ホーム » ダイエット » 柳澤英子さん作り置きダイエット「キンスマスペシャル」・やり方と効果

柳澤英子さん作り置きダイエット「キンスマスペシャル」・やり方と効果

読了までの目安時間:約 6分

2016年11月11日放送「キンスマスペシャル」では、


「やせるおかず作りおき」の著者、柳岡英子さんの
作りおきおかずを食べるダイエット法が


食べるだけで痩せる新ダイエットとして紹介されました。


スポンサードリンク


柳澤英子さんの作りおきダイエット



この企画に挑戦したのは、

タレントの伊藤かずえ(49才)さんと、
紫吹淳さんのマネージャー「ばあや」こと菅由美子さん(56才)
で、期間は100日間です。


番組では
100日分のおかず全部を紹介することはできず、
スタジオのパネルに写真だけ出てきて、
作り方が紹介されない料理も多かったのですが、


今回は、番組のために新作を作った、
ということはなさそうで、
これまで柳澤英子さんの本に載っているものだと思われます。







今回、番組で紹介された料理には、
レンジだけで作れるもの、
フライパンを使うもの、
加熱しないもの、


の3種類がありました。


具体的なレシピは、別に


電子レンジ・非加熱の記事


フライパン使用の記事



に分けてご紹介します。


作りおきおかずダイエットのやり方


番組で、
伊藤かずえさんとばあやが挑戦したダイエットの
ルールは、



1週間分、14種類のおかずをまとめて作りおきする。
(柳澤さん自身で14種類1時間半くらいだそうです)


1週間、作りおきおかずの中から毎食好きなもの
毎食2種類程度選んで食べる=毎食料理しなくてよい


痩せるペースがゆっくりでも良い人は小さな茶碗一杯くらいのご飯を食べても良い


お酒は糖質が少ない焼酎などをウーロン茶割にするなど
甘み(糖質)を足さない飲み方なら良い


体が痩せるペースになるまで2週間程度かかるので1週間くらいで痩せない、と焦らない


といったものでした。


「冷めてもおいしいものが多いので、そのままお弁当にも
持っていかれる」


と番組ではコメントがありましたが、
作った翌日~翌々日くらいならいいと思うのですが、
1週間目のものを、冷蔵庫から出して、すぐに食べるか、
再加熱して食べるのはいいとして、


お弁当に持っていくのは個人的には、
抵抗があるかなあ。


作りおきダイエットのポイントは

糖質を控える

カロリーや脂質についてはあまり皮下用としなくてよい

食物繊維は水溶性・非水溶性をバランスよくとる

野菜・汁物→肉・魚→ごはん・パンの順序で食べる

よく噛んで食べる(そのために野菜は歯ごたえを残して仕上げる)


おかずの糖質はカットしますが、
ある程度のカロリーや脂肪分はOKで、
レシピではマヨネーズ、生クリーム、チーズをたっぷり使い、
豚バラなどもOKです。


そのため、満足感があり、
女性はチーズやクリーム味が好きなので、
その点でも我慢している感じが無く続けられるのだそうです。


スポンサードリンク


作りおきおかずダイエットの効果は?


100日間ダイエットに取り組んだ伊藤さんと
菅さんの結果ですが、


伊藤かずえさんは

体重65.5キロ→55.7、ウエスト83.4→69.5cm


管由美子さんは

重88.8キロ→79.5キロ、ウエスト114.9cm→94cm


途中から、伊藤かずえさんに強引に(笑)参加させられた
青木ディレクター(男性)は

91.5キロ→74.9キロ、ウエスト111cm→91cm


という結果で、3人ともダイエットに成功しました。


また、伊藤さんは、ダイエットが進むにつれて
お酒に酔いにくくなった、


菅さんは動脈硬化予備軍だった血管の状態が良くなった、
という、健康効果も出ていました。


菅さん(ばあや)は、これまでにも
いろいろなバラエティ番組でダイエットに
挑戦しており、いつもそれなりに効果はあるのですが、


こうしてまた出演されている、ということは
リバウンドもしている、ということですよね・・・


でも、今回が、一番、ダイエット後の顔色もよく
すっきりしていたように見えます。


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

ホーム

人気の記事
Categories