ホーム » 生活 » 吹きだし文字のアスキーアートを作れる「突然の死」ジェネレーターが便利

吹きだし文字のアスキーアートを作れる「突然の死」ジェネレーターが便利

読了までの目安時間:約 3分

Twitterで時々目にする




みたいな、


吹きだし文字を簡単に作る方法があります。


スポンサードリンク



突然の死ジェネレーター


「突然の死ジェネレーター」

http://starwing.net/suddenly_death.html



こちらのURLにアクセスすると

totuzen1

こんな画面になりますので、


ツイートしたい文言を入れて


generate


をクリックすると、吹きだし文字が生成されます。


totuzen2

これをツイートすればOK。


便利なのは、
入力した言葉の長さによって
吹きだしの長さを自動的に調整してくれることです。

totuzen3
totuzen4

PC版で見るとなんだかズレていますが、

突然の死 ジェネレーター

スマホで見るときれいにできていました。


ところでなんで「突然の死」なの?


「突然の死」はアスキーアートの一種で、
2012年ごろtwitterではやり始めたそうです。


なにか、任意の文章またはAAの後に

_人人 人人_
> 突然の死 <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄

と入れる、というもの。


特に意味はないように思えますが、
一種のギャグなんですかね。。。?


そのころは、twitter公式が改行に対応していなくて、
改行した状態でツイートが見られない環境の人にとっては、


_人人 人人_ >突然の死<  ̄Y^Y^Y^Y ̄


のようにしか見えませんでした。


2013年3月に、twitter公式が改行に対応して
定番のAAとなります。


が、


私が知ったときには、もう「突然の死」という使われ方ではなく、



冒頭に例に挙げたツイートのように


非常に驚いたなことを強調する、
という意味合いで使われていました。



スポンサードリンク


吹きだし文字のアスキーアートを作れる「突然の死」ジェネレーターが便利 まとめ


shimejiで「きょうちょう」と入力して変換すると


_人人 人人_ > <  ̄Y^Y^Y^Y ̄


と出てくるので、改行して吹き出しとして使えるのですが、
「突然の死」ジェネレーターは、


言葉の長さに合わせて、吹き出しを調整してくれるのが
とても便利です。


スポンサードリンク


 

関連記事
Categories