ホーム » 生活 » 東武動物公園に並ばずに割引料金で入る方法!

東武動物公園に並ばずに割引料金で入る方法!

読了までの目安時間:約 9分

2017年のゴールデンウィークは、
「けものフレンズ」とのコラボ企画のため、
いつも以上の混雑をしている東武動物公園。


入場料のみで大人1人1700円の料金が安くなり、
かつ、


混雑していても、チケット売り場に並ばずに入れる方法をまとめました。



※ご紹介する方法でチケットを前もって入手しておくことで、
チケット売り場に並ぶ必要はなくなりますが、
特に来園者が多い日は、「入場ゲートに並ぶ」可能性はあります。
ご了承ください。




スポンサードリンク



東武動物公園の基本料金


東武動物公園には、大きく分けると


遊園地

動物園

プール



の3つの施設があり、
料金は、「どのサービスまで含まれるか」
によって異なります。

入園料(動物園、遊園地共通ですが、乗り物チケットは別途購入は含まれません)

大人:1,700円 子ども:700円 シニア:1,000円


ワンデーパス(入園料 + のりもの乗り放題)

大人:4,800円 子ども:3,700円 シニア:3,700円


プール(入園+プール入場)
大人:2,400円 子ども:1,100円 シニア:1,700円


ライドパス(乗り物乗り放題・入場券を持っている場合にプラスできる)

大人:3,300円 子ども:3,000円 シニア: 2,700円


メルマガ会員割引


東武動物公園のメールマガジンに登録すると
ログイン後表示されるマイページから
割引クーポンを表示させることができます。


また、メルマガに登録するのが面倒、という場合、
「いこーよ」という子連れお出かけ情報サイトでも
割引クーポンを表示させることができます。


http://iko-yo.net/facilities/201/coupon


しかし、


この方法では、クーポンを窓口に提示して
その場で料金を払わなければならないので、


混んでいたら並ぶことになってしまいます。


また、入園料+プール入場料の割引はありません。



コンビニで前売り券を買う


「遊園地の乗り物と動物園」

「プールと動物園」

という利用であれば、コンビニで前売り券を買うのがおすすめです。


ワンデーパス(入園料 + のりもの乗り放題)

大人:4,800円→4,600円 子ども:3,700円→3,600円


プール(入園+プール入場)
大人:2,400円→2,200円 子ども:1,100円→1,000円


※2017年ゴールデンウィーク期間中は、
入場券を前売りで買うことができます。ただし、料金は割引されません


販売期間:2017年4月15日(土)?5月7日(日)
有効期限:2017年4月15日(土)?5月14日(日)

大人(中学生以上)・・・1,700円
子ども(3才~小学生)・・・700円
シニア(60才以上)・・・1,000円


チケット売り場に並ぶ必要はありませんが、
ぜんぜん安くならないので
個人的におすすめではありません・・・


コンビニ前売り券の購入は、


1.インターネットであらかじめ申込みをしてコンビニで受け取る、
2.直接コンビニで(マルチコピー機やロッピーを使って購入する)
という方法があります。


詳しくは、こちらをご覧ください。

http://www.tobuzoo.com/info/chargeconveni.html



鉄道セット券を買う


電車でで東武動物公園駅に行く、という方法で行く人に
おすすめ。


鉄道セット券には、


東武鉄道の各駅からの往復乗車券、
東武動物公園駅からのバス往復乗車券
入場料
園内バス「アニ丸ぶーぶー」乗り放題



が含まれています。


例えば、北千住から東武伊勢崎線に乗って東武動物公園駅に行く場合、


鉄道セット券
大人:2,340円  子ども:1,080円


スーパープールきっぷ(2016年の場合)
大人:3,040円  子ども:1,480円
※プール利用可能期間のみ販売


【通常の鉄道セット券】

大人:2.340円(北千住駅利用)

北千住⇔東武動物公園 鉄道料金470円×2=940円

東武動物公園駅からのバス往復料金170円×2=340円

で交通費の合計は1,280円です。


セット券から交通費を引くと、
1,060円。


普通は割引でも1,500円かかるところ、
1,060円で入園できてしまいます。
さらに、園内バスも乗り放題です。


子ども:1,080円(北千住駅利用)

北千住⇔東武動物公園 鉄道料金240円×2=480円
東武動物公園駅からのバス往復料金90円×2=180円

で交通費の合計は640円です。

セット券から交通費を引くと、
440円。


割引でも600円のところ、440円で入園できます。



【スーパープールチケット】

大人:3,040円(北千住駅利用)

交通費の合計1,280円を引くと、
1,760円です。

コンビニ前売りのプール込みの料金は2,200円。


子ども:1,480円(北千住駅利用)

交通費の合計640円を引くと
840円です。


コンビニ前売りのプール込みの料金は1,000円。


もし、乗り物の乗り放題のライドパスを買い足したとしても
トータルでお得。
(ただし、ライドパスを買うために窓口に並ばないといけなく
なってしまいます)


3才以上就学未満の子どもは鉄道運賃は無料ですが、

幼児割引入園券500円
スーパープール幼児セット券900円
があります。


得すぎる!という感じの、
鉄道セット券ですが、


考えてみたら、


東武鉄道がやっているレジャー施設なのですから、
寺社の鉄道を利用してきてくれるお客さまには
割引しよう、と発想するのが当然ですね。


鉄道セット券、スーパープール切符は
東武鉄道の各駅(押上、動物動物公園、赤城、新藤原と、その他無人駅以外)
東武トップツアーズ各支店、浅草駅旅行センター
で販売しています。


年間パスポートを買う


年に何度も、家族で
遊園地と動物園セットで出かける、


夏はプールに何度も行く、


という人は年間パスポートを買う、
という方法があります。


年間パスポートには、


入園料、乗り物乗り放題、園内バス乗り放題、
プール入場料が含まれています。


料金は、基本が


大人(中学生以上)1名 22,000円
子ども(3才~小学生)1名 16,000円


ざっくりいって、
年に5回来れば元が取れる計算です。


さらに、
保護者1人+子ども1人のセット
保護者2人+子ども1人のセット


継続入会で10,000円引き、


などがありますので、


東武動物公園大好き!
春、秋、冬で2、3回、プールには3回来るよ!という人は
パスポートにしてもいいかもしれません。


スポンサードリンク


まとめ


自分は、初めての東武動物公園は、
動物園だけの利用で、平日だったので、


メルマガ割引1500円で入ったのですが、


後から鉄道セット券があることを知りました。


電車を使って行き、
遊園地の乗り物はそれほど利用しない
人には(バラの乗り物チケットは園内でも買えるので)


一番のおすすめは「鉄道セット券」「スーパープールきっぷ」です。


やっぱり乗り物にたくさん乗りたい!という場合は、
コンビニ前売りのワンデーパスポートが、割引と「窓口に並ばない」の両方の点から
良いので、


もしも、お子さんはたくさん乗り物に乗るけれど
親は乗らない、という場合などは
買い分けてもいいかもしれませんね。


参考にしてみてください!


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事

まだデータがありません。

Categories