ホーム »  » 【体験】SHINJUKU BOXのコウペンちゃんカフェ(期間限定)に行きました

【体験】SHINJUKU BOXのコウペンちゃんカフェ(期間限定)に行きました

読了までの目安時間:約 7分

新宿サザンテラスで、2017年11月15日~2018年1月8日まで
開催されている、
「コウペンちゃんカフェ」に、席を予約していきました。


スポンサードリンク


座席の予約について


予約はこちらから行うことができます。
価格は650円(税込702円)で、
来店時に、特典のステッカーがもらえます。

私はコレでした(もらえる柄はランダム)。


ただ、今のところ、平日は結構空いていて、
当日席でも入れることが多いみたいです。



どんなものか分からなかったので、予約したけれど、
700円で予約するほどのことでもなかったかなーと(笑)。


ステッカーが付くので、
グッズを買わなくても、最低1つお土産ができるのがいいですけれどね♪


それから、席にこのコースターがありました。



場所


新宿サザンテラスは、JR新宿駅新南口(バスタのある方)が
一番近いです。





SHINJUKU BOXの場所は、サザンテラスのちょうど真ん中あたりで、
(住所としては代々木)、
かつて、クリスピー・クリーム・ドーナツがあって連日大勢の人が行列していたところ。



そういえば、CCDって店減りましたよねー


1Fは原画展とグッズの売店で、こちらはカフェを利用しなくても無料で
入れます。
(グッズは2Fカフェでも販売)


2階に上がると、
予約した人が待つスペースがあります。



今まで、似たようなコラボカフェの企画で、
神宮前のけものフレンズカフェと、
秋葉原のシャッツキステに行ったことがありますが、


どちらも、予約時間と名前を言えばOKだったので、
予約画面を出す、というのは初めてでした。



5分前くらいなら、席が空いていたら通してもらえるのかな(もちろん制限時間は80分で)
と思っていたら、ぴったり予約時間になるまで待ち、
その予約時間の人たちがいっせいに席に着く、というシステムでした。


まあ、その方が、制限時間の管理をそれぞれにしなくてもいいので、
運用は楽かもしれませんね。


待っている間に注文するメニューを決めて
それをスタッフさんに言うと、席番号札を渡されます。
追加オーダーはできないので、食べたいものは最初に
全部決めてしまいましょう。


また、1時間くらい滞在すると、
スタッフさんが席に会計にきます。
もちろん、その後も80分の制限時間までいることは
できます。


私は何も言わないでも領収書をもらえましたが、
隣の席では、「領収書が必要ですか?」と聞かれていました。



席は選べません。
せっかく空いているのだったら窓際が良かったんだけれどなー。


おひとり様席には、
向かいに、もちっとコウペンちゃんのぬいぐるみが座っています。
(この子、うちにもいます)


席には、ランダムなイラストの紙のマットが、
なぜか裏返しに置かれているので、
表に返してそのまま使う人も、


汚れないように丸めて持ち帰る人もいました。
(輪ゴムはもらえます)



料理


私は、
エビカニシーフードグラタン沢山待ててえらい!!
(野菜サラダ付 1931円 税込)を注文しました。


最初にサラダが出てきます。




今回のカフェのメニューは、カフェオープン前に
るるてあさんが、
「あなたとアデリー食堂シリーズ」で
描いていましたが、


そのストーリーの中のセリフがそのままです♪


えびせんみたいなものかと思ったら
バルサ材みたいな薄い板でした(食べられません)


このサラダはファミレスみたいなペラペラの野菜ではなく、
(月曜日にデニーズでランチについてきたサラダはお皿ごと凍っていた)


しっかりしたレタスと、
ブロッコリー、ミニトマト、紅くるり大根が入っていて
彩もいいし、食べ応えがありました。

ドレッシングは、どこかで食べたような
フレンチドレッシングの味(どこだろう?)


バジルの葉がそのまま入っているのは
好き嫌いがが分かれそう。私は好きです。


メインのグラタンはストウブみたいな小さな鋳物の鍋に入っているのですが、
蓋を触ってみて「冷たい?」



で、蓋を取って気が付いたのですが、
これ、オーブン焼きではない。
電子レンジ温めみたいなんですよ。


それはそれでいいのですが、
中が冷たかったので、スタッフさんに伝えると
すぐに新しいものを作ってくださいました。


が、改めて出てきたグラタンもぬるかったです。
もう、これはこういうものなんだ、と思ってそのまま食べましたが。


他にもグラタン注文していた人いたけれど、
どうだったのかなあ。


となりのお兄さんが食べていた
邪エナガさん特製 灼熱のチーズミネストローネ
もどう見ても熱々には見えなかったけれど。


トマト色のソースはトマト味ではなく、
海老のビスクのようなかなり強い甲殻類の出汁味です。


個人的には、
エビグラタンは普通のホワイトソースの方が好きかな。


味の好みはそれぞれですが(ぬるいのはやっぱりちょっと…ですが)
サラダとともに、ボリュームはしっかりありました。


次利用するとしたら、
うーん。。。ドリンクだけの注文はできないので、
パフェはチョコレートケーキかなあ。


でも、ブラックのコーヒーや紅茶が
ないので、
甘いものだけ食べるのもなかなかつらいんですけれどねー



スポンサードリンク


2階のカフェスペースで売っているものを見たり買ったりするのは、
席利用時間内のみだそうです。
まあ1階で同じものを売っていますけれどね。

壁にもたくさんのイラスト。


1F原画展の壁の画伯コウペンちゃん。



邪エガナさんは、巨匠。





スポンサードリンク


 

関連記事
Categories