ホーム » 生活 » 551蓬莱 » 大阪土産はやっぱりこれ!伊丹空港(大阪国際空港)551蓬莱で豚まん・焼き餃子・お弁当を購入

大阪土産はやっぱりこれ!伊丹空港(大阪国際空港)551蓬莱で豚まん・焼き餃子・お弁当を購入

読了までの目安時間:約 5分

伊丹空港(大阪高裁空港)の
551蓬莱で、豚まん、焼き餃子をおみやげに、
昼食にお弁当を買いました。


スポンサードリンク


551蓬莱伊丹空港店の場所


伊丹空港は北ターミナル(JAL)、南ターミナル(ANA)
がありますが、551蓬莱は、
北、南両方にあります。



飲茶カフェ(レストラン)があるのは南です。


私は今回は、ANA利用だったので、
南ターミナルの店で買い物しました。


混雑具合


飛行機の出発時刻があるので、
混み具合が心配だったのですが、


金曜日の13時ごろで、5人待ちくらいで
購入できました。


写真は、前日の10時半ごろ、
到着した時のお店の様子。
午前中はさすがにすいています。


伊丹はチルドの豚まんがあります


飛行機や新幹線などで
長距離を持ち帰るには、


熱々の豚まんよりも、
チルドタイプの方が便利ですよね。


伊丹空港の551蓬莱には
チルドタイプと、蒸したてのすぐに食べられるもの
両方があります。


今回は、東京までの持ち帰りだったので、
チルドタイプの4個入りにしました。




保冷材は3時間分付けてくれます。


他に、焼きシュウマイにもチルドがありました。


551蓬莱の焼き餃子


豚まんの他、
焼き餃子10個入り300円も購入しました。





焼き餃子は、焼いていないチルドはなく、
焼いた温かいものを箱に入れてくれます。


家では、箱の裏に書いてある焼き方を見て
焼き直して食べました。



付属の特製タレは、
ラー油と酢がもともと入っていて、、


カリッと焼き直した餃子の味によく合いました。


551蓬莱の豚まんはニオイが強く、
新幹線などで食べるのは迷惑か?という議論もありますが、
実はニンニクは入っていません。


焼き餃子はニンニクもニラも入っているので、
温かい状態のものは、箱入りでも
それなりにニオイはしました。


なので、飛行機の中では荷物入れには入れず
(他の人の荷物にニオイがついたら申し訳ないですから)
座席の足元に置いておきました。


551蓬莱のお弁当


写真撮る前に食べてしまったので、写真が無いのですが・・・


伊丹空港の551蓬莱では、
お弁当も売っていて
私は「エビチリ弁当」780円を買いました。


ほとんどのお弁当が780円で、


天津飯とおかず、のような、ボリュームが多いものは
880円でした。


ただし、お弁当は、作り置きではなく、
温かい料理を作ってそれを詰めるので


10分弱待ちます。
ですから、飛行機の時間に注意してください。



私の後でお弁当を買った、
パイロットらしい人は、
(パイロットって、フライト中の食事は出るんですよね?
乗務前に食べるお弁当だったのかな)


「一番早くできるもの」と尋ねていました。


「551蓬莱弁当」は、
豚まんやシュウマイなど天津の詰めあわせなので、
早くできるそうです。


エビチリ弁当は、


エビチリ(下にキャベツの千切り)
シュウマイ1個
肉団子2個
白米ご飯



という内容。


エビチリの衣が厚過ぎですが、
味はおいしかったです。



スポンサードリンク



大阪土産はやっぱりこれ!伊丹空港(大阪国際空港)551蓬莱で豚まん・焼き餃子・お弁当を購入 まとめ



南ターミナルの店は、
飲茶カフェ、持ち帰り総菜とお弁当の調理と販売があり、


お昼時などは修羅場!という感じなのですが、


レジの女性たちも、カフェの案内の男性も
てきぱきしていて笑顔ですし、


ガラスの向こうで豚まんを包んでいる女性も
時々、並んでいるお客さんに包みあがりを見せてくれたり、


ここの従業員のみなさんは
きっと551蓬莱の豚まんや惣菜が好きなんだと思います。


東京のデパート催事では30分以上行列が当然なので
やっぱり大阪、京都に来たら買って帰りたいですよね。






スポンサードリンク


 

関連記事
Categories