ホーム » スイーツ » マルセイバターケーキ感想・東京で売ることはある?お取り寄せは?

マルセイバターケーキ感想・東京で売ることはある?お取り寄せは?

読了までの目安時間:約 5分

マルセイバターサンドで有名な北海道の菓子店、
六花亭が2月に発売した新商品、マルセイバターケーキ。
3月の連休に札幌に行ったときに買ってきました。

気になるお味の感想と、どこで買えるのか、と記録しておきますね。

※販売情報については2016年3月現在のものです。


スポンサードリンク


マルセイバターケーキはどこで買えるの?


今回、マルセイバターケーキを買ったのは、
札幌大通駅近くの百貨店、丸井今井の中の六花亭のテナントです。


2016年現在、マルセイバターケーキを販売しているのは六花亭の直営店のみで、
新千歳空港のお土産物店など、六花亭商品を取り使っているだけのお店では販売していないそうです。


それを聞いて、一緒にいた友達もその場で買いました。


お値段は、1個130円(税込)で、
5個入り(箱入)で650円(税込)、
4個入り(透明のパック)で420円(税込)です。


マルセイバターケーキ4個パック
自宅用なら4個パックをいくつか買えばいいかも。箱の分軽くなりますし。

マルセイバターサンドは丸井今井店ではバラ売りがあるのですが、バターケーキはなかったような。
でも見逃していたのかもしれません。


マルセイバターケーキの原材料と日持ち


商品パッケージの裏の原材料名です。

マルセイバターケーキ 原材料
バター、卵、砂糖、小麦粉、水飴、アーモンド粉末、カカオマス、生クリーム、ココアバター、食塩、リキュール、乳加工品(生乳、砂糖)、バニラビーンズ、膨張剤、植物レシチン(大豆由来)


バターケーキ、というだけあって、バターが一番たくさん入っているんですね。


日持ちは、常温保存(25度以下)で10~11日あるので、手土産にも向いていると思います。


マルセイバターケーキの味の感想!


帰京してから、さっそく一ついただきました。


個包装を開けると、箱入りでない透明パックでも中のケーキがつぶれないように、樹脂製の型に入っていました。

マルセイバターケーキ

中央の焦げ茶色のラインはチョコレートソースが挟まっています。
スポンジにしみこんでいるのでクリームのようなテクスチャーはないです。


スポンジはバターの風味はしつこくない程度で、
リキュールの風味がけっこうしっかりと感じられ、
思っていたよりもふわっと軽く、しっとりしていました。


これは、おいしい!!ですね。


マルセイバターサンドも大好きなのですが、
バタークリームとレーズンが重く感じられるときもあるので、
今後はバターケーキが札幌土産マストになりそう。



スポンサードリンク


マルセイバターケーキは東京でも買えるの?


今のところ、新千歳空港ですら売っていないマルセイバターケーキですが、
丸井今井店の店員さんに確認したところ、


全国各地での催事出店でも、マルセイバターケーキは出していないそうです。
バターサンドは、うちの近所のAEONでもたまに売っていることがあるのですが・・・


しかし、六花亭公式オンラインショップには、当初なかったのですが、
3月22日に確認したところ取り扱いがありました。
11月~3月は常温便で送れる、ということです。


2017年9月追記

池袋の東武百貨店での「北海道展」で
マルセイバターケーキを買って久しぶりに買ったので、
調べたところ、


楽天市場でも取り扱いがありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

六花亭 マルセイバターケーキ 5個入【北海道お土産探検隊】
価格:670円(税込、送料別) (2017/9/20時点)




マルセイバターケーキ感想・東京で売ることはある?お取り寄せは? まとめ


マルセイバターケーキ、かなりレベル高いお味で、
日持ちもまあまああるし、
札幌に行く機会があったら2、3箱は買っちゃいますね。


どうしても我慢できなくなったら通販でお取り寄せするかも。


スポンサードリンク


 

関連記事
Categories