ホーム » 季節ごとの話題 » 江戸川区花火大会2016年の日程と穴場スポット・特別協賛者観覧席って?

江戸川区花火大会2016年の日程と穴場スポット・特別協賛者観覧席って?

読了までの目安時間:約 7分

江戸川区花火大会は、東京都江戸川区と千葉県市川市の共同開催で、
5秒間に1,000発の花火が上がるオープニングが名物となっています。


2016年の日程や、有料の特別協賛者観覧席情報、
会場外から花火を見られる穴場スポットについての情報をご紹介します。


スポンサードリンク



江戸川区花火大会2016年の日程は?


江戸川区花火大会は毎年8月の第1土曜日に開催されています。

エキサイティング花火2016江戸川花火大会の日程は、

2016年(平成28年)8月6日(土)
午後7時15分~午後8時30分


会場:江戸川河川敷




最寄り駅:都営新宿線篠崎駅(会場まで徒歩約15分)


JR総武線小岩駅からは徒歩25分ですが、こちらも会場までの通路に誘導の幟(のぼり)が出るそうです。


雨天による中止・順延は?


8月6日が荒天で打ち上げ不可となった場合、
翌日8月7日に順延となります。
7日も打上げ不可能になると2016年の江戸川区花火大会開催は中止です。


当日のお天気が微妙だった場合の問い合わせ先

江戸川区花火大会実行委員会事務局(江戸川区産業振興課内)
電話:03-5662-0523


江戸川区花火大会の有料協賛席は?


江戸川区花火大会は、企業協賛席のみで、
一般の人には、有料協賛席の販売はしていません。



ですが、



共同開催している市川市民納涼花火大会は、
有料席がありますので、


席をちゃんと確保しておきたい、という人は市川側で見るのがいいでしょう。


→市川市民納涼花火大会の情報(編集中です)


江戸川区花火大会の無料観覧席は?場所取りは?


江戸川区側には、有料の協賛席はありませんが、河川敷が無料観覧席として開放されます。


企業協賛席の周辺は、打ち上げ場所にも近く、迫力があって人気の場所です。


ただし、大会前日以前の場所取りは禁止されており、警備員の巡回があります。
前日17時以降は警備員の巡回はなくなるそうです。


江戸川区花火大会の穴場スポットは?


企業協賛席近くを狙うのでなければ、比較的余裕があるスポットがあります。


篠崎公園



当日の昼前までに場所取りした方が無難ですが、無料観覧席よりは人出はゆっくりめです。


江戸川河川敷

江戸川河川敷の中では、篠崎ポニー公園の近くは、花火打ち上げ会場に近い上、あまり混雑しない穴場になっています。

https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%AF%A0%E5%B4%8E%E3%83%9D%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/@35.7058464,139.9122258,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6018871f0f03c7df:0x50c5114796a85359!8m2!3d35.7058421!4d139.9144145


タワーホール船堀展望台




やや遠目にはなりますが、
最寄り駅の都営新宿線船堀駅も、花火大会開始時間前であればあまり混雑せず、
18時半くらいまでにタワーに上って場所取りすればOKです。


帰りは、花火大会終了時間までに駅に着けば、篠崎から乗ってくる人はまだそれほど多くないため、
混雑に巻き込まれずに帰れます。


ただし、食禁止、椅子持ち込み禁止です。


江戸川区花火大会の見どころは?


江戸川区花火大会の打ち上げ発数は約1万4000発で、
東京都内で人気の花火大会の一つである昭和記念公園花火大会の5000発と比べると、3倍近い数の花火が上がります。


開催時間は昭和記念公園花火大会が1時間10分、江戸川区花火大会が1時間15分、とほとんど変わりません。


オープニングの5秒1000発と、
ラストの金カムロシャワーは毎年定番の演出で、
「これを知ってしまうと、他の花火大会は物足りない」という人もいるほどです。





8つの異なるテーマのプログラムで構成されており、さまざまな演出の花火を見ることができます。



スポンサードリンク


江戸川区花火大会・帰りの混雑は?


江戸川区側だけで90万人の人が来る、東京都内で最大規模の花火大会ですので、
帰りの電車が不安な方は、20時ごろに会場付近を離れて駅に向かった方がよいようです。


花火大会終了から2時間くらいは、最寄り駅の篠崎駅は入場制限をしており、
23時くらいまで電車に乗れない可能性もある、とのこと。


見どころの一つである、ラストの金カムロシャワーを近くで見られないのは惜しいですが、


一番迫力があるのは、オープニング、


という意見もありますので。


江戸川区花火大会2016年の日程と穴場スポット・特別協賛者観覧席って? まとめ


2016年の江戸川区花火大会の開催は8月2日(土)を予定。
江戸川区側には一般向けの有料協賛席はありませんので、
無料観覧席を場所取りするか(ただし、前日17時までは場所取り不可)
周辺の穴場スポットを狙うことになります。


また、江戸川区・市川市合わせて140万人の人出がある花火大会ですので、
帰りの混雑はかなりのものがあります。
混雑を少しでも避けるのは、惜しくても20時には会場付近を離れ、
終了時間には駅に着いているのが無難です。


参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事
Categories