ヘパリン類似物質です。


人間の体内には、ヘパリンという物質があります。


ヘパリンは、コンドロイチン・ヒアルロン酸などと同じ
ムコ多糖類の一種で、肝臓で生成されています。


ヘパリン類似物質は、コンドロイチンを精製した
低刺激の天然由来成分です。


ヒルドイドの効果とは?


美容目的でヒルドイドを使っている人が
実感することが多い効果は

1.シワの改善
ほうれい線にも効果があるという声があります


2.目の下のクマの改善


3.シミの改善


です。


ニキビ治療にもよいという意見もありますが、
皮脂分泌が多いタイプのニキビの場合、悪化した人もいるそう。
「ニキビ跡」には、ヒルドイドの血行促進作用が効果あるそうです。


効かない症状は?


もうこれ1つでよい、とまで言われるヒルドイドですが、


  • アトピー性皮膚炎による色素沈着

  • 古い傷跡



にはあまり効果がない、とも言われています。


ヘパリン類似物質の市販薬は?


ヒルドイドは処方薬なので、
使うには、
基本的には皮膚科の診察を受けて、
処方箋を書いてもらう必要があります。


が、乾燥で困っている、と相談しても
100%ヒルドイドが処方されるとは限りません。


(本当に皮膚科治療レベルでの乾燥肌なら処方されら
薬の方がいいのかもしれませんけれどね)


また薬局で直接売ってもらえることもあるようですが、
これも100%ではありません。


ヒルドイドフォルテクリーム、という薬が
海外サプリなどの個人輸入販売店で通販されていますが、


だったら、日本製の市販薬で、
ヘパリン類似物質のものがたくさんあるので、
そちらでもいいのではないでしょうか。


今、円安、ということもあって
コスパも国産のほうがいいですし。


個人的に使ってみたのは、


HPクリーム:ノバルティスファーマ株式会社

ヘパソフトプラス:ロート製薬株式会社



の2点です。


HPクリーム





◇成分(100g中)

ヘパリン類似物質 0.3g


◇添加物

トリイソオクタン酸グリセリン
オレフィンオリゴマ一
ジメチルポリシロキサン
セトステアリルアルコール
ステアリン酸グリセリン
ステアリン酸ポリオキシル
パラベン
グリセリン
ケイ酸アルミニウムマグネシウム
マクロゴール
D-ソルビトール
工デト酸ナトリウム
エタノール


ヘパソフトプラス


【第2類医薬品】ヘパソフトプラス(85g)
価格:1620円(税込、送料別)




成分(100g中)

ヘパリン類似物質 0.3g
パンテノール 1%
ジフェンヒドラミン 1%
クロタミトン 5%


◇添加物

流動パラフィン
ワセリン
グリセリン
ステアリン酸グリセリン
パルミチン酸イソプロピル
セタノール
ポリオキシエチレンセチルエーテル
ステアリルアルコール
ベヘニルアルコール
ジメチルポリシロキサン
カルボキシビニルポリマー
コレステロール
N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド
パラベン
エデト酸Na
pH調整剤


ヘパリン類似物質入りクリームを使い始めた理由は、
目がしら~下瞼に、その時によってすこしずつ移動して
乾燥・かわむけ・かゆみ のある箇所があるため、


なのですが、


最初、HPクリームでそれなりに落ち着いた感じだったのですが、
夜寝る前など(入浴後で体温が上がるからかもしれません)
やはり気が付くと掻いていることがあるので


かゆみ止め成分(ジフェンヒドラミン、クロタミトン)
を含む、ヘパリンプラスも購入してみました。


確かに、HPクリームよりもかゆみが落ち着く感じがします。



スポンサードリンク


ヘパリン類似物質クリーム(ヒルドイド、ジェネリック、市販薬)の副作用


ヘパリン類似物質の副作用は、

発疹、発赤、かゆみ

など。


ヘパリン類似物質低刺激性の物質ですが、
どんなものでも、人によって過敏症症状を起こすことはあり得ます。


また、薬によって、
使われている添加物が異なるので、
その添加物が合わない、ということもあり得ます。


おかしいな、と思ったら使用を中止して
皮膚科や薬剤師に相談してください。


ヒルドイドの効果と副作用って?市販薬で代わりになる商品は? まとめ


個人的な使用感想ですが、
一ヶ月ほどHPクリームとヘパソフトプラスを使っていて、


肌全体のハリやしっとり感はたしかに増しました。


皮剥け、乾燥がある箇所はまだ完全には
収まっていませんが、
改善されてきてはいますので、継続して使って行こうと思います。


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事
Categories