ホーム » 生活 » ゲーン・クアなの?ヤマモリ「タイカレー・パラダイス」

ゲーン・クアなの?ヤマモリ「タイカレー・パラダイス」

読了までの目安時間:約 5分


ヤマモリから日タイ修好130周年記念で発売された、
レトルトカレー「タイカレー・パラダイス」を食べてみました。


2017年5月8日からの発売だったそうですが、
6月に東急東横の成城石井でマッサマンカレーを買った時には
なかったような?


スポンサードリンク


パラダイス、というカレーがあるの?




商品名が「タイカレー・パラダイス」となってますが、


パラダイス、という料理が
タイにあるような気がしません(笑)。


もっとも、グリーンカレーもレッドカレーも
タイでは違う名前で呼ばれています。


商品パッケージの裏には、




「ゲーン・クア」と呼ばれる
タイ本場のフルーツカレーを再現しました。



と書かれていました。


ゲーンというのは
私たちがタイカレー、呼んでいる料理に使う
ペーストで


クアは炒める、という意味。


炒め煮にした、というくらいの意味のようです。


ヤマモリでは
レッドカレー(ゲーン・ペット。ゲーン・ペッと書いてあることも)の
ペーストにココナッツミルクとマンゴーピューレを入れた、
と書かれていましたが、


本来は、ゲーン・クアとゲーン・ペットは
違うもので、ゲーン・クアはコリアンダーなどのスパイスを使わず
生ハーブの香りが特徴だと言います。


ゲーン・クアのペーストは
トートマンプラー(さつま揚げのような魚のすり身の揚物)
にも入れますが、


日本ではゲーン・クアが市販のペーストでは
手に入りにくいので、
レッドカレーペーストで代用することが多いそうです。


具材も、
鶏肉とパイナップルというのが決まりなわけでもなく、


鶏肉と冬瓜とか、


海老とパイナップル

などがあります。


ちなみに、パイナップルはタイ語でサッパロット
と言います。


ただ、いろいろ調べてみても、
マンゴーのピューレをゲーンに入れるカレー
というのがそんなにポピュラーなのか、というと
そうでもないように思えます。


食べてみた


レトルト袋のまま、5分間熱湯で温めて
器に入れました(我が家、電子レンジがないので)。



真ん中に大きく映っているのは
コブミカンの葉ですが、


パッケージに「コブミカンの葉は刺激が強いので、
取り除いて食べるように」とありました。


辛さの表示は「2」で
レッドカレーの「3」よりは辛くない
ことになっていますが、そんな感じでした。


ただ、


マッサマンカレーと比べると
けっこう、塩味がしっかりあり
マンゴーやココナッツミルクの甘さよりも
しょっぱさの方が印象に残りました。



スポンサードリンク


まとめ


これ、もしかしたら、
タイ料理にすごく詳しい人からすると
つっこみどころ満載な商品なのかも
しれませんが、


自分はもともと
ヤマモリのレトルトタイカレーシリーズが
好きで、


これもおいしくいただきました。



これは、商品に同封されていたリーフレットの
ヤマモリの歴史なのですが、


タイで作っているなら
レッドカレーペーストではなう、
ゲーン・クアそのものにできないのかな?とは思います。


マンゴーピューレが入っていたり
具が鶏肉とパイナップル、という点については


本当にタイにそういうカレーがあるのかどうかは
分からないんですが、


この前、
麻布十番のサムロータイレストラン
行ったときは、


カオマンガイのタレが
今まで食べたことない酸っぱい味だったし、


パッタイも結構店によって味が違うし、
地方や店によって味付けの幅が広いものなのかも?
と思ったりもします。




あ、結局、
どうして「パラダイス」なのかは
分かっていない(笑)


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事
Categories