ホーム » レシピ » 水島弘史さんの低温調理で作る餃子レシピ「サタデープラス」

水島弘史さんの低温調理で作る餃子レシピ「サタデープラス」

読了までの目安時間:約 4分

2017年2月4日放送
「サタデープラス」マネープラスのコーナーで、
元宝塚男役トップの紫吹淳さんが、
低温調理法の水島弘史さんから、教えてもらった、


「水島流・餃子」の作り方をメモ書きしておきます。



スポンサードリンク



水島流・餃子の作り方


【材料】

20個分

※番組では10個分の材料が
紹介されていましたが、


家族がいたら餃子10個で済む、ということは
ないですよね。
市販の餃子の皮って20枚くらい入っていますし。


もし一人暮らしなどで10個で作りたい人は半量にしてください。


  • 餃子の皮 20枚

  • 豚ひき肉 160g

  • 白菜 140g

  • ニラ 20g

  • 生姜 8g

  • ニンニク 4g

  • 胡麻油 小さじ2

  • 塩 2g

  • 醤油 小さじ2

  • 砂糖 3.2g

  • サラダ油 20㏄

  • 胡椒 適量

  • 蒸し水 45~60㏄



【作り方】

1.白菜とニラをみじん切りに
にんにくと生姜をすりおろします。


2.ボウルに豚ひき肉、塩を入れて
すりこ木でついて練ります。
ひき肉の粒がなくなるくらいまで、
なので結構しっかりです。


3.2にボウルに1を入れて胡麻油、醤油、砂糖、胡椒
を入れてゴムベラで混ぜます。
(できるだけ手で直接触らない)。


4.スプーンで皮に3の餡を乗せて包みます。


5.ノンスティック加工のフライパンに、
水大さじ3とサラダ油を入れて
円形に餃子を並べます。


6.蓋をして弱火にかけて10分焼きます。


7.皮に透明感が出て火が通っていたら
蓋を取り、強火にして水分を飛ばし
皮に焼き色を付けます(1分~1分30秒くらい)


8.逆さにした皿をフライパンにかぶせ
ひっくり返して餃子を取りだします。


作り方のポイント


餡を作るときにできるだけ温度を上げないように
すりこ木を使います。
手を使うのは最後に皮に包んで成型する時だけ。


これは水島流ハンバーグの作り方でも同じです。


刻んだ白菜は塩をして絞ったり
茹でて絞ったりせず、そのまま使います。


フライパンに水と油を両方入れて弱火で蒸し焼きにします。
必要な水の量は餃子の皮の厚さによって違い、
もし10分経って蓋をとって、皮に火が通っていなかったら、
少量の水を足して再び蒸し焼きにします。



スポンサードリンク


フライパンはこれがおすすめです。
とにかく軽い。





ガス火専用はちょっとやすいです。
同じシリーズでIH可のフライパンもあります。





スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事
Categories