ホーム » スイーツ » GINZA SIX「くろぎ茶々」の常葉白緑の感想!

GINZA SIX「くろぎ茶々」の常葉白緑の感想!

読了までの目安時間:約 7分

2017年4月20日にオープンしたGINZA SIXの
中にある和食物販とイートインのお店「くろぎ茶々」で


常葉白練(ときはしろねり)


を購入しました。


テレビ東京の「アド街ック天国」でも取り上げていたので、
見た方も多いと多います。


スポンサードリンク



「くろぎ茶々」とは?


日本料理店「くろぎ」 オーナー兼料理長 黒木純氏と
京都のお茶の老舗福寿園がコラボレーションした、


和食物販専門店


です。


あ、物販がメインなんですね。
GINZA SIXの店のしつらえが割烹風なので、
和食レストランなのだと思っていました。


でもよく考えたら、地下2階の食品売り場にレストラン、というのもおかしいですね。
鯛茶漬けなどのイートインはできるそうです。


GINZA SIX
住所:東京都中央区銀座六丁目10番、11番
営業時間:物販・サービス10:30~20:30、飲食11:00~23:30


ですので、「くろぎ茶々」は10:30~20:30が通常の
営業時間です。


どれくらい混雑しているの?


オープン初日は、GINZA SIXに入ること自体が
行列でしたが、


ゴールデンウィークの最終日、5月7日の16時頃通りかかったときには
普通には入れました。


地下2階の食品売り場は込んでいる感じではありましたが、
身動きが取れないほどではありませんでした。


ただ、このときは常葉白練は売り切れだったので、


「平日午前中なら買えるだろう」と考え、


翌日、5月8日月曜日の開店時間に合わせて
行きました。


開店前は、GINZA SIXの2カ所の入口に数十名くらい人が
たまっていましたが、


開店すると、
「くろぎ茶々」に直行したのは私だけで
あっさり買えてしまいました。


常葉白練・実食


常葉白練は、白木の箱に入っています。
値段は2910円。



お菓子本体は紙の箱にはいってフィルムがかかって
いるのですが、それをさらに笹の葉で包んであります。



この木の箱には引き出しがついていて、
黒蜜と鶯きな粉が添えられています。




常葉白練は、


濃厚なレアチーズケーキに、
抹茶の葛かんを重ねた、


和洋折衷のお菓子です。




葛かん、というのは


葛と寒天を両方使って固めた和菓子です。


某口コミサイトで「抹茶の葛餅」と書いているコメントが
ありましたが、葛餅じゃないですよ。


葛だけでは葛ねりのようになり、


寒天だけではしゃきっというか、ぷりん、とした
食感になりますが、


葛と寒天を、ちょうどよい比率で使って
固めると、


まるでゼラチンを使ったお菓子のような
ふるん、
とした食感になります。


これは精進料理やベジタリアンのレシピで
よく使われている手法です。


最初、ナイフを入れたときに、
固い感じがしたので、
冷蔵庫に入れない方が良かったんだっけ?
(くず餅みたいに)


と一瞬考えましたが、要冷蔵です。
消費期限は翌日になっていますので、
手土産にも持っていきやすい。



固く感じたのは、チーズケーキ部分が濃厚で
みっしりしているためで、


抹茶の葛かんは
翌日まで冷蔵庫に入れておいても
柔らかかったです。


抹茶のムースのようなものを合わせた
チーズケーキって


よくありそうなのに、


ムースではなく、葛かんだからなのか、
不思議な感じ。


何もかけない状態と、
黒蜜、鶯きな粉をかけた状態で
食べました。



うーん、やっぱり、黒蜜と鶯きな粉をかけた方が、
細かい粒子のカリカリした食感と黒蜜の香ばしさが加わって
おいしいです。


そう、普通きな粉ってもはもはした食感ですが、
この鶯きな粉は、シャリシャリ、カリカリしているんです。


原材料は
砂糖、青大豆、抹茶、食養油脂、食塩、

なんですけれど、
砂糖がグラニュー糖の細かいのなのでしょうか?


かけなくても甘みは十分あるのですが、
なんとなく、葛かんとチーズケーキがなじんでいない感じがします。


飲み物は緑茶が合うと思います。


翌日はコーヒーも試してみたのですが、
チーズケーキが濃厚なので、
ミルクの後味が口に残っていて、


その後でコーヒーを飲むと味が混ざって
「コーヒーにクリームを入れて飲んだ」
みたいな後口になるのです。


それが好きな人はいいと思うのですが、


緑茶の方がいちど口がすっきりして
またおいしく食べられると思いました。


もう1種類、


「常葉 白小豆」3240円


は抹茶の葛かんと白小豆を重ねたもので、
やはり、白小豆の層はみっしりしているようですが、


こちらはもっと和菓子寄りですよね。


個人的にはやはり、
チーズとの組み合わせという和洋折衷が
おもしろいと思うのですよ。




予約、取り置きはできるの?


今のところ、


「常葉」の電話やネットなどでの取り置きは
やっていないようです。


店頭で購入して、
後で取りに来る、という意味での「取り置き」は
やっていました。(私の次に買った女性客がそうでした)


当日の営業時間中に取りにくればいいそうです。


お値段2910円は安くはないですが、
4等分して4人で食べるくらいがちょうどいい量だと
思います。


比較的値段が高いからか、
オープニングの混雑がひと段落した今では、


「開店前から並ばないと!」


というほどではありませんので、
試してみては。


スポンサードリンク


 

関連記事
Categories