ホーム » 生活 » 【2017年】当たる・使いやすい天気予報アプリは? まとめ

【2017年】当たる・使いやすい天気予報アプリは? まとめ

読了までの目安時間:約 6分

iPhoneの標準天気アプリがなんだか当たってないなあ
と感じる人多いんじゃないないでしょうか?

当たる天気予報アプリってあるの?
使い勝手がよいアプリは?

をまとめてみました。


スポンサードリンク


iPhone標準天気予報アプリがイマイチな理由


こちらがiPhone標準天気予報アプリの画面。


シンプルでスタイリッシュで、
普通に天気予報を見たい人ならこれで
よさそうなのですが、


天気予報が当たらない、


という声が多いのです。


その理由は、
アメリカのThe Weather Channelを
気象情報として使用しているためだと考えられます。


以前は、Yahoo!天気がソースだったのですが、
The Weather Channelに変わってから
少なくとも、日本国内で使うには不便になったようです。


そこで、他の天気予報アプリをダウンロードして使っている
人が多いと思うのですが、


いったいどのアプリの天気予報が当たるのか、
使いやすいのか?


気になりますよね。


そこで、無料の天気予報アプリについて
まとめてみました。


ウェザーニュースタッチ


独自の情報を使用。

weather
weather1

【特徴】

天気予報の精度が高い、とされている


マイチャンネルに、市区町村・施設名を登録してスポット天気を見ることができる。


SNS志向になってから使わなくなった、という人も多い。
天気だけを知りたい、という人にとっては不要な情報や機能も多く、
その分、起動が遅い。


Yahoo!天気


気象情報ソースは日本気象協会。

yahoo

【特徴】

今日と明日の天気が大きく表示され、
1画面で週間天気予報も見られる。


当日の気温も夜まで表示される


洗濯、UVなどの「指数」は画面をスクロールした先の
ボタンをタップして別画面として表示される。


tenki.jp


気象情報ソースは日本気象協会。

tenkijp

【特徴】

一つの画面で今日明日の天気予報、
1時間ごとの天気、気温、降水確率、湿度、降水量、風力
など多くの情報が見られる

画面右下に現在の屋外の体感温度が表示される


情報が多いが、「読み物」など別に使わないかな、と思う
情報も多い。


そら案内


気象情報ソースは日本気象協会。

soraannai
【特徴】

週間天気を縦方向の画面で確認できる。

日付の横の「1」などの数字をタップすると
花粉予報を見ることができる。


地域設定は市区町村まで。施設名などでの登録はできない。


夕方になると当日の気温が消えてしまう。


天気痛・気象病予防アプリなら精度が良いのでは?


最近、注目されている、
天気痛、気象病。


主に、低気圧が近づくと起きる頭痛などの不調
(高気圧だと症状が悪化する病気もあるのですが、
やはり体調が崩れやすいのは低気圧)
を回避するためのアプリがあります。


そういうアプリであれば、
天気(気圧)予報の精度もよいのでは?


天気痛・気象病対策アプリの定番、
頭痛~るをダウンロードしてみました。

http://zutool.jp/


気象情報ソースがどこなのか、
明記した情報はありませんでしたが


気象予報士の岡田みはるさんが中心になって
開発したアプリで、
低気圧に関係した体調不良に悩む
多くの人にダウンロードされています。


zutu2
zutu

【特徴】

登録した地点の気象情報(気圧、天気、気温、風向、湿度)を
グラフ形式で1週間先まで見ることができる


全国マップでの気象情報(気圧、天気、気温、風向、湿度)は
今日、あす、あさってのみ。


地点の登録は市区町村まで。
一箇所しかできない点が不便。
天気痛があって、国内出張などが多い人もいると思うのですが…


スポンサードリンク


【2016年】当たる・使いやすい天気予報アプリは? まとめ


まず、気象情報のソースは、


独自情報を使っているウェザーニュースタッチと
どこの情報なのかはっきりできなかった頭痛~る以外、
無料でよく使われている、

Yahoo!天気
tenki.jp
そら案内


日本気象協会の情報を使っていますので、
天気予報の精度は同じでした。



「使い勝手」は
その人の目的によって違いますので、


よく行く場所、施設のスポット天気を見たい

花粉情報を見たい

天気痛・気象病の予防をした


など目的によって使いやすいアプリは変わってくると思います。


参考にしてみてください!


スポンサードリンク


 

関連記事
Categories