ホーム » 季節ごとの話題 » 夏越の祓とは?東京で受けられる神社、初穂料は?

夏越の祓とは?東京で受けられる神社、初穂料は?

読了までの目安時間:約 8分

6月に行われる「夏越の祓」
という行事。

関東ではあまり知られていない傾向もあるので、
(少なくとも私が子供のころは知りませんでした)

どんなことをする行事なのか、
東京で夏越の祓の神事を行っている神社はどこか、
などについてまとめてみました。


スポンサードリンク


夏越の祓とは?


夏越の祓とは、6月の晦日(みそか)
半年間に身に着いた穢れを払う行事です。


天武天皇の時代に、
宮中で行われる公式の行事として
6月晦日の夏越の祓と
12月大晦日の年越しの祓

が定められました。


旧歴では4月、5月、6月が夏で、


6月晦日は夏が終わる=夏を越すという意味で、
夏越の祓、と呼ばれました。


夏越の祓って何をするの?


「身に着いた穢れを払う」ために行うこととして、
夏越の祓に行うことは、


茅の輪くぐり

罪けがれを人形(ひとがた)に託して身体を清める



の2つです。


また、行事食として、水無月(みなづき)という、
ういろうと小豆で作ったお菓子をいただきます。


茅の輪くぐりと蘇民将来の伝承


夏越の祓に茅の輪くぐりを行うのは、
蘇民将来(そみんしょうらい)の伝承に由来しています。


武塔神(むとうのかみ)と名乗る神がある村で一夜の宿を求めたとき、
裕福な巨民将来は断り、貧しい蘇民将来は精一杯のもてなしをしました。

武塔神は立ち去る際に素盞鳴尊(すさのおのみこと)であることを明かし、
蘇民将来とその家族に、身を守るために茅の輪を腰につけておくように、と言い残して去りました。
その後村に疫病がはやったとき、蘇民将来の家族だけが助かった、ということです。


こうした由来があるため、素盞鳴尊をお祀りしている
京都の八坂神社は、夏越の祓の本拠地なのだそう。


茅の輪くぐりのくぐり方・正しい作法



1.茅の前に立って一礼します

2.左足から茅の輪をまたぎ、くぐったら左回りに回ります。
このとき、

「水無月(みなつき)の夏越(なご)しの祓(はらえ)する人はちとせの命のぶというなり」

と唱えます。


3.茅の輪の前に立って一礼します。


4.右足から茅の輪をまたぎ、右回りに回ります。
このとき、

「思うことみなつきねとて麻の葉を切りに切りても祓ひつるかな」

と唱えながら回ります。


5.茅の輪の前に立って一礼します。


6.もう一度、左足から茅の輪をまたぎ、くぐったら左回りに回ります。
このとき、

「蘇民将来 蘇民将来(そみんしょうらい そみんしょうらい)」

と唱えながら回ります。


以上のくぐり方と、唱える言葉は、
NHKBSの「京都人のひそかな楽しみ 夏篇」を参考にしましたが、
東京で、夏越の祓を行っている神社では、唱える言葉が違っていることがあります。




茅の輪を設置している神社では、
茅の輪の前に作法を説明する看板などがでるはずなので
そこに書かれているようにするのがよいですね。


そして、絶対にやっていはいけないのは、
茅の輪の「ちがや」を抜いて持って帰ることです。



茅の輪くぐりは「厄払い」のために行っていることなので、
その輪から抜いた草を持ち帰ると、他人の穢れを持ち帰ることになります。


人形で身を浄める


人形(ひとがた)=形代(かたしろ)に穢れを託して身を浄めるには、


夏越の祓を行っている神社の社務所などで人型をいただき、


人形に家族一人ずつの氏名・年齢を記入し、身体の左右左を撫で、息を三度吹きかけ、
社務所にお返しします。


郵送で行うことができる神社もあります。


和菓子・水無月


水無月は白いの外郎(ういろう)の生地に小豆のつぶ餡をのせてむしあげ、
三角形に切り分けた和菓子です。


三角の形は暑気を払う氷、小豆は悪霊除けの意味がある、と言われています。


最近は、店によって外郎が抹茶味のものなどもあります。



スポンサードリンク


夏越の祓、東京で行っている神社は?


夏越の祓に「茅の輪くぐりをして水無月をいただく」ことが、
普通に年中行事にとして生活の中に組み込まれている京都と比べると、
東京ではマイナーなように思っていた夏越の祓ですが、


芝大神宮、東京大神宮、神田明神のような大きな神社で行われています。
麻布十番の十番稲荷神社では、大きな茅の輪はありませんが、
人型、小さな茅の輪のお守りをいただくことはできました。


日にちは、東京の場合、新暦の6月30日とすることがほとんどです。

京都でも今は新暦の6月30日に行われていますね。


地方によっては、旧歴6月の最後の日、とすることもあるそうです。


「水無月」も仙太郎、たねやなど、関西から東京のデパ地下に出店している和菓子店では
4月ごろから売り始めますので、購入して食べることができます。


東京ではそれほど一般に広まっていない
行事であるためか、
6月30日に買っても、
端午の節句の柏餅ほどは混雑していませんでした。


夏越の祓の初穂料は?


人形でのお祓いをする場合、神社によって金額は異なりますが、


一家族2000円以上
1人500円以上



などの指定がある神社が多いようです。


また、茅の輪くぐり、祈祷、直会、という行事がある神社もありますが、その場合も
3000円など金額の指定がある場合と、
「志」ということで金額の指定がない場合があります。


2016年に、家族が夏越の大祓に参加した、
神田明神では、大祓初穂料は

1000円以上:大祓神札
3000円以上:大祓神札・茅の輪御守
5000円以上:大祓神札・茅の輪御守・神供


となっていました。「以上」というのですから、
たとえば、「2000円」で、ということも可能なのでしょうか?
(普通の方は、こう書かれていると1000円、3000円、5000円ちょうど
を出すとは思いますが)


また、実際に家族が神田明神「夏越大祓式」に
参加しましたので、その体験談をまとめました。


スポンサードリンク


 

関連記事
Categories