ホーム » 生活 » 【実食】「冷え知らず」さんの生姜ココナッツカレースープ

【実食】「冷え知らず」さんの生姜ココナッツカレースープ

読了までの目安時間:約 4分

2017年2月20日新発売の永谷園
「冷え知らず」さんの生姜ココナッツカレースープ
食べてみました~!


スポンサードリンク


「冷え知らず」さんの生姜ココナッツカレースープ





【原材料】


原材料名は一番量が多いものから書かれていますので、
もっとも多く含まれているのはクリーミングパウダー。


これはクリームスープ系のインスタントスープに
よく入っているもので、
簡単に言えば、クリープみたいなものです。
(ただし、乳製品が主成分かどうかはものによって異なります)


タイ料理でお約束の魚醤(ナンプラー)も入っていますね。
そして、もちろん、生姜(塩漬生姜)が入っています。

【栄養】



カロリーは1食76kcalです。

糖質7.8gは、これだけ、と考えると
それほど多くないし、もしお麩を取り除いて
しまえばもっと減るはず。


やや気になるのが
ナトリウム量960㎎で、1日の摂取量が7gまで、
とすると、これ1食で約1gになっているので、
それなりの量だな、と思います。


まあ、市販のインスタントスープはどれも
わりと塩気強いですよね。


実食しました


中身は1袋に、具もスープも入っている
シンプルタイプ。


小麦ブラン入りのお麩が
メインの具材です。


袋の封を切っただけで


これこれ、タイ料理!


と思わせる香りがします。


これは「コブミカンの葉」の香り。






お湯を入れたばかりなので、
まだお麩が十分に膨らんでいませんが、
こんなビジュアルです。


口に入れると


まず、ココナッツミルクとコブミカンの香り、
そしてタイ料理の定番である、
酸っぱ辛い味がします。


酸味はレモン果汁のものですね。
辛味はハラペーニョ。タイ調理ならピッキーヌを使ってほしい
ところですが(笑)


ココナツカレースープの味としては
かなりそれらしいかんじです。


個人的には、
なんで、具が「お麩」なんだろう?
というのが気になります。


タイ料理なら、小麦粉のお麩ではなく、
米粉の麺とか、米の方が合うと思うんです。
ご飯にかけて食べたくなりましたもん。


あるいは低糖質を追及して
鶏肉にするとか。


お麩は小麦タンパク=グルテンそのものですから
最近はやりのグルテンフリーの真反対だし、
何を訴求したくてお麩にしたんだろう?


あと、これいいですね。
スープ用糸寒天。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スープ用 糸寒天 15g[かんてんぱぱ 糸寒天]
価格:270円(税込、送料別) (2017/3/14時点)




好みのスープに入れるだけで食べられて、
寒天ですからカロリーゼロで、水溶性食物繊維が豊富。


お麩出して、これを入れてもいいかも。



1食税込み173円のスープにそこまでするか?ですが、
それだけスープはおいしかったんですよ。



スポンサードリンク



【実食】「冷え知らず」さんの生姜ココナッツカレースープ まとめ


「冷え知らず」さんシリーズはレギュラーが

たまご春雨スープ

とん汁

参鶏湯

の3つで、
2017年春夏シーズンの期間限定販売商品が
ココナッツカレースープなのだそう。


ココナッツカレースープ、私は個人的に
具がお麩、というのがやや残念でしたが、
ココナッツカレースープの味の完成度は高いと
思います。



スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事

まだデータがありません。

Categories