ホーム » 生活 » 2017年『神田明神夏越大祓式』の案内がきました

2017年『神田明神夏越大祓式』の案内がきました

読了までの目安時間:約 3分

2016年に、東京・神田明神の夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)
に参加した家族あてに、


今年の夏越大祓式の案内が届きました。


スポンサードリンク


2017年神田明神夏越大祓式の日程



夏越大祓式

6月30日(金)午前11時~、午後3時~斉行

大祓形代流却神事(屋形船)

7月1日(土)午後5時出船
※要予約(詳細は下の画像を見てください)



大祓式の形代


夏越大祓式では、
紙でできた形代に、
半年分の穢れを移して
身体を清めます。


白い人形(ひとがた)が男性用、
ピンクが女性用で1枚ずつ入っていました。

家族が何人もいたら、
男性、女性に分けて複数の名前と年齢を書きます。


そして、人形の左右中央をなでて、
息を三度吹きかけます。


ケガや病気などで気になるところがあったら、
その個所を念入りになでるとよいそう。


この人形は、神社に直接持っていくか、
郵送します。


郵送の場合、初穂料を郵便振替で神社にお送りします。


大祓初穂料

一千円 大祓神事


三千円 大祓神事・茅の輪


五千円以上 大祓神事・茅の輪・神供



スポンサードリンク



まとめ


大祓の神事に参加せずに、
個人的に茅の輪くぐりをお参りをして、


人形を神社にお納めしてくることもできます。


昨年参加した家族の話だとかなりの参加人数で
茅の輪くぐりにも時間がかかるため、


トータルで1時間くらいだった、
ということなので、


もし、当日がものすごく暑い日だったりしたら
日よけのための帽子や飲み物は必須です。

昨年の様子はこちら



スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事

まだデータがありません。

Categories