ホーム » 生活 » マクドナルドのコーヒーリニューアル・1月16日~1月20日朝1杯無料

マクドナルドのコーヒーリニューアル・1月16日~1月20日朝1杯無料

読了までの目安時間:約 5分

マクドナルドで出るコーヒーが
リニューアル。
その記念プロモーションとして、1月16日~20日に
1杯無料のキャンペーンを行っています。


スポンサードリンク





他の商品を注文しなくてもOK


家人が中野セントラクパークのマック(関西ではマクドですね)に行って
「1杯無料だよ」と写真を送ってきました。


マック コーヒーリニューアル

カップデザインもホワイトベースに変わっています。


他のものを注文した様子に見えないので、
「無料のコーヒーだけでいいの?」と返したら、


他の商品をオーダーしなくても
無料のコーヒーだけでいいそうです



混雑は・・・?


こ、これは、とんでもなく混むことのなるのでは・・・
と思いましたが、


8時半くらいに店内でタブレットで仕事しているくらいだから、
そうでもなかったのかしら。


テレビ局も取材に来ていると、言っています。


時間限定です!


ただし、コーヒー1杯無料は1日中でなく


1月16日~20日の
朝7時~10時に限られます。



うちの最寄りマックはショッピングモールのフードコート内ですが、
営業時間は朝10時~なので、
そういう店ではサービス自体がない。


ビジネスマンの利用を増やすのが目的なのでしょう。


ところでどんなリニューアルをしたの?


そこまで大々的なキャンペーンをする今回のリニューアルは
どんな内容なのか、というと、


1.コーヒー豆のブレンドが変わった

今までの3種類の豆に、エチオピア産モカをプラス。


2.豆の品質

ブレンドされている4種類のコーヒー豆は、
ブラジル、コロンビア、グァテマラ、エチオピアのアラビカ種で、
コーヒー鑑定士が厳選。


3.焙煎

4種類の豆それぞれに適した焙煎にこだわる


4.淹れ方

マックのコーヒーはマシンで入れていますが、
蒸らしの工程、温度、時間などにこだわり、ハンドドリップのような
淹れ方になっているそうです。


アフターミックスとプレミックス

豆を種別に焙煎してかららブレンドするのがアフターミックス、
ブレンドした生豆をまとめて焙煎するのがプレミックス。


単純に言うと、アフターミックスは豆それぞれの個性に合わせた
焙煎ができる、


プレミックスは手間がかからない、


というメリットがありますが、


どんな場合でもアフターミックスの方が優れているのか、
というと、必ずしもそうではないようです。


また、個人の店などで
ブレンド中である1種類の豆の比率がとても少ない場合、
その豆を単独で焙煎するのがムダだったりもします。


マックのような大企業でスケールメリットがある唐こそ
とれる方法なのかもしれませんね。


マクドナルドのコーヒーリニューアル・1月16日~1月20日朝1杯無料 まとめ


個人的には、酸味のある味苦手なので、
モカがプラスされた、というのがどういう感じなのかなあ・・・
と思います。飲んでみないとね。


混雑はお店によると思いますが
列が長かったり、商品が出るまでに時間がかかっても
スタッフさんや他のお客さんの迷惑にならないように
したいですね。


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事

まだデータがありません。

Categories