ホーム » ダイエット » 知り合いのバターコーヒーダイエット体験と効果

知り合いのバターコーヒーダイエット体験と効果

読了までの目安時間:約 5分

身近な知り合いが、バターコーヒーダイエットをやっていて、


どんな風に実践しているのか、効果はどうか、など、


話を聞いたので、まとめておきますね。


スポンサードリンク



バターコーヒーダイエットをしている知り合いはこんな人です


バターコーヒーダイエットをしている、と話してくれたのは、


現在59才の男性で会社役員。


週末はゴルフと海のスポーツをしていますが、
平日ジムに行ったり、走ったりという運動はしていないそうです。


昨年、メタボリック症候群と言われて、カロリー制限するダイエットをしていたのですが、
デイヴィッド・アスプリー氏の本、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」を読み、


興味をもったそうです。




ですから、朝バターコーヒーを飲むだけではなく、


昼食は大量の野菜と質の良い肉
夕食は大量の野菜と質良い肉



をできるだけ守っているそうです。平日は。


週末は、特に気にしていない、ということでした。


そのうち、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」の内容は、


ほぼ、糖質制限食だ、ということに気が付き、
江部康二医師の講演にも行った、と言っていました。


バターコーヒーはどうやって作っているの?



バターコーヒーは、

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」の指示に従うと、

オーガニックコーヒー

グラスフェッドバター

MCTオイル


で作るのですが、オーガニックコーヒーはともかくとして、
グラスフェッドバターとMCTオイルは普通に店頭で買うのは難しい上に、
通販で買っても高い!


そこで、「材料どうしているんですか?」と尋ねると、


バターは、amazonでオーガニックでグラスフェッドのギーとMCTオイルを購入しているということでした。


あ、ギーでもいいんですね。
すましバターであるギーの方が、確かに良質なバターの脂質のみを純粋に使えますが、
高いんじゃ・・・


すると、なんと最近になって値段が倍になったのだそうです。


32オンスだ、と言っていたのでこれかな。




MCTオイル(中鎖脂肪酸)は日清オイリオからもでているんですね。




「コーヒーはオーガニックコーヒーですか?」と尋ねると、


「そこまではやっていない」と笑い、
会社に行くときに、コンビニで100円コーヒーを買って、それを使っているとのこと。


本には「カビ毒に侵されていないコーヒー豆」とありますが、
海外勤務も多かったその人によれば、


「日本の普通のコーヒーはそこまでひどくないからなんでもいいと思う」


とのことでした。


それで会社についてからバターコーヒーを作って飲んでいるそうですが、
湘南方面から都心に出てくるまでの長い通勤時間、ちょっと体が冷えたりカサカサしたりする感じが
バターコーヒーを飲むと、一気に体温が上がり、血が巡る感じがするそうです。


著者自身によるバターコーヒーの作り方指南の動画





スポンサードリンク


バターコーヒーダイエットの効果は?


体重は2ヵ月で4キロほど減ったそうです。


バターコーヒーを飲み始めるまでに、カロリー制限ダイエットでそれなりに痩せていたので、
びっくりするような痩せ方ではないけれど、と言っていました。


それでも週末は別に気にせずに糖質も食べている、というやり方で
それなりの効果が出るんですね。


知り合いのバターコーヒーダイエット体験と効果 まとめ


私の知り合いは、このダイエット法や糖質制限食の信奉者という感じでは全くなく、


おもしろいので自分の体で実験している、という印象を受けました。


例の、糖質制限食の作家桐山秀樹氏が亡くなった話にもなり、


彼は糖質制限食を始める前にかなり動脈硬化などがあったからね、


ということで、やはり、もともとそういう病気があった人は糖質制限で
動物性たんぱく質と脂質を多くとるのはどうなのかな、と言っていました。


それにしても、やっぱり、バターコーヒーダイエットってお金がかかるんですね^^;


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事
Categories